ダウの犬戦略を日本の株式市場で実践!大型株100銘柄から配当利回り10銘柄を選択して2017年度のシミュレーションしたら、日経平均株価のパフォーマンスを大きく上回る結果に!

ダウの犬戦略を日本の株式市場で実践!大型株100銘柄から10銘柄を選択して2017年度のシミュレーションしたら、日経平均株価のパフォーマンスを大きく上回る結果に!

ダウの犬戦略を日本の株式市場で実践してみたいと思います。

ダウの犬戦略の詳細と日本の株式市場で実践する際のルールは別の記事に書いていますので、そちらを参照してください。

⇒【ダウの犬戦略及び日本の株式市場でのトレード例を解説

⇒【ダウ平均株価の詳細を解説

ダウの犬戦略を日本の株式市場で実践。日経平均株価を大幅に上回る結果に!

それではルール通りにシミュレーションしていきましょう。

まず、2017年3月31日終値時点の、大型株100銘柄を配当利回りの高い順に並べます。

資金は1億ですので、1社あたりの投資額を最大1,000万円かつ、最低購入金額が最も高い東京エレクトロンの購入予定金額9,724,000に一番近い金額となるよう、他9社の購入株数を調整すると、以下の表の通りになります。

業種別にみると、卸売業である総合商社が4社と多く、自動車と電気機器がそれぞれ2社ずつランクインしています。

ここで決定した銘柄及び株数を2017年4月3日の始値で購入すると、結果は以下の通りとなりました。

最終的な投資金額は97,693,870円です。

比較対象となる2017年4月3日の日経平均株価始値は18,988円でした。

ではそれぞれのパフォーマンスを比較する作業に入りましょう。

2018年3月30日終値時点の、大型株100銘柄を配当利回りの高い順に並べると以下の通りです。

黄色の4社が新規で上位10銘柄に入っていますので、伊藤忠、三井物産、丸紅、三菱商事の総合商社4社の購入済み株式を2018年3月30日終値で売却します。

売却済み金額、保有銘柄値洗い、配当の合計は以下の通りです(オレンジの銘柄は売却済みで確定損益、配当は確定していない銘柄もあるため、2018年5月4日時点の最新の予想値を使用)

ダウの犬戦略は、投資資金97,693,970円に対して合計資産は118,767,730円と121.57%のパフォーマンスでした。

一方で日経平均株価は18,988.00円から21,454.30円と112.99%のパフォーマンスでした。

ダウの犬戦略の方が圧倒的に高いパフォーマンスとなりました。

最後に2年目の準備をしましょう。

2018年3月30日終値時点の、大型株100銘柄を配当利回りの高い順に並べます。

前年度の合計資産118,767,730円に収まるよう、1社あたりの投資額を最大11,876,773円に一番近い金額となるよう、他9社の購入株数を調整すると、以下の表の通りとなりました。

決定した銘柄及び株数を2018年4月2日の始値で購入すると、以下の表の通りです。

2年目の投資金額は118,524,090円となりました。

比較対象となる2018年4月2日の日経平均株価始値は21,441.57円です。

⇒【ダウの犬戦略及び日本の株式市場でのトレード例を解説

⇒【日経平均株価の詳細を解説

⇒【大型株、中型株、小型株を解説

まとめ 

ダウの犬戦略を2017年度に日本の株式市場でシミュレーションしたところ、日経平均株価より圧倒的に良いパフォーマンスとなりました。

対象銘柄を大型株の100社、比較を日経平均株価としているため、厳密には比較できませんが、それでもこの高いパフォーマンスは驚きです。

2017年度は多くの株価が上昇したということもあり、年間で下落となればまた違った結果になるかもしれません。

2年目の結果は、2019年4月頃に集計してアップデートしますので、楽しみにしていてください。

<こんな記事も読まれています>

⇒【ダウの犬戦略及び日本の株式市場でのトレード例を解説

⇒【初心者・サラリーマンにおすすめの投資手法を解説

⇒【ダウ平均株価の詳細を解説

関連記事

  1. ドルコスト平均法の詳細を初心者にわかりやすく説明。積立投資をする際に知っておくべき重要な概念。

  2. 逆張りについて初心者に説明!株式投資のトレードの基本戦略を知る。

  3. ロボアドバイザー「ウェルスナビ」「テオ」「楽ラップ」「MSV LIFE」違いや特徴を比較

  4. 「中長期投資」をわかりやすく解説。株式投資初心者やサラリーマンにおすすめ。

  5. 老後に備える個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の詳細を解説。所得税・住民税が節税できて、運用…

  6. サラリーマンだと株式投資は難しいのか?サラリーマン投資家の心構えや取引手法は?リアルタイムに取引でき…

  7. 先物取引、NDF、DFの詳細を初心者にわかりやすく解説。シカゴでの穀物取引での歴史や株式市場における…

  8. 初心者・サラリーマンにおすすめの株式投資~スイングトレード、中長期、積立投資~

  9. 初心者にもおすすめの株式投資、NISA(小額投資非課税制度)の制度を詳細解説。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP