株式投資の銘柄の選び方のポイントやコツ。初心者におすすめの方法。興味のある銘柄や身近な銘柄からはじめてみよう。

株式投資をはじめてみようと思っても、銘柄が多すぎてどの株を買っていいか迷う人は多いです。

日本国内に上場する銘柄だけでも4,000近くあり、その中から選ぶのは簡単ではありません。

ここでは株式投資銘柄の選び方のポイントやコツについてみていきたいと思います。

⇒【初心者・サラリーマンにおすすめの投資法

興味があったり身近な株式銘柄から買ってみよう 

株式投資初心者におすすめなのは、身近な銘柄からはじめてみることです。

たとえば旅行がすきなら旅行代理店や航空会社、洋服が好きなら洋服メーカーやデパート、食事が好きなら飲食店やコンビニといったおものです。

意外と自分が使っているものの会社が、上場しているというのはよくあります。

いきなり全く知らない銘柄だと、イメージもつかみにくく、興味がなければ株式投資を嫌いになってしまう可能性があります。

興味がある銘柄であれば、情報を収集することが苦痛に感じないでしょうし、投資スキルも磨きやすくなります。

また最初から売買益狙いではなく、株主優待や配当目的ではじめてもよいので、自分が興味のある方法を考えてみてください。

⇒【株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?

最小単位で株式を購入して株式投資を経験してみよう 

興味がある銘柄を見つけることができたら、まずは最小単位で購入してみても良いと思います。

現在はミニ株のように従来の1/10の資金で購入できるものもありますし、もっと小さい単位で購入できるものもあります。

理想としては、テクニカル分析やファンダメンタル分析を勉強してから株式売買を行うのが良いですが、いきなり勉強となるとやる気を失くしてしまう人も多いと思います。

ですので、まずは失っても良いと思う最小限のお金で、実際にトレードをしてみて、そこで経験したことから知識を付けていくというやり方でもよいでしょう。

このやり方で株式売買を行う場合には、損をする可能性はありますので、繰り返しにはなりますが、最小限の単位で売買するようにしましょう。

⇒【AIの影響で株は儲からなくなるのか?

従業員持ち株会の自社株はお得な株式投資 

サラリーマンの人で会社に従業員持ち株会制度があるのであれば、自社株からはじめてみるのも良いでしょう。

自分の会社であれば仕事内容もよく分かっていてイメージが付きやすいし、何より株価を上げるために仕事を頑張ろうという、モチベーションアップにもつながるかもしれません。

従業員持ち株会であれば、会社が奨励金を出している場合が多いと思いますし、株式市場で売買する他の人よりもお得に購入することが可能です。

あまり短期売買には向いてはいないですが、まずは従業員持ち株会から株式投資がどういうものかを知るというのも良いでしょう。

一方で会社の業績が悪くなってしまった場合は、従業員持ち株会で購入した株も損してしまい、給料も下がるというダブルパンチになってしまう可能性があることは、十分に認識をしておく必要があります。

また会社で機密情報を入手できる役職についている場合には、短期間で売買を行うとインサイダー取引に該当する必要もあるので注意が必要です。

⇒【従業員持株会の詳細を解説

まとめ 

初心者の株式銘柄の選び方についてみてきましたが、重要なポイントは小さく始めることです。

いきなり大きな資金を使って、感覚だけでトレードしてしまうと、ギャンブルと同じになってしまい、資金を一気に失う可能性があるので、注意しましょう。

まずは最小単位からはじめて、経験を積んで株式投資がどういうものかわかってきたら、取引の単位を増やしていけば良いと思います。

<こんな記事も読まれています>

⇒【日経新聞を無料で読む方法
⇒【株価が上がる銘柄の探し方
⇒【株式投資がうまくいかない時は・・・
⇒【株式投資に運は必要か
⇒【売り時の判断方法やタイミング
⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイント
⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイント
⇒【日経平均株価の詳細を解説
⇒【ダウ平均株価の詳細を解説
⇒【S&P 500の詳細を解説

関連記事

  1. 株式投資に統計の知識は必要?知らないと儲けることができない?

  2. 株式投資初心者の平均予算・資金とは?目標とする利回りの目安を解説。

  3. 「上場廃止基準」を株式投資初心者にわかりやすく解説。「監理銘柄」「整理銘柄」のステップとは?

  4. 日経新聞で株式投資の情報収集。その方法をわかりやすく解説。

  5. 株式投資のオフ会は参加した方が良い?投資仲間を見つけて情報交換をしよう。

  6. M&A(企業の合併買収)詳細を初心者にわかりやすく解説。メリットやデメリットは?買収企業は…

  7. TOB(株式公開買付)とは?わかりやすく解説。目的や株価への影響は?Take Over Bidの略で…

  8. 株式投資ノート作成のメリット・デメリットを解説。

  9. 「決算短信」「有価証券報告書」「四半期報告書」の提出期限、延長申請についてわかりやすく解説

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP