押し目買いの詳細を初心者に解説。上昇トレンドで高値掴みをしない株式投資のトレード手法。

上昇トレンドの銘柄を順張りで買っているのに、買うとすぐに株価が下落して含み損を抱えてしまう、というような悩みを抱えている人は多いと思います。

確かに順張りは有効なトレード手法ですが、上昇トレンドの銘柄であっても下落調整は必ずあるため、買うタイミングは非常に重要となります。

ここでは、そんな悩みを解決する押し目買いについてみていきましょう。

⇒【トレンドの詳細を解説

⇒【順張りの詳細を解説

押し目買いとは?そのメリット・デメリットとは? 

上昇した株価が下落したポイントを押し目と言います。

上昇トレンドがその後も継続していくのであれば、押し目は絶好の買いポイントとなり、押し目に注目している投資家はとても多いです。

上昇銘柄であってもどこかで利食いの売りから株価が下落していくので、押し目を狙うと高値掴みをしてしまう可能性は低くなり、トレンドが継続すれば利益を上げることができます。

しかしながら、上昇の強い銘柄であれば、押し目を待っていたのに一向に下落せず、一方的に上昇する場合もあり、上昇トレンドに乗り損ねる可能性がある点は、押し目買いのデメリットです。

⇒【株式投資での3つの儲け方を解説

⇒【初心者に伝えたい株式投資の心構えとは

押し目買いのエントリーポイントを移動平均線と組み合わせて見ていこう! 

ここでは、8058 三菱商事の日足チャートを使って、押し目買いのエントリーポイントを見ていきたいと思います。

チャートには25日移動平均線(緑色)と75日移動平均線(水色)を表示しています。

まずこの銘柄のトレンドを判断していきたいと思いますが、25日、75日移動平均線ともに右肩あがりのため、上昇トレンドのチャートとなっています。

チャートの上から、株価、25日、75日移動平均線という位置関係のため、綺麗な上昇トレンドとなっています。

それでは押し目買いのポイントを見ていきましょう。

① 75日移動平均線付近がサポート
最初の赤丸のポイントは、9月26日に2,633円と高値更新し、10月13日には25日移動平均線を下抜けて2,537円の安値を付けて反発を開始したポイントです。上昇トレンドの銘柄では、一旦25日移動平均線を割っても、75日移動平均線付近か、その2本の間で反発することがあります。10月13日安値2,537から反発したのを確認して、買いエントリーします。損切りは10月13日安値2,537円の下か、75日移動平均線の下に置くのが良いでしょう。

② 25日移動平均線付近がサポート
2つ目の赤丸のポイントは、11月9日に2,972円と高値更新し、11月1日には2,716.50円の安値を付けて25日移動平均線付近で反発を開始したポイントです。強い上昇トレンドの銘柄では、25日移動平均線で反発することがあります。25日移動平均線で反発したのを確認して、買いエントリーします。損切りは11月16日安値2,716.50円の下か、25日移動平均線の下に置くのが良いでしょう。

このように移動平均線を使って押し目を狙うことで、利益を上げていくことが可能となります。

押し目を狙わずに上昇トレンド銘柄を買っていくと、青丸のようなポイントで買いエントリーしてすぐに含み損になることがありますので、高値掴みは避けていきましょう。

⇒【移動平均線の詳細を解説

⇒【ゴールデンクロス、デッドクロスを解説

まとめ 

押し目買いは上昇トレンド銘柄で利益をあげていくためには有効なトレード手法です。

移動平均線やその他のテクニカル指標を使いながら、買いのタイミングを探っていきましょう。

RCIも押し目買いをするには相性の良いテクニカル指標です。

<よく読まれています>

⇒【ファンダメンタル分析・テクニカル分析の詳細を説明

⇒【株式投資の真実とは

⇒【初心者に伝えたい株式投資の心構えとは

⇒【RCIの詳細を説明

⇒【RSIとRCIの違いを説明

関連記事

  1. 【下落相場で稼ぐ方法】信用取引で空売りはリスクが高くて危険?2019年株式相場は下降トレンド?

  2. ブレイクアウトの詳細を初心者にわかりやすく解説。エントリーポイントや損切りの設定など具体的なトレード…

  3. 【積立投資】をわかりやすく解説。株式投資初心者におすすめの投資法、メリット・デメリットは?

  4. 「中長期投資」をわかりやすく解説。株式投資初心者やサラリーマンにおすすめ。

  5. 【毎月1万円からの株式投資】おすすめの方法を解説。「積立投資」「投資信託」「個別株」。

  6. メリマンサイクル理論の詳細をわかりやすく解説。平均22週のプライマリーサイクルが日経平均株価で再現可…

  7. 未成年におすすめの株式投資、ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)の詳細を解説。

  8. 株式投資初心者の主婦でも儲けることができる?おすすめのトレード方法。

  9. 景気後退・下落相場の時に株式投資で利益を上げる(儲ける)方法。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP