ロボアドバイザー「ウェルスナビ」「テオ」「楽ラップ」「MSV LIFE」違いや特徴を比較

ロボアドバイザーの大手である「ウェルスナビ」「テオ」「楽ラップ」「MSV LIFE」違いや特徴を比較した表は以下の通りです。

それでは個別にそれぞれの特徴を見ていきたいと思います。

⇒【「積立投資」のメリット・デメリット
⇒【「毎月1万円株式投資」おすすめの方法

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」の特徴 

「ウェルスナビ」はロボアドバイザーの最大手で、預かり資産は2018年8月に1,000億円を突破しました。

初回投資は10万円、毎月の積立は1万円からであり、運用パターンもリスク許容度に応じて通りとシンプルでわかりやすくおすすめです。

2017年の運用実績は16%を超えており、預かり資産からもわかる通り多くの人から支持されていることから、おすすめです。

⇒【「中長期投資」を解説、初心者におすすめ?

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」の特徴 

「テオ」は初回投資、毎月の積立ともに1万円からと小額からの投資が可能です。

投資対象商品も米国ETF約40銘柄、運用パターンも231通りと他のロボアドバイザーと比較すると多くなっています。

ポートフォリオの見直しは月1回程度行われるため、相場状況に応じて最善なポートフォリオを組むことができると言えるでしょう。

⇒【サラリーマンがiDeCoを活用すべき理由

ロボアドバイザー「楽ラップ」の特徴 

「楽ラップ」は大手ネット証券会社である楽天証券が運営しており、信頼度は高くおすすめです。

初回投資金額は10万円、毎月の積立は1万円からとなっています。

手数料は最大で年0.702%と低め、運用パターンもリスク許容度に応じて9通りとシンプルです。

⇒【株式投資でお小遣い稼ぎをする方法

ロボアドバイザー「MSV LIFE」の特徴 

「MSV LIFE」はマネックス・セゾン・バンガード投資顧問が運用しています。

初回投資金額、毎月の積立額ともに1,000円からと小額からはじめることができるのが特徴です。

手数料も年0.648%と他のロボアドバイザーより安く、おすすめです。

運用パターンはリスク許容度に応じて8通りとシンプルです。

⇒【株式投資はいくらから始められる?

ロボアドバイザーでの投資はおすすめ? 

ロボアドバイザーはスマホでも気軽に投資することができ、ロボットが最適な投資先を選定して運用してくれます。

そのため投資には興味があるものの仕事が忙しくて細かく見ることができないサラリーマンや、投資対象を探すのが面倒な人にはおすすめです。

運用実績もすばらしく、感情を入れずに淡々と投資することができるので、長期的にみれば利益を上げられる可能性が高いと言えるでしょう。

⇒【株式投資・資産運用の必要性を解説

ロボアドバイザー比較まとめ 

小額から投資することができるロボアドバイザー、「ウェルスナビ」「テオ」「楽ラップ」「MSV LIFE」の4つを比較しました。

それぞれ特徴はあるものの、初回投資金額の10万円を用意できるの出れば、実績も人気もある「ウェルスナビ」がおすすめです。

<こんな記事も読まれています>

⇒【初心者・サラリーマンにおすすめの投資法
⇒【株式投資のトレードスタイルについて解説
⇒【ドルコスト平均法を解説
⇒【従業員持株会の詳細を解説
⇒【NISAの詳細を解説
⇒【「中長期投資」を解説、初心者におすすめ?
⇒【「積立投資」のメリット・デメリット
⇒【「毎月1万円株式投資」おすすめの方法
⇒【「株式投資」と「投資信託」の違いや特徴
⇒【「株式投資」と「銀行預金」の違いや特徴

関連記事

  1. ダウの犬戦略の詳細を初心者にわかりやすく説明。ダウ平均株価のパフォーマンスを上回ることが多いという投…

  2. ドルコスト平均法の詳細を初心者にわかりやすく説明。積立投資をする際に知っておくべき重要な概念。

  3. メリマンサイクル理論の詳細をわかりやすく解説。平均22週のプライマリーサイクルが日経平均株価で再現可…

  4. 初心者にもおすすめの株式投資、NISA(小額投資非課税制度)の制度を詳細解説。

  5. 「ボロ株」投資で儲ける方法やコツ、ポイントを解説。ハイリスク・ハイリターン?分散投資がおすすめ?

  6. ダウの犬戦略を日本の株式市場で実践!大型株100銘柄から配当利回り10銘柄を選択して2017年度のシ…

  7. 未成年におすすめの株式投資、ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)の詳細を解説。

  8. 「ポートフォリオ」の意味や重要性を株式投資初心者にわかりやすく解説

  9. 「中長期投資」をわかりやすく解説。株式投資初心者やサラリーマンにおすすめ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP