吉野家2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?決算赤字転落の影響は?

吉野家ホールディングス(HD)の2019年1月15日の株価は、前日比+33円(+1.9%)と上昇しましたが、安値圏での推移が続いています。1月10日に発表した2019年2月期の第三四半期決算が赤字に転落し、通期見通しも赤字と苦しい展開となっています。

ここでは吉野家の株価の推移と決算見通しについてみていきたいと思います。

⇒【吉野家、定期券販売の影響は?
⇒【消費税増税延期の日経平均株価の水準

吉野家HD株価の値動き 

吉野家HDの株価は2018年12月25日に1,666円の安値を付けた後上昇していましたが、1月10日に赤字決算を発表すると翌日1月11日は大幅下落となり、1月15日には1,702円の安値を付けています。

一旦は年初来安値を更新することなく反発していますが、決算は苦戦しており、今後も安値圏での推移が続く可能性があります。

⇒【イオン株急落でお買い得な水準に?

吉野家HD株価テクニカル分析 

吉野家HD株価をテクニカルで見てくと、移動平均線が下向きとなっており下落トレンドであることがわかります。特に直近では25日移動平均線(緑色)と75日移動平均線(水色)がデッドクロスを完成し、10日移動平均線(ピンク色)を大幅に下抜けしていることから、弱いチャートとなっています。

短期的に上昇したとしても10日移動平均線が位置する1,800円近辺がレジスタンスとなる可能性が高く、安値更新を警戒する時間帯が続きそうです。

⇒【移動平均線の詳細を解説
⇒【ゴールデンクロス、デッドクロスを解説

吉野家HD決算見通し 

吉野家HDの2019年2月期決算見通しは、売上高が前期比+3.3%の2,050億円と増収を見込んでいるものの、経常損益は前期比▲63.1%の17億円、当期純損失は前期比▲173%の▲11億円となっています。

人件費や物流費の高騰が影響し、赤字転落の見通しとなっています。また既存店の客数も減少に転じており、今後も厳しい状況が続いていきそうです。

⇒【決算発表の重要性、株価への影響とは?

まとめ 

吉野家HDは決算赤字転落見通しとなり、株価は年初来安値を更新する可能性も出てきています。テクニカル的にも弱いチャート形状となっており、今後どこまで下落するのか、どこで反発するのか注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【吉野家、定期券販売の影響は?
⇒【イオン株急落でお買い得な水準に?
⇒【田淵電機、上場維持で株価上昇
⇒【京王電鉄、子会社キセルの株価への影響は?
⇒【会社や銘柄を研究する方法やポイント
⇒【経営者が株式投資を行うメリット
⇒【ミニ株、単元未満株を解説
⇒【高校生・未成年のための株式投資
⇒【株式投資でお小遣い稼ぎをする方法
⇒【株式投資はいくらから始められる?

関連記事

  1. りそな銀行2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?不動産向け不正融資関与を朝日新聞が報道。

  2. 丸紅2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?年初来高値更新で11年振りに1,000円突破。

  3. 東芝7,000億円の自社株買い報道で株価急上昇。増資及び東芝メモリ売却資金で株主還元対策へ。日足・週…

  4. セーブオン2018年8月末で閉店しローソンへ転換。株価への影響とは?メガフランチャイズ契約の内容詳細…

  5. 東亜道路工業、ニチレキなど8社が改良アスファルトでカルテルの疑いで公正取引委員会が立ち入り検査。その…

  6. アパマン(APAMAN)2018年12月以降株価上昇・下落の可能性は?札幌爆発事故の影響は?

  7. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。

  8. HIS(エイチアイエス)株価年初来安値更新の理由は?原油高・円高で旅行客減少か。JAL(日本航空)・…

  9. ゆうちょ銀行2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?貯金限度額引き上げの影響。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP