ソーシャルレンディングのリスク・危険性。最大手「maneo(マネオ)」に損害賠償請求。

ソーシャルレンディング最大手の「maneo」が個人投資家57人から計11億円の損害賠償を求める裁判を起こされていることが、2019年3月8日明かになりました。高利回りをうたって資金を集めてきたソーシャルレンディングですが、ここにきてリスクと危険性が露呈しています。

ここではその詳細についてみていきたいと思います。

⇒【「東郷証券」が顧客損失補填の理由

「maneo」利回り高く人気のサービス 

「maneo」は年5.0%~8.0%の利回りが期待できるソーシャルレンディングサービスとして人気で、多くの個人投資家から資金を集めてきました。「maneo」のホームページを見ると利回りが9%以上のものもあり、銀行預金金利と比較すると非常に魅力的な水準となっています。

3万円と小額から投資することができ、また利益は毎月分配される、人気のサービスでしたが、ここ最近は焦げ付きが発生し、問題視されていました。

引用:maneo

⇒【投資グループ「BLUE OCEANS」逮捕詳細

「maneo」の平均利回り 

個人投資家が目指すべき年間の投資利回りは5%程度と言われており、投資のプロであるファンドマネージャーも年平均7%を達成することができれば一流と言われています。「maneo」の利回りは一流のファンドマネージャーにも匹敵するものであり、数字だけをみれば魅力的な水準です。

ただ利回りが高ければその分リスクも高くなります。「maneo」は新しいサービスであり、どこまでしっかりと投資先の見極めを行っていたかも定かではありません。商品には担保ありと担保なしのものがありますが、噂によれば担保ありの投資商品でも担保評価が十分ではないものが多く、焦げ付きが発生した場合には元本を回収することが困難と言われています。

⇒【中村雅俊が詐欺グループセナーと関与?

「maneo」の投資はハイリスク 

「maneo」の投資利回りが高いということは、その高い金利を支払って借入を行っている企業がいるということを意味しています。日本は現在超低金利時代であり、5%以上の金利を支払うのであれば銀行から資金調達した方が、経済的合理性があります。

では「maneo」から資金調達する企業がいるのはなぜでしょうか?金融機関から融資を受けることができなったリスクの高い企業であるということになり、当然そのような企業に貸し付けを行うことはハイリスクとなります。

⇒【塩谷瞬が高利回り投資詐欺被害に

「maneo」集団訴訟 

「maneo」に対する集団訴訟は、うその説明で投資の勧誘をされ、損害が出たとして個人投資家57人が11億円の損害賠償を求めています。被告は「maneo」に加えてファンド事業会社である「グリーンインフラレンディング」、再生可能エネルギー開発会社である「JCサービス」などの4社となっています。

「グリーンインフラレンディング」向けの134億円が延滞されており、15.5億円は投資家に戻る見通し。ソーシャルレンディングとしては過去最大級の訴訟案件となっています。

⇒【ケフィアの干し柿オーナー制度は詐欺?

まとめ 

少し前からリスクが高いと噂になっていた「maneo」が延滞を起こし、個人投資家から集団訴訟を起こされています。高利回りで多くの個人投資家から資金を集めていましたが、その実態はハイリスクな企業・事業に対する投資であり、今後ソーシャルレンディング全体が縮小してくかもしれません。

投資するにしても利回りの高さはリスクに比例することを認識して、投資する必要があります。

<こんな記事も読まれています>

⇒【レオパレス倒産の可能性
⇒【KDDIがカブコムをTOB
⇒【「ラサ工業」押し目買いのタイミング
⇒【「大東建託」アパートオーナーとトラブル
⇒【タカタの元社員がインサイダー取引
⇒【中村雅俊が詐欺グループセナーと関与?
⇒【塩谷瞬が高利回り投資詐欺被害に
⇒【「五洋インテックス」週足逆三尊形成
⇒【「みずほFG」決算大幅下方修正
⇒【「鳥貴族」上場後初の赤字転落

関連記事

  1. マネックス、コインチェック買収による業績改善期待から株価は大幅上昇。仮想通貨交換業開始による株価への…

  2. 日経平均株価3万円、2018/2019年に達成の可能性・シナリオは?2018年後半に25,000円突…

  3. 福島銀行、赤字転落で金融庁から業務改善命令。業績の詳細内容や株価への影響とは?

  4. 「ソフトバンク」IPO(新規公開株式)は買い・おすすめか?理由、仮条件、時価総額など詳細は?

  5. イオン2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?株主優待狙いで個人投資家の買い?決算最高益更新。

  6. 大塚家具2018年8月以降株価上昇の可能性は?赤字経営からの自力再建困難で身売り・スポンサー探しへ。…

  7. ユニー・ファミリーマート2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?伊藤忠のTOB(株式公開買付)…

  8. サカイ引越センター家電リサイクル法違反で是正勧告。エアコンをリサイクルせず横流し・転売へ。業績や株価…

  9. トヨタ過去最高益で株価は上昇トレンドへ。好調な決算続く見込みで史上最高値を更新できるか?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP