ブランデス・インベストメント、大塚家具株式を全て売却へ。財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出。株価への影響と今後の見通しは?

アメリカの投資ファンドであるブランデス・インベストメントが、保有する大塚家具の株式を全て売却したことがわかりました。

上場企業の株式を5%以上保有し、保有割合が1%以上増減した場合には、変更報告書を財務省に提出することが義務付けられている。

ここではブランデス・インベストメント、大塚家具全株式売却についてみていきたいと思います。

⇒【ニトリ小樽で高級旅館「銀鱗荘」取得。株価への影響は?

ブランデス・インベストメント、変更報告書で大塚家具全株式売却が明かに。 

ブランデス・インベストメントは2018年8月20、財務省に大塚家具株式についての変更報告書を提出しました。

変更報告書によれば、6.41%保有していた大塚株株式の全てを、8月15日までに売却したことが明かになりました。

大塚家具は経営難に苦しんでおり、3期連続の赤字となり見通しとなっています。

自力での再建は難しく、スポンサー企業を探している状況ですが、交渉は難航しており進展が見られません。

この状況に嫌気がさしたブランデス・インベストメントは全株売却に踏み切ったと思われます。

⇒【IPO(新規公開株)の詳細を解説

ブランデス・インベストメントの保有割合・株式数は?出来高からみる売却のタイミングは? 

大塚家具の発行済み株式数は19.4百万株で、ブランデス・インベストメントは売却前には1,243,540株保有していました。

義務発生日の8月15日の大塚家具の出来高は685,800株であり、1日にではなく数日間にわたって売却をしていた可能性があります。

8月14日の出来高は473,800株、8月13日の出来高は765,100株で、8月13日~15日の出来高合計は1,924,700株とブランデス・インベストメントの保有株式数の合計を上回ります。

全てを市場で売却せず、一部は市場外の相対取引で売却をした可能性もありますが、この局面で大塚家具株式を大量に買付する投資家がいるのかは疑問が残ります。

⇒【株式持ち合い解消について解説

大塚家具株価上昇・下落の可能性は?ブランデス・インベストメント全株売却の影響は? 

ブランデス・インベストメントの株式売却が明かになった8月20日の大塚家具の株価は、前日比▲23円(▲5.6%)の385円と大きく下落して取引を終了しています。以下は大塚家具の日足チャートです。

スポンサー探しの進展が見られない大塚家具の株価は、安値圏での推移となっており、7月9日の年初来安値340円も視野に入ってきている状況です。

テクニカルには、株価は25日移動平均線(緑色)付近での推移となっており、この水準で反発できるかがポイントとなります。

25日移動平均線を下抜けするようだと、年初来安値更新が現実味を帯びてきます。

ブランデス・インベストメントの全株売却もネガティブに捉えられ、今後は年初来安値更新に向けて下落していく可能性が高そうです。

⇒【2017年テンバガー達成銘柄ランキング

ブランデス・インベストメント、大塚家具株式を全て売却まとめ 

ブランデス・インベストメントの全株売却によって、大塚家具は主要株主の1社を失うことになり、今後の経営再建に向けて厳しい状況です。

株価は年初来安値更新が視野に入っており、下落を警戒する展開が続きます。

<こんな記事も読まれています>

⇒【「匠大塚」が大塚家具を支援する可能性は?株価への影響は?
⇒【大塚家具株価上昇の可能性は?身売り・スポンサー探しの影響は?
⇒【ジャストプランニング、インサイダー取引や仕手株の可能性は?
⇒【ガイア粉飾決算を内部告発する怪文書がマスコミへ
⇒【京都銀行不祥事、株価への影響は?
⇒【時価総額を解説。日本・世界のランキングは?
⇒【損益計算書の見方を解説
⇒【貸借対照表の見方を解説
⇒【キャッシュフロー計算書の見方を解説
⇒【ドルコスト平均法を解説
⇒【従業員持株会の詳細を解説
⇒【NISAの詳細を解説

関連記事

  1. 【ケフィア】干し柿・ヨーグルトのオーナー制度で出資金集めるも債務不履行へ。未払い金は340億円規模?…

  2. KDDI(au)、ネットフリックスと提携へ。その内容詳細や開始時期は?業績や株価への影響は?

  3. 伊藤園2018年7月以降株価上昇の可能性は?トマトジュース製法特許でカゴメに敗訴。特許庁の判断は?「…

  4. ソーシャルレンディングのリスク・危険性。最大手「maneo(マネオ)」に損害賠償請求。

  5. イオン・フジ2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?四国のスーパーと資本業務提携の影響は?

  6. 伊藤忠2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?CITIC減損、ファミマ再評価益の影響。

  7. カゴメ、具だくさんピザソースなど6商品自主回収へ。その原因など詳細、被害額とは?株価や業績への影響と…

  8. パチンコ業界2020年「東京オリンピック」前後に倒産急増か?ギャンブル依存症対策の「出玉規制」の影響…

  9. 川金HD2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?免震・耐震装置で検査データ改ざんの影響は?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP