丸井、つみたてNISA対象の投資信託を販売開始へ。販売開始時期などの詳細や証券事業参入の狙いとは?株価や業績への影響とは?日本初クレジットカード(エポス)での決済可能に。

丸井グループは2018年夏頃からつみたてNISAの対象となる投資信託の販売を行う、と2018年5月10に発表しました。

小売業を営む丸井が証券事業に参入する理由や株価、業績への影響、販売内容の詳細をみていきましょう。

⇒【NISAの詳細を解説

⇒【つみたてNISAの詳細を解説

丸井、つみたてNISA対象の投資信託を販売へ。販売時期や決済方法などの詳細とは?フィンテックへの考え方とは? 

丸井グループは投資信託販売会社設立に向けて準備を進めており、2018年夏頃からの販売開始を狙います。

この新会社の特徴は、エポスカードでの決済を可能とし、日本ではじめてクレジットカードで購入できる投資信託を提供します。

丸井は、すべての人が豊かなライフスタイルを実現できる金融サービスを提供することが、事業のミッションであることと考えており、今回の新会社設立に踏み切りました。

⇒【証券会社が倒産した場合の補償制度を解説

⇒【株式市場での証券会社の役割を解説

丸井、つみたてNISA対象の投資信託を販売へ。エポスカードで決済可能に。その理由や狙いとは? 

丸井グループが提供するエポスカードの会員数は、2018年3月末時点で約657万人となっています。

そのうち半数以上が20代、30代、約70%が女性となっています。

つみたてNISAの開始など、国全体が貯蓄から資産形成を推進する中で、将来に向けた投資に興味を持つ若年層の女性が増えており、エポスカードの会員層と一致していることが、丸井の投資信託販売開始へのきっかけとなりました。

丸井グループは営業利益の80%以上をクレジットカードを中心とした金融事業から稼いでおり、顧客の購買パターンや支払い履歴など蓄積したデータを最大限に活かすことが可能となります。

10年後には100万人の顧客に対して投資サービスを提供し、預かり資産残高1兆円以上を目指すとしています。

⇒【トヨタリコールによる影響を解説

⇒【米朝会談中止の株価への影響を解説

丸井、つみたてNISA対象の投資信託を販売へ。業績や株価への影響とは?決算実績や見通しとは? 

丸井の2018年3月期決算は、売上高が前期比+13%の2兆1,894億円、当期純利益は前期比+12%の209億円と増収増益を達成しました。

フィンテックセグメントの営業利益は前期比+12%で、6期連続の増益となっています。

2019年3月期決算見通しでは、売上高が前期比+14%の2兆5,000億円、当期純利益は前期比+15%の240億円を見込みます。

フィンテックセグメントの営業利益は前期比+11%を見込んでおり、投資信託の販売での貢献が期待されます。

丸井の株価推移をみていきましょう。

以下は丸井の日足チャートです。

全体的には緩やかな上昇トレンドとなっており、投資信託発売の発表をした翌日5月11日には2,390円の高値を付けています。

5月28日の終値は2,247円と高値から調整していますが、5月18日安値2,183円を維持したまま、上昇にできるか注目です。

そこを下抜けると75日移動平均線(水色)が位置する2,130円近辺までの下落を覚悟する必要があります。

⇒【損益計算書の見方を解説

⇒【貸借対照表の見方を解説

まとめ 

一見まったく関係のない証券業への参入に思えますが、エポスカードで培った金融事業のノウハウや顧客基盤を最大限に活用する形で、丸井は投資信託の販売を開始します。

収益の柱であるフィンテックセグメントを強化するものとなるのか、注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【NISAの詳細を解説

⇒【つみたてNISAの詳細を解説

⇒【段ボール需要増加による関連企業への影響を解説

⇒【スルガ銀行を有印私文書偽造の疑いで刑事告発へ

⇒【みちのく銀行不正融資の詳細を解説

⇒【株式投資の真実とは

⇒【初心者に伝えたい株式投資の心構えとは

⇒【株式投資のメリット・デメリットを解説

関連記事

  1. シャープ、東芝のパソコン事業買収。鴻海のノウハウ活用へ。買収金額などの詳細は?株価や業績への影響は?…

  2. 大阪地震の影響で日経平均株価は2営業日振りに反落。大阪ガス・クボタなど大阪に本社を置く企業の株価の下…

  3. TATERU(タテル)、GA technologies株をSBI証券に売却、23億円の有価証券売却益…

  4. 大手銀行5グループ2018年3月期決算4行増益も苦戦続く。預貸金利利回は低下、メガバンクは店舗数減少…

  5. トヨタ「アルファード」「ベルファイア」リコールへ。原因などの詳細内容と株価への影響は?

  6. ぐるなび2018年8月以降株価上昇の可能性は?楽天との資本業務提携、2019年3月期決算発表でストッ…

  7. メルカリ上場(IPO)時のオーバーアロットメント(売出)・グリーンシューオプションの意味とは?公開価…

  8. 日経平均株価、2月2日以来3ヶ月半ぶりの23,000円台へ!上昇の要因と今後の推移の見通しは?

  9. オウケイウェイブ、仮想通貨Wowbit(WWB)上場も株価急落。Bit-Zに上場もICO価格割れで期…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP