東亜道路工業、ニチレキなど8社が改良アスファルトでカルテルの疑いで公正取引委員会が立ち入り検査。その詳細や各社の対応とは?株価、業績への影響は?

改良アスファルトの販売価格に関する独占禁止法の疑いで、東亜道路工業、ニチレキなど8社が、2018年5月29日に公正取引委員会の立ち入り検査を受けたと発表しました。

ここではカルテルの内容や、株価・業績への影響をみていきたいと思います。

東亜道路工業、ニチレキなど8社が改良アスファルトでカルテルか?カルテルの詳細とは?昭和瀝青工業の読み方とは?

今回公正取引委員会が立ち入り検査を行ったのは、東亜道路工業、ニチレキ、大林道路、日進化成、昭和瀝青(れきせい)工業など8社です。

8社はお互いに価格の情報交換などを行い、市場価格を引き上げた疑いが持たれています。

東亜道路工業と大林道路は2017年2月にも他の会社とカルテルの疑いがあるとして、公正取引委員会の立ち入り検査を受けています。

⇒【スルガ銀行を有印私文書偽造の疑いで刑事告発へ

⇒【みちのく銀行不正融資の詳細を解説

東亜道路工業、ニチレキなど8社が改良アスファルトでカルテルの疑い、各社の対応は?業績への影響は? 

今回のニュースを受けて、東亜道路工業、ニチレキなど各社は2018年5月29日にプレスリリースを行い、公正取引委員会の立ち入り検査を受けたことと、調査には全面定期に協力していくことを公表しています。

まだカルテルの詳細がわからない中では、業績への影響は試算することができず、更なる詳細情報の公表を待つ必要があります。

⇒【トヨタリコールによる影響を解説

⇒【日本ガイシ検査不正の詳細を解説

東亜道路工業、ニチレキなど8社が改良アスファルトでカルテルの疑い、上場企業の株価への影響は? 

今回カルテルの疑いがる8社の内、上場しているのは東亜道路工業とニチレキの2社になります。

東亜道路工業は東証一部に上場しており、立ち入り検査の発表があった5月29日の株価は前日比▲60円(▲1.5%)の3,945円で引けています。

チャート的にも25日移動平均線(緑色)と75日移動平均線(水色)が下向きで、下降トレンドを形成しつつある状況です。

今回のニュースを受けて4月17日安値3,815円を維持できるかがポイントとなります。

ニチレキも東証一部に上場しており、5月29日の株価は前日比▲20円(▲1.5%)の1,282円で引けています。

チャート的には5月9日安値1,150円から上昇していた途中で、まずは75日移動平均線(水色)近辺でサポートされています。

ここを下抜けるようだと、25日移動平均線(緑色)位置する1,250円近辺、そこも下抜けるようだと5月9日安値1,150円が視野に入ってきます。

今回のカルテルのニュースがどこまでインパクトがるものか現時点ではわかりませんが、短期的には株価に下値を探る展開になると思われます。

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

⇒【移動平均線の詳細を解説

まとめ 

まだ詳細は分かっていませんが、上場企業2社を含む8社のカルテルの疑いのニュースが入ってきました。

今後調査が進むにつれて詳細がわかり、内容次第では業績や株価に影響を与えるので、注視していきたいと思います。

<こんな記事も読まれています>

⇒【スミダ株インサイダー取引の詳細を解説

⇒【ファミマ、ドンキ流の圧縮陳列導入へ

⇒【丸井、投資信託の販売を開始へ

⇒【シックスパッド・リファのMTGがマザーズへ上場。

⇒【株で失敗しないコツ!過去検証の方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!取引履歴の重要性と方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!逆指値注文で確実に損切りしよう

⇒【株で失敗しないコツ!資生堂で過去検証その結果は

関連記事

  1. ヤマトHD2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?子会社過大請求問題で2019年3月期第一四半…

  2. ジャストプランニング不正行為で鈴木崇宏社長が解任。株価や業績への影響とは?子会社JPパワーの太陽光発…

  3. インサイダー取引の具体的な事例を紹介。摘発件数や課徴金の事例。不正行為の手口を知って、巻き込まれない…

  4. 大和ハウス工業株価上昇・下落の可能性。元所長所得隠し・ハンセンジャパンリベートの影響は?

  5. 三井不動産4期連続最高益で株価は上昇基調に。ミッドタウン日比谷開業の影響にも期待。

  6. みちのく銀行不正融資で懲戒処分。時期、金額、件数などの詳細とは?業績や株価への影響は?

  7. 福山通運2018年10月以降株価上昇・下落の可能性。日曜日の集荷・配達中止の影響。

  8. オリエンタルランド2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?ディズニーファストパスのデジタル化を検…

  9. 燦(サン)キャピタルマネージメントは仕手?2018年10月以降株価上昇・下落の可能性。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP