ビックカメラ2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?LINE(ライン)Pay還元キャンペーンの影響。

ビックカメラの株価はここ最近大きく下落しており、年初来安値の水準に迫っています。一時は「PayPay」効果による業績改善期待から1,700円まで回復しましたが、そこから20%近くの下落となっています。

そんな中2018年12月21日から今度は「LINE Pay」の還元キャンペーンが開催され、今後の株価への影響に注目が集まります。

ここではビックカメラの株価、「LINE Pay」キャンペーンについてみていきたいと思います。

⇒【「ソフトバンク」初値が公開価格割れした理由
⇒【「ゆうちょ銀行」貯金限度額引き上げ影響

ビックカメラ株価は年初来安値に迫る 


ビックカメラの2018年12月20の株価は前日比▲46円(▲3.2%)の1,414円まで下落しました。一時は1,402円まで下落し、8月21日に付けた年初来安値1,390円に迫っています。

「PayPay」キャンペーンの際には業績改善期待から株価は上昇しましたが、「LINE Pay」キャンペーンでも同様の効果が出るのか注目です。ただ株式市場全体の地合いが悪く、上値は重そうです。

⇒【ホシザキ、決算提出遅延で上場廃止の可能性

ビックカメラ2018年の株価の値動き 

2018年のビックカメラの値動きは、4月11日に年初来高値となる1,942円を付けました。しかしながらその後は下落に転じ、8月21日には年初来安値となる1,390円を付け、12月には「PayPay」効果で1,700円を回復するも、ここにきて1,400円近辺まで下落してきています。

⇒【APAMAN、札幌爆発事故の株価への影響

ビックカメラ テクニカル分析 

ビックカメラ日足チャートのテクニカル分析は、ここ最近の株価急落によって、移動平均線が下向きになろうとしている状況です。連日の下落では移動平均線がサポートして機能せず、一気に割り込んできています。

短期的には年初来安値1,390円を目指す可能性が高く、10月12日の安値1,401円もあるので、そこを割り込んだら下落が加速する可能性があるため、注意が必要です。一方で上昇しても、1,500円や75日移動平均線(水色)がレジスタンスとなる可能性があります。

⇒【移動平均線の詳細を解説

「LINE Pay」ビックカメラで決済開始 

2018年12月21日からビックカメラグループの店舗で「LINE Pay」が使用できるようになることを発表しました。

「LINE Pay」は12月14日から12月31日まで支払総額の20%を残高として還元するキャンペーンを実施しており、ビックカメラでの支払いも対象となります。ただ還元の上限額は5,000円と「PayPay」よりも低く、既に「PayPay」のキャンペーン時に高額商品を購入した人が多いことから、「LINE Pay」の影響はあまりないかもしれません。

⇒【株式投資に運は必要か

ビックカメラ決算への影響は軽微? 

「PayPay」のキャンペーン効果で業績の改善が期待されたビックカメラですが、もしかしたら業績への影響はそこまで大きくないかもしれません。

ここからは完全に推測になってしまいますが、「PayPay」の20%還元の一部をビックカメラが負担しており、通常の売上と比較すると利益率が大幅に低い可能性があります。

「PayPay」は対応できる店舗が少なかったのですが、その理由はキャンペーンの還元率の負担に同意する店舗があまりなかった可能性があると考えるからです。

これは個人的な推測であるため、まずはビックカメラの決算発表を待ちたいと思います。

⇒【売り時の判断方法やタイミング

まとめ 

ビックカメラの株価は年初来安値に迫る水準まで下落しており、そこを割り込んだら更に下落が加速する可能性があるので、要注意です。

「LINE Pay」の決済とキャンペーンが行われていますが、「PayPay」の後でもあり金額も少ないため、ビックカメラの株価への影響はあまりないかもしれません。

<こんな記事も読まれています>

⇒【株で大損・破産する人の特徴
⇒【株式投資・資産運用の必要性を解説
⇒【株式投資に必勝法は存在する?
⇒【株式投資は副業禁止・公務員でもできる?
⇒【「ソフトバンク」株価上昇・下落の可能性
⇒【「ゆうちょ銀行」貯金限度額引き上げ影響
⇒【「ソフトバンク」上場2日目の値動き
⇒【ライザップ赤字転落でストップ安
⇒【「セナー」ビットコイン投資詐欺で逮捕
⇒【中村雅俊が詐欺グループセナーと関与?

関連記事

  1. 総合商社2018年3月期決算、4社が最高益更新。2019年3月期も5社増益で4社が最高益予想。株価へ…

  2. 2019年ゴールデンウィーク(GW)10連休、旅行会社(HIS・ユーラシア)株価は上昇?

  3. JR九州2018年8月以降株価上昇の可能性は?アリババと提携、中国人観光客の増加目指す。アリペイの普…

  4. 東芝メモリ、中国独禁法承認で売却へ。売却価格、売却益や株式譲渡時期は?財務状況や株価への影響は?

  5. スミダ株のインサイダー取引で元社外取締役を逮捕、金額や時期などの詳細とは?株価や業績への影響は?

  6. 三井住友銀行2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?不動産向け不正融資実行の疑い。

  7. レオパレス2018年8月以降株価上昇・下落の可能性。建築基準法違反の影響で2019年3月期第一四半期…

  8. シャープ2018年8月以降株価上昇の可能性は?2019年9月までに国内白物家電の生産終了。親会社鴻海…

  9. 米朝会談中止による株価への影響とは?北朝鮮リスク再燃でダウ平均株価は下落、日経平均株価は?自動車関税…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP