ボラティリティの詳細を初心者に解説!株価との関係性とは?

相場が大きく動いた際には、ボラティリティが大きくリスクが高くなっている、というような話を見聞きすることがあると思います。

ボラティリティは投資を行っていく際には重要な指標の一つですので、ここではその意味や使い方についてみていきましょう。

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

ボラティリティとは?高い、低いは価格変動にどう影響するのか? 

ボラティリティとは、ある銘柄の価格変動率を示す指標で、価格の変動が大きいほどボラティリティが高く、価格の変動が小さいほどボラティリティは低くなります。

略してボラということもあります。

ボラティリティは投資家の心理を表す指標とも言うことができ、株価が大きく動いた際には投資家は恐怖から通常とは異なる行動をとってしまうことがあります。

一般的には取引量が多く流動性の高い大型株はボラティリティが小さく株価の値動きは安定し、取引量が少なく流動性の低い小型株や新興市場株はボラティリティが大きく株価の値動きは荒くなります。

⇒【株価変動の要因を解説

⇒【大型株、中型株、小型株を解説

ボラティリティと株価の関係を日経平均株価チャートで見てみよう。 

ボラティリティと株価の関係性を、日経平均株価日足チャートを使ってみていきたいと思います。

ボラティリティはチャート下段の赤く囲った箇所で表示されています。

ボラティリティが高くなったポイントを3か所青丸で示していますが、その日のローソク足は値動きが大きくなっているのがわかります。

中でも2つ目の青丸のポイントである2018年2月6日はボラティリティが一番高くなっており、その日の株価は前日比▲1,072円の大陰線で、高値と安値の差は1,199円でした。

ボラティリティは一般的に5を超えると高いと言われています。

⇒【日経平均株価の詳細を解説

⇒【ローソク足の見方を解説

ボラティリティの高い銘柄はスキャルピングやデイトレード向け?代表的なテクニカル指標とは? 

ボラティリティの高い銘柄は値動きが大きくなるということを見てきましたが、ボラティリティの高い銘柄はどのようなトレードスタイルに適しているのでしょうか?

超短期間で行うスキャルピングやデイトレードを行っている投資家は、値動きの大きな銘柄を探して投資しますので、ボラティリティの高さに注目しています。

そのためボラティリティの高い銘柄は短期トレード向きといえます。

ボラティリティを使った代表的なテクニカル指標には、ボリンジャーバンドやART(アベレージ・トゥルー・レンジ)などがあります。

ボラティリティが高いとリスクが高くなるのはもちろんですが、そのリスクを認識した上で適切にリスク管理を行えば、利益を上げるチャンスも大きくなります。

⇒【株式投資のトレードスタイルについて解説

⇒【ATRの詳細を解説

まとめ 

ボラティリティは株価が暴落した際に取り上げられる場合が多く、ネガティブな印象を持たれている方も多いと思います。

ボラティリティが意味するものをしっかりと理解して、リスク管理を行いながら、投資をしていきましょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【時価総額を解説。日本・世界のランキングとは?

⇒【RSIの詳細を解説

⇒【RCIの詳細を解説

⇒【移動平均線の詳細を解説

⇒【ゴールデンクロス、デッドクロスを解説

関連記事

  1. RCIの詳細を初心者に解説!見方や使い方、計算方法とは?株式の売買タイミングを知るのに最適?

  2. ゴールデンクロス、デッドクロスの詳細を初心者に解説。株価のトレンドを予想する上で重要な指標。

  3. 移動平均線の詳細をわかりやすく初心者に解説!具体的なトレード例とは?

  4. 株式投資で使用するローソク足チャートの種類を初心者にわかりやすく解説。それぞれの使い分け方とは?

  5. ボリンジャーバンドの詳細を初心者に解説②。スクイーズ、エクスパンション、バンドウォークの詳細を理解し…

  6. トレンドラインの詳細を初心者にわかりやすく解説。支持線・抵抗線となり押し目買い戻り売りのポイントに。…

  7. フィボナッチの詳細を初心者にわかりやすく解説。数列や比率とは?相場の抵抗や反転を予測する不思議な数字…

  8. 標準偏差について初心者に解説。株式投資のボリンジャーバンドや投資信託を判断するのに重要。

  9. 一目均衡表の見方、使い方を初心者に解説。相場状況を判断して、好転、逆転を見極める。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP