株主優待狙いの株式投資は危険?おすすめしない理由をわかりやすく解説

個人投資家の中には株主優待目的で株式投資を行っている人は多いです。株主優待で生活をしている桐谷さんという有名な人もいて、そのような生活に憧れる人もいることでしょう。

しかしながら株主優待目的の投資はリスクが高く、実はメリットがないというケースもあります。株主優待以上に株価が下がって損をすることもありますし、そもそももらった株主優待を使わないということもあるのではないのでしょうか?

ここでは株主優待狙いの株式投資は危険か、についてみていきたいと思います。

⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイント
⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイント

株主優待以上に損をする可能性 

魅力的な株主優待を設定している企業の株は、個人投資家を中心に人気が高いです。当然株主優待の権利付き最終日にかけては、株価は上昇することが多く、権利落ち日以降はその反動で株価は下落することが多いです。

株主優待目的で買ったにもかかわらず、それ以上に株価で損をしてしまうことがあるので、注意が必要です。

⇒【「信用売り」でノーリスクで株主優待?

株主優待が必要なものかを考える 

株主優待はもらえるものならもらっておきたいと考えるのが人間心理ですが、それが本当に必要なものかはよく考える必要があります。株主優待としてもらったのは良いものの、使わなかったという経験がある人は多いのではないでしょうか?

株主優待は企業側が設定するものであり、本当に個人投資家が欲しいものとは限りません。それであれば通常通り株式投資を行って、儲けた利益で好きなものを買った方が良いのではないでしょうか?

⇒【値上がりする銘柄を見極める方法

株主優待は改悪・廃止の可能性がある 

株主優待は企業側の都合で改悪したり、廃止されることがあります。そのような場合には株価が急落することが多いので、注意が必要です。長期保有によって何年間も株主優待をもらえているからお得という感覚で持ち続けると、株価暴落によって今までのメリット以上の損失を被る可能性もあります。

⇒【株初心者の平均予算と利回り

2019年以降は株価下落に要注意 

株式市場全体が右肩上がりの状況では、株主優待狙いの長期保有でも株価は上昇する銘柄は多かったと思います。しかしながら2019年以降はアベノミクスも終了し、株価は調整局面に入る可能性が高いです。

そうなると株主優待以上に損を被る可能性は高くなると言えるでしょう。

⇒【株でお金を増やす方法を解説

株価上昇時の株主優待銘柄の考え方 

株式市場全体が好調の時は、株主優待狙いであっても含み益となる可能性が高いですが、他の銘柄であればそれ以上に利益を上げられた可能性があるとも考えられます。

株主優待が本当に必要なもので、メリットを得ている状況であれば問題はありませんが、そうでない場合には他の銘柄に投資することによって、より多くの利益を上げることができた可能性があることも考えて投資をした方が良いでしょう。

⇒【株で大損・破産する人の特徴

まとめ 

株主優待狙いの株式投資を否定するわけではありませんが、株主優待が本当に必要でないものである場合、取っているリスクに対するメリットは低いと考えることができます。長期間株主優待をもらうことができているから得をしているという考え方ではなく、今一度本当に必要か考えた上で、よりリスクが低くて大きいリターンが期待できる銘柄への乗換を検討してみても良いでしょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイント
⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイント
⇒【「逆日歩」の詳細を解説
⇒【「信用売り」でノーリスクで株主優待?
⇒【株式投資がうまくいかない時は・・・
⇒【株式投資に運は必要か
⇒【売り時の判断方法やタイミング
⇒【初心者向け銘柄の選び方やポイント

関連記事

  1. 「現物買い・信用売り」で株主優待をノーリスクでゲットすることは可能か?「逆日歩」とは?

  2. 株主優待2018年7月に権利確定するおすすめ銘柄一覧。7月26日(木)までに要購入。バロックジャパン…

  3. イオン株は買い?株価急落、株主優待狙いならお得なタイミングか?配当利回りも魅力。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP