「ソフトバンク」IPO(新規公開株式)は買い・おすすめか?理由、仮条件、時価総額など詳細は?

2018年最大のIPO(新規公開株式)となる「ソフトバンク」が12月19日(水)に東証一部に上場することが決定し、注目を集めています。仮条件は1,500円で、100株単位での取引であるため最低投資価格は15万円となります。

ただ最近は株式相場全体が軟調であること、また「ソフトバンク」は大規模な通信障害を起こした影響から、初値は公募割れの可能性もあり、ひとまずは様子見した方が良いと考えています。

ここでは「ソフトバンク」IPOは買いかについてみていきたいと思います。

⇒【IPO(新規公開株)の詳細を解説
⇒【TOBの詳細を解説

「ソフトバンク」IPOはおすすめか? 

IPOの初値は公募価格を大きく上回ることが多いことから、投資家に人気となっていますが、今回の「ソフトバンク」のIPOは売出株数も多いことから、上場直後に大きな買いが入らない可能性があることには注意が必要です。

通常のIPOではIPOで購入することができなかった投資家が上場直後に株を買う動きがみられますが、「ソフトバンク」ほどの大規模なIPOとなると、買いよりも売りの方が多くなる可能性もあります。

一時的には公募価格を上回ることはあっても、その後売り込まれる展開も想定しておいた方がよさそうです。

⇒【メルカリ東証マザーズ上場

「ソフトバンク」IPOの売出株数、時価総額 

「ソフトバンク」の発行済株式は4,787,145,170株で、約33.5%の1,603,693,700株が売り出され、1,500円で計算した場合の時価総額は7.1兆円、資金調達金額は2.4兆円となります。

「ソフトバンク」のIPOは新規株式発行による資金調達ではなく、親会社である「ソフトバンクグループ」が保有する株式を売りに出す形となります。

「ソフトバンクグループ」は今回のIPOで手にした資金を有利子負債の圧縮に使ったり、新規の投資に回すと見られています。

⇒【時価総額を解説。日本・世界のランキングは?

「ソフトバンク」決算見通し・配当利回り 

「ソフトバンク」の2019年3月決算見通しは、連結最終利益が前期比+5.0%の4,200億円が見込まれています。積極的に株主還元を行う予定で配当性向は85%を目指すことを公言しています。

2019年3月期末の配当は株式の保有期間が3ヶ月程度のため、1株あたり37.5円の配当を予定していますが、株価1,500円に対して2.5%と非常に魅力的な水準です。通期で考えれば5.0%とという高い水準ですので、株価が下がった局面では配当狙いの買いが入る可能性はありそうです。

⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイント

「ソフトバンク」株、セカンダリー投資はおすすめ? 

「ソフトバンク」のIPOは現時点で締め切っているため、株式の売買を行うのであれば上場日である12月19日まで待つ必要があります。

IPO株の特徴としては初値で高値を付けた後、利食い売りから一旦下落して、その後時間をかけて再度上昇していくことがありますので、下がるタイミングを待って買うのも良いでしょう。これをセカンダリー投資と言います。

「ソフトバンク」は大型のIPOであり、公募割れの可能性も指摘されているので、IPOで購入するよりも有利な価格で購入できるかもしれません。

⇒【株で安定的に利益をあげる方法

まとめ 

2018年最大のIPOである「ソフトバンク」が12月19日に東証一部に上場します。仮条件は1,500円で決定しましたが、株式市場が軟調であり、直近に大規模な通信障害があったことから、公募割れの可能性も指摘されています。

ただ配当利回りが高いことから、安値では配当目的の買いがみられると思われ、安値で拾いたいと考えている投資家は多いことでしょう。初値がいくらになるのか、その後どのような値動きを見せるのか注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【IPO(新規公開株)の詳細を解説
⇒【株価が上がる銘柄の探し方
⇒【株式投資がうまくいかない時は・・・
⇒【株式投資に運は必要か
⇒【売り時の判断方法やタイミング
⇒【初心者向け銘柄の選び方やポイント
⇒【大損しないために注意すること
⇒【株初心者におすすめの投資法
⇒【株式投資で稼ぐのは簡単?
⇒【決算発表の重要性、株価への影響とは?

関連記事

  1. 「自律制御システム研究所(ACSL)」IPO上場初日は公開価格割れで一時はストップ安水準に。「ソフト…

  2. 伊藤忠2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?決算見通し5,000億円に上方修正。

  3. スルガ銀行2018年7月以降株価上昇・下落の可能性を日足チャートから分析。PER・PBRは低水準で割…

  4. コンコルディアFG2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?東日本銀行、業務改善命令で顧客に数百万…

  5. 日本サッカーワールドカップ1次(予選)リーグ突破・決勝リーグ進出の経済効果・金額試算は?日本勝利や本…

  6. スルガ銀行、東京スター銀行に虚偽説明、スマートデイズに3億円のシェアハウス向け融資させる。社員の顧客…

  7. ホシザキ上場廃止の可能性、株価は大幅下落。決算報告書の提出遅延により監理銘柄指定に。

  8. そーせい2018年10月以降株価上昇・下落の可能性。2日連続のストップ安で年初来安値更新。

  9. 「グレゴリー・ケリー」「カルロス・ゴーン」逮捕の日産株価への影響。割安で絶好の買い場?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP