レオパレス施工物件、建築基準法違反の疑い。不備の内容、対象物件数、建築年数などの詳細と対応方法とは?業績や株価への影響は?

レオパレス21は2018年5月29日に緊急会見を行い、施工物件において建築基準法の疑いがあることを公表しました。

ここではその内容と、業績や株価への影響をみていきたいと思います。

レオパレス施工物件、建築基準法違反の疑い。建築年数、不備の内容、対象物件数などの詳細は?補修工事の終了の目途は? 

レオパレスは1996年~2009年に建設した物件において、建築基準法を違反した物件があったと発表しました。

違反の内容としては、遮音性強化や延焼防止のため住戸間の壁が無いか工事に不備があるとのことです。

今後施工済みアパート37,853棟の調査を行い、2019年10月までに補修工事の完了を目指します。

⇒【スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題が株価や業績に与える影響を解説。

⇒【スルガ銀行不正融資認める。株価や業績への影響は

レオパレス施工物件、建築基準法違反の疑い。発生の原因と再発防止策は? 

今回の発生の原因は、以下の2つと考えられています。

① 図面と施工マニュアルの整合性の不備
建設当時に物件のバージョンアップがあり、建物自体の仕様がわかりにくくなっていたり、施工業者に渡している図面とマニュアルの整合性に不備があったとのことです。

② 社内検査体制の不備
自主検査は行っていたものの、図面などとの照合確認は十分に行われていなかったとのこと。

今後は組織と人員体制の見直しなどで体制の強化を行い、チェック体制を整える予定とのことです。

⇒【スルガ銀行を有印私文書偽造の疑いで刑事告発へ

⇒【みちのく銀行不正融資の詳細を解説

レオパレス施工物件、建築基準法違反の疑い。業績や株価への影響は? 

レオパレスは業績への影響は軽微であるとのことで、2019年3月期見通しの変更は行っていません。

株価は記者会見が行われると発表されると、ネガティブに反応し、前日比▲32円(▲3.7%)の824円で取引を終了しています。

以下はレオパレス21の日足チャートです。

安値は一時791円と、2月14日安値798円を下抜けました。

本日は大きな下ヒゲとなって戻してはいるものの、明日売られて本日安値を下抜けるようだと、更なる下値を模索するかもしれません。

テクニカルでも75日移動平均線(水色)を大きく下抜けしているので、5月11日高値1,023円から下降トレンドに転換している可能性があります。

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

⇒【移動平均線の詳細を解説

まとめ 

約3万8千棟の検査及び補修工事を行うと発表しましたが、本当に業績への影響は軽微で済むのか疑問が残ります。

スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題で何かと話題の不動産業界ですが、実はレオパレスもサブリースに関わる訴訟案件を抱えており、今後大きな問題に発展する可能性もあります。

<こんな記事も読まれています>

⇒【東亜道路工業、ニチレキなど8社がカルテルの疑い

⇒【スミダ株インサイダー取引の詳細を解説

⇒【ファミマ、ドンキ流の圧縮陳列導入へ

⇒【丸井、投資信託の販売を開始へ

⇒【シックスパッド・リファのMTGがマザーズへ上場。

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

関連記事

  1. 伊藤忠2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?CITIC減損、ファミマ再評価益の影響。

  2. スタートトゥデイ2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?ZOZO前澤友作社長、月旅行を計画。

  3. JT(日本たばこ産業)2019年12月決算見通し下方修正。詳細や株価への影響とは?ロシアのたばこ会社…

  4. ヤマトHD2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?子会社過大請求問題で2019年3月期第一四半…

  5. スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題を解説。所有不動産のサブリース契約解除により銀行返済が不可能に。…

  6. ソーシャルレンディングのリスク・危険性。最大手「maneo(マネオ)」に損害賠償請求。

  7. 任天堂、スイッチにポケモン・イーブイ投入で収益拡大なるか?株価は期待感から大幅上昇。業績への影響は?…

  8. 東洋水産2018年12月以降株価上昇・下落の可能性は?マルちゃんシリーズ値上げの影響は?

  9. スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題が株価や業績に与える影響を解説。チャートは下降トレンド形成中。純…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP