メリマンサイクル理論の詳細をわかりやすく解説。平均22週のプライマリーサイクルが日経平均株価で再現可能。

中長期の長い期間で株価チャートをみていると、株価の高値と安値には一定の周期が見られることがあります。

このような周期を発見することができれば、有利に投資を行っていける可能性が高くなります。

レイモンド A. メリマン氏は一定の周期があることを発見し、「相場サイクルの基本 メリマンサイクル論」にその内容をまとめています。

ここではメリマンサイクル論についてみていきたいと思います。

⇒【始値、終値、高値、安値を説明

メリマンサイクル論とは? 

メリマンサイクル論とは、相場の価格変動には一定のサイクルがあるというもので、平均18週で形成される安値から安値をプライマリーサイクル呼びます。

商品や相場環境によって厳密に18週となるわけではなく、±1/6のオーブ(許容範囲)があり、その許容範囲に80%の確立で収まるとしています。

したがってメリマンサイクル論では18週平均のサイクルがある商品は、18週±1/6=15週から21週の間に安値から次の安値が80%の確立で来るということになります。

また、メリマンサイクルではプライマリーサイクルには、3つ程度のメジャーサイクルという小さいサイクルがあることも指摘しています。

⇒【松下誠の株プログラム入会はおすすめか?

プライマリーサイクルを日経平均株価でみてみよう。 

それでは日経平均株価のプライマリーサイクルをみてみましょう。

以下は日経平均株価の週足チャートです。

まずこのチャートの中で最安値を探すと、2016年2月12日に14,865円があります。

これを起点に次の安値を探していくと、赤矢印で記載した通り、6個のプライマリーサイクルを発見しました。

6個のプライマリーサイクルの平均は約21.7週であり、オーブを含めると18~25週で、6つのプライマリーサイクルのうち、5つがその範囲内に収まっています。

これはすごい確率ではないでしょうか?

プライマリーサイクルを意識してトレードすれば、利益の確立は上げていけそうです。

⇒【日経平均株価の詳細を解説

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

まとめ 

メリマンサイクル理論はトレンドが発生している相場であれば、再現性が高い理論だと思います。

日経平均株価の例では6つのプライマリーサイクルしか見ませんでしたが、更に過去にさかのぼって検証することで、より精度の高い想定ができるようになります。

またプライマリーサイクルの中には平均6週程度のメジャーサイクルもありますので、これらのサイクルをうまく使うことで、トレードで利益の確立を上げることができるでしょう。

是非気になる銘柄があれば検証をして、実践してみると良いと思います。

<よく読まれています>

⇒【松下誠の株プログラム入会はおすすめか?
⇒【順張りについて解説
⇒【初心者・サラリーマンにおすすめの投資法を解説
⇒【株式投資の手法を解説
⇒【日経新聞を無料で読む方法
⇒【株価が上がる銘柄の探し方
⇒【株式投資がうまくいかない時は・・・
⇒【株式投資に運は必要か
⇒【売り時の判断方法やタイミング
⇒【初心者向け銘柄の選び方やポイント

関連記事

  1. サラリーマンだと株式投資は難しいのか?サラリーマン投資家の心構えや取引手法は?リアルタイムに取引でき…

  2. 株式投資の手法を知って自分にあったトレードスタイルを選ぼう!スキャルピング、デイトレード、スイングト…

  3. 「ボロ株」投資で儲ける方法やコツ、ポイントを解説。ハイリスク・ハイリターン?分散投資がおすすめ?

  4. 順張りについて初心者に説明!株式投資のトレードの基本戦略を知る。

  5. 【毎月1万円からの株式投資】おすすめの方法を解説。「積立投資」「投資信託」「個別株」。

  6. 【下落相場で稼ぐ方法】信用取引で空売りはリスクが高くて危険?2019年株式相場は下降トレンド?

  7. ブレイクアウトの詳細を初心者にわかりやすく解説。エントリーポイントや損切りの設定など具体的なトレード…

  8. 未成年におすすめの株式投資、ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)の詳細を解説。

  9. 株価が上がる銘柄の探し方・見つけ方を紹介。ファンダメンタル分析とテクニカル分析どちらが良いのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP