ユニー・ファミリーマート2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?伊藤忠のTOB(株式公開買付)終了で株価は大幅安。日経平均株価下落の要因に。PERは割高。

2018年8月20日のユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)の株価は10%を超える下落となり、日経平均株価下落の大きな要因となっています。

下落の背景にあったのは伊藤忠によるTOB(株式公開買付)の終了。

ここではユニー・ファミリーマートHDの今後の株価の値動きについてみていきたいと思います。

【2018年10月5日追記】

2018年10月4日に上半期の通期見通しを上方修正することを発表しました。

株価も堅調な推移が続いており、年初来高値更新の可能性があります。

⇒【日経平均株価の詳細を解説

伊藤忠のユニー・ファミリーマートTOB終了で株価大幅下落。 

8月17日(金)のユニー・ファミリーマートHDの株価は、前日比+590円(+5.4%)の11,530円と大幅に上昇して取引を終了しました。

しかしながら週明け本日8月20日(月)の株価は前日比▲1,300円(▲11.3%)の10,230円と、金曜日の上昇分を打ち消して大幅に下落しています。

株価大幅下落の材料となったのは、伊藤忠によるユニー・ファミリーマートHDのTOBが完了し、材料が出尽くしたため、と考えられています。

伊藤忠のTOBには買付予定数量の約2.6倍の応募があり、抽選に外れた投資家による売りも出た可能性が高いです。

⇒【IPO(新規公開株)の詳細を解説

ユニー・ファミリーマート株価上昇・下落の可能性は?目標価格は10,000円以下? 

それではユニー・ファミリーマートHDの日足チャートをみていきましょう。

2018年6月までの株価はきれいな上昇トレンドを形成しており、6月21日には上場来高値となる12,670円を付けました。

しかしながらその後は下落に転じ、現在はピークから20%以上の下落と大きな調整局面に入っています。

テクニカルには本日の大幅安によって、25日移動平均線(緑色)を下抜け、かつ7月31日安値10,240円も下回っていることから、今後も下落していく可能性が高いと思われます。

25日移動平均線と75日移動平均線(水色)がデッドクロスを完成している点も、株価が下落に向かいやすい材料です。

目先は心理的な節目となる10,000円を維持できるかがポイントとなりますが、多くの証券会社は株価の割高感を指摘しており、目標株価を10,000円以下としているところが多いです。

当面は新規の買いは見送り、どこで下げ止まるかを見極めたほうがよいと思います。

⇒【窓、窓開け、窓埋めの詳細を解説

ユニー・ファミリーマートのPER(株価純資産倍率)はセブンイレブン、ローソンと比較して割高。 

コンビニ業界全体が苦戦している中、ユニー・ファミリーマートHDのPERは32.4倍とかなり割高な水準となっています。

コンビニ業界の中でも比較的好調なセブン&アイのPERは19.4倍、同じく苦戦を強いられているローソンのPERは23.9倍と、いかにユニー・ファミリーマートHDのPERが高いかがわかります。

伊藤忠のTOBを材料に期待感から株価は上昇しましたが、材料はすべて出尽くし、具体的な業績改善が見られない限りは、ユニー・ファミリーマートHDの株価は下降トレンドを形成していく可能性は高そうです。

⇒【ローソン2018年8月以降株価上昇の可能性は?銀行業参入へ

ユニー・ファミリーマート年初来高値更新か?【2018年10月5日追記】 

ユニー・ファミリーマートHDの2018年10月4日の株価は前日比+70円(0.6%)の12,200円で取引を終了しました。

上半期決算上方修正は取引終了後の発表であったため、株価への影響がみられるのは10月5日以降となります。

8月22日に9,400円の安値を付けた後、株価は上昇を続けており、6月21日の年初来高値12,670円の更新が視野に入ってきました。

株価が調整したとしても10日移動平均線(ピンク色)でサポートされるようであれば、短期間で更新する可能性が高そうです。

トレードをするのであれば押し目を狙うと良いでしょう。

⇒【伊藤忠、決算上方修正で年初来高値更新
⇒【丸紅株価11年振りの高値へ、今後の値動きは?

ユニー・ファミリーマート2018年9月以降株価上昇・下落の可能性まとめ 

伊藤忠のTOB期待感から上昇を続けてきたユニー・ファミリーマートHDの株価ですが、TOBが終了したことで材料出尽くし感から大きく下落しています。

セブンイレブンやローソンといった競合とのPER比較では、かなり割高な水準であり、今後も下落を警戒した方が良いでしょう。

チャート的にも10,000円以下を割っていく可能性が高そうです。

<こんな記事も読まれています>

⇒【ファミマ、ドンキとのコラボ店好調。株価上昇の可能性は?
⇒【コンビニ大手3社の株で利益をあげるためのポイントや注目点は?
⇒【ドンキホーテ決算好調、渋谷で複合施設の大規模開発へ
⇒【ヤマトHD、異例の決算発表期限延期を申請。株価への影響は?
⇒【ディズニー、ファストパスデジタル化へ
⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説
⇒【ドル円と日経平均株価の相関性は?2018年7月以降の動きは?
⇒【株で失敗しないコツ!株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?
⇒【株で失敗しないコツ!過去検証の方法を解説
⇒【株式投資のメリット・デメリットを解説
⇒【損切りの詳細について解説
⇒【損切りの目安、価格設定の仕方について解説
⇒【サラリーマンだと株式投資は難しいのか?

関連記事

  1. 日通2018年8月以降株価上昇の可能性は?契約社員無期雇用の雇い止めで訴訟に発展する可能性も。201…

  2. 「ソフトバンク」初値は1,463円とIPO公開価格1,500円割れした理由・原因。終値は更に暴落。

  3. 東洋水産2018年12月以降株価上昇・下落の可能性は?マルちゃんシリーズ値上げの影響は?

  4. 燦(サン)キャピタルマネージメントは仕手?2018年10月以降株価上昇・下落の可能性。

  5. くら寿司株価上昇・下落の可能性は?アルバイトが不適切動画投稿の影響は?

  6. ファミマに圧縮陳列でドンキ化が成功する理由!?業績アップの起爆剤とは言えないか?

  7. ユニバーサルエンターテイメント元取締役会長・岡田和生氏、複数の賄賂の容疑で香港ICACが逮捕。株価や…

  8. 丸紅2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?年初来高値更新で11年振りに1,000円突破。

  9. 田淵電機2019年1月以降株価上昇・下落の可能性。時価総額審査終了で上場維持決定。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP