投資グループ「BLUE OCEANS(ブルーオーシャンズ)」金融商品取引法違反で逮捕、詐欺手口の詳細とは?

投資グループ「BLUE OCEANS LIMITED」の3名は、金融商品取引業の登録がないにもかかわらず、総額で7億円以上の資金を集めたと見られ、2019年1月15日に逮捕状が出されました。

ここではその詳細についてみていきたいと思います。

⇒【「セナー」ビットコイン投資詐欺で逮捕
⇒【中村雅俊が詐欺グループセナーと関与?

「BLUE OCEANS」代表ら逮捕 

逮捕状が出されたのは「BLUE OCEANS LIMITED」の代表で東京都中央区の50代男性と、長野市の50代男性と60代男性の計3人。

捜査関係者の調べでは逮捕状が出された3人は、2014年4月~2015年11月、金融商品取引業の登録がない中で約1億9,000万円を集めたとみられ、その後もあわせると総額は7億円以上となる可能性が指摘されています。

⇒【塩谷瞬が高利回り投資詐欺被害に

「BLUE OCEANS」の詐欺の手口 

「BLUE OCEANS LIMITED」は一部で元本保証をうたいながら資金を集め、出資すれば運用益が配当金として受け取れると説明していました。しかしながら途中から配当金は支払われずに、集めた代金のほとんどが返還されていないと見られています。

この手の詐欺の話はいつの時代も無くならないが、元本保証の高利回り商品というのは存在せず、最初は配当を出すことで信頼させ、その後追加で投資させるという手口。今後も同様の手口の詐欺が発生すると思われ、騙されないように注意してほしいと思います。

⇒【ケフィアの干し柿オーナー制度は詐欺?

投資詐欺に引っかからないためにすべきこと 

有価証券・デリバティブの販売や勧誘、資産運用を行うためには金融商品取引業の登録をしなければならないことが、金融商品取引法によって定められています。

金融商品取引業者登録一覧は金融庁のホームページ上で確認することができますので、投資の勧誘があった場合には、しっかりと調べたほうが良いでしょう。これを確認するだけでも、投資詐欺にあう確率は低くなります。

⇒【大損しないために注意すること

まとめ 

またも元本保証をうたって多額の投資資金を集める詐欺事件が発覚し、投資グループ「BLUE OCEANS LIMITED」の代表らに逮捕状が出されました。いつの時代にもこの手の詐欺事件は無くなりませんので、騙されないように注意する必要があります。

投資をする際にはその会社が金融商品取引業者として金融庁に登録されているか、必ず確認するようにしましょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【京王電鉄、子会社キセルの株価への影響は?
⇒【消費税増税延期の日経平均株価の水準
⇒【イオン株急落でお買い得な水準に?
⇒【株で安定的に利益をあげる方法
⇒【日経新聞を無料で読む方法
⇒【株価が上がる銘柄の探し方
⇒【株式投資がうまくいかない時は・・・
⇒【株式投資に運は必要か
⇒【売り時の判断方法やタイミング
⇒【初心者向け銘柄の選び方やポイント

関連記事

  1. 日経平均株価2018年10月以降上昇・下落の可能性は?大幅上昇で23,000円を突破、年初来高値更新…

  2. スーツ売上低迷で青山、AOKI、コナカ、はるやまは負け組となるか?クールビズなどカジュアル化が業績や…

  3. タカタの元社員がインサイダー取引で課徴金。倒産/経営破綻公表前に保有株式売却。

  4. 三越伊勢丹2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?3店舗営業終了・閉店の影響。

  5. ワタミ2018年8月以降株価上昇の可能性は?「ミライザカ」「鳥メロ」など鶏料理をメインとした新業態が…

  6. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。

  7. 三陽商会2018年10月以降株価上昇・下落の可能性。希望退職者募集の影響は?

  8. カブドットコム証券、株価上昇・下落の可能性。KDDIが559円でTOBを発表、上場廃止へ。

  9. ガイア粉飾・不正決算の疑い、パチンコ店社員が内部告発。マスコミに配布された怪文書では監査法人アバンテ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP