資生堂2018年8月以降株価上昇の可能性は?業務用化粧品事業の資生堂アメニティグッズから撤退へ。PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)からみた株価の水準は?

資生堂は、100%出資する子会社・資生堂アメニティグッズの営業を2018年内に終了し、国内の宿泊施設向けのシャンプーなどの販売から撤退することを発表しました。決算が好調な資生堂も、競争が激しい分野からの撤退を行い、選択と集中でさらなる収益体制の強化を狙います。

ここでは資生堂アメニティの営業終了、資生堂の株価への影響をみていきたいと思います。

⇒【キャッシュフロー計算書の見方を解説

資生堂、業務用化粧品事業撤退へ。その詳細とは? 

資生堂アメニティグッズは、資生堂の100%子会社として1992年に設立され、国内の宿泊施設、銭湯やスパ、スポーツジムなどにシャンプー・コンディショナー・ボディーソープなどの販売を行ってきました。

年間の売上高は数十億円規模とみられますが、業務用化粧品市場は競争が激しく、将来性がないと判断したと思われます。

資生堂の2018年12月決算見通しは、売上高が前期比+2.8%の1兆330億円、当期純利益が前期比+137.4%の540億円と、増収増益の見込みとなっています。業績が好調な中でも、不採算事業からの撤退を行い、全体での収益性の向上を狙っています。

⇒【株で失敗しないコツ!資生堂で過去検証その結果は

資生堂株価上昇の可能性は?PER、PBRからみた株価の水準は? 

資生堂の2018年8月3日の株価は、前日比+106円(+1.3%)の8,108円と上昇して取引を終了しています。以下は資生堂の日足チャートです。

2018年の資生堂の株価は上昇トレンドを形成し、6月7日には9,250円の年初来高値を付けました。その後は下落調整が続いています。

テクニカルには株価は75日移動平均線(水色)近辺に位置しており、この価格帯で反発できるかが注目です。10日移動平均線(ピンク色)と25日移動平均線(緑色)は下向きとなっており、75日移動平均線とデッドクロスを完成するようだと株価は下落に向かいやすく、注意が必要です。

目先は7月9日に付けた安値8,054円を維持できるかもポイントとなります。上昇に向かうためには、安値を維持したまま、25日移動平均線を突破する必要があります。

資生堂のPERは60倍、PBRは7.7倍と大手上場企業の中では高い数値となっています。好調な決算を反映させた結果となっていますが、悪いニュースがあると売られやすくなってしまう点には注意が必要です。

⇒【PERの詳細を解説

資生堂2018年8月以降株価上昇の可能性まとめ 

資生堂は決算が好調な中でも、不採算事業である業務用化粧品事業からの撤退を発表したことは、評価することができます。今後リソースを好採算事業に振り分けて、収益性の向上が期待できます。

株価は高値からの下落調整中となっており、現在の価格帯で下げ止まれるか注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【ROEの詳細を解説
⇒【BPS(1株当たり純資産)の詳細を解説
⇒【EPS(1株当たり利益)の詳細を解説
⇒【損切りの詳細について解説
⇒【損切りの目安、価格設定の仕方について解説
⇒【サラリーマンだと株式投資は難しいのか?
⇒【株式投資での3つの儲け方を解説
⇒【ガイア粉飾決算を内部告発する怪文書がマスコミへ
⇒【リンガーハット商品値上げ報道で株価上昇へ
⇒【ジャストプランニング、インサイダー取引や仕手株の可能性は?

●大塚家具株価上昇の可能性は?身売り・スポンサー探しの影響は?
⇒【大塚家具株価上昇の可能性は?身売り・スポンサー探しの影響は?

関連記事

  1. スルガ銀行、横浜銀行(コンコルディアFG)が買収・統合・合併の可能性は?

  2. オウケイウェイブ、仮想通貨Wowbit(WWB)上場も株価急落。Bit-Zに上場もICO価格割れで期…

  3. 宅配・運送業者株で利益を上げるための方法やポイントとは?宅配便の取扱いシェアは?ヤマト運輸は宅急便料…

  4. コンコルディアFG2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?東日本銀行、業務改善命令で顧客に数百万…

  5. 「司法取引制度」の詳細をわかりやすく解説。日産カルロス・ゴーン会長逮捕で適用。

  6. HEROZ(ヒーローズ)2期連続最高益へ。藤井聡太プロの活躍が影響で人工知能(AI)を活用した将棋ア…

  7. 味の素株価上昇・下落の可能性は?塩とコンソメ値上げの影響は?

  8. 三井不動産4期連続最高益で株価は上昇基調に。ミッドタウン日比谷開業の影響にも期待。

  9. ブランデス・インベストメント、大塚家具株式を全て売却へ。財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP