そーせい2018年10月以降株価上昇・下落の可能性。2日連続のストップ安で年初来安値更新。

そーせいグループの株価は2日連続のストップ安となり、年初来安値を更新しています。

2018年9月21日以降も売りが継続する可能性が高く、ここから新規で売買するのはリスクが大きいです。

まずはどこで下げ止まるのかを確認してから、トレードを検討するのが良いと思います。

ここではそーせいグループの株価についてみていきたいと思います。

⇒【TATERU2日連続ストップ安、どこまで下落?

そうせいグループの株価の値動き 

そーせいグループの9月20日の株価は前日比▲300円(▲21.1%)の1,124円とストップ安で取引を終了しました。前日に続いて2営業日連続でのストップ安です。

以下はそーせいグループの日足チャートです。

2018年のそーせいグループの株価は、1月25日に年初来高値となる3,195円を付けたものの、その後は下降トレンドを形成し8月16日には1,185円の年初来安値を付けました。

その後はやや持ち直していたものの、8月18日の取引終了後に認知症向け治療薬の開発中止が発表されると、2日連続のストップ安で年初来安値を更新しています。

テクニカルには8月16日安値から株価は上昇し、25日移動平均線(緑色)と75日移動平均線(水色)もゴールデンクロスを完成してここからの上昇が期待されていた状況ですが、今回の急落で再び下降トレンドに入っていく可能性が高いそうです。

2日連続のストップ安で明日以降もどういう値動きになるかを予想するのは難しいため、このような局面で売買するのは避け、まずは下値を形成するのを確認するのが良いでしょう。

⇒【日経平均株価23,000円へ、年初来高値更新は?

創成グループ週足チャートでの安値目途 

日足レベルでは安値の目途となる価格が見当たらないため、どこまで下げるのかわからない状況です。

週足チャートを見てみると、2015年9月25日に付けた安値887.5円が次のターゲットとなりそうです。

そこを下抜けすると2015年3月20日に付けた安値712.8円が視野に入ってきます。

まだこれらの価格までは多少距離はありますが、3日目以降もストップ安が継続されるようだと、一気に安値を更新していく可能性もあるので、注意が必要です。

⇒【移動平均線の詳細を解説

そーせいグループ2019年3月期決算見通し 

そーせいグループの2019年3月期決算見通しは、売上高が前期比▲63.2%の69億円、経常利益が▲37億円、当期純損失が▲26億円と厳しい状況となっています。

今回の治療薬開発中止の影響がどの程度あるかは不明ですが、決算はさらに下方修正される可能性もあるため、注意が必要です。

⇒【決算発表の重要性、株価への影響とは?

まとめ 

そうせいグループは2日連続ストップ安で年初来安値更新と、株価はどこまで下落するかわからない状況です。

3日以降も大幅下落となる可能性はありますので、まずはトレードせずにどこで下げ止まるかを確認した方が良いでしょう。

もし株を買っている場合は、どこまで下げ続けるのか読めないため、一旦損切りして様子を見ることをおすすめします。

<こんな記事も読まれています>

⇒【TATERU2日連続ストップ安、どこまで下落?
⇒【TATERU3日連続ストップ安で制限値幅拡大
⇒【AIの影響で株は儲からなくなるのか?
⇒【株で安定的に利益をあげる方法
⇒【日経新聞を無料で読む方法
⇒【株価が上がる銘柄の探し方
⇒【株式投資がうまくいかない時は・・・
⇒【株式投資に運は必要か
⇒【売り時の判断方法やタイミング
⇒【株式投資で稼ぐのは簡単?

関連記事

  1. シェアハウス不正融資問題でスルガ銀行を刑事告発へ。その内容詳細とは?行員が書類改ざんに関与、有印私文…

  2. トランプ大統領、決算発表を四半期から半期へ変更提案。株式相場への影響やメリット・デメリットとは?米証…

  3. ブランデス・インベストメント、大塚家具株式を全て売却へ。財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出…

  4. 東海カーボン業績上方修正で株価は大幅上昇。上場来高値2,016円更新に向けての上昇となるか。

  5. 「ハウステンボス」東証上場の時期や目的は?親会社HIS、中国企業の出資受け入れは中止。

  6. ぐるなび2018年8月以降株価上昇の可能性は?楽天との資本業務提携、2019年3月期決算発表でストッ…

  7. 田淵電機2019年1月以降株価上昇・下落の可能性。時価総額審査終了で上場維持決定。

  8. スシロー、新業態「杉玉」「スシローコノミ」への期待感から株価は上場来高値更新。その詳細や業績への影響…

  9. 東芝、債務超過解消で上場維持へ。2018年3月期決算は8,040億円で4期ぶり黒字。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP