「ソフトバンク」初値は1,463円とIPO公開価格1,500円割れした理由・原因。終値は更に暴落。

「ソフトバンク」が2018年12月19日に東証一部に上場し、注目された初値は1,463円とIPOの公開価格1,500円から▲37円(▲2.5%)となりました。終値は公開価格対比▲218円(▲14.5%)の1,282円となっています。

ここでは「ソフトバンク」初値が公開価格を割れた理由・原因についてみていきたいと思います。

⇒【「ソフトバンク」初値予想と売却のタイミング
⇒【「ソフトバンク」株価上昇・下落の可能性

日経平均株価下落で地合いが悪い 

この日の日経平均株価は前日比▲128円(▲0.6%)の20,987円で取引を終了し、日経平均株価がここ最近軟調に推移していることが、「ソフトバンク」公開価格割れの原因になったと考えられます。

「ソフトバンク」の公開価格1,500円ベースの時価総額は約7.2兆円であり、他のIPO案件と比較すると大規模となっています。新興企業であれば地合いの悪さの影響はあまり受けませんが、「ソフトバンク」の規模となると大きく影響を受けると言えるでしょう。

⇒【IPO(新規公開株)の詳細を解説

通信障害の影響 

「ソフトバンク」は12月6日の13時39分頃~18時4分頃まで大規模な通信障害を起こし、これが初値に影響を与えた可能性もあります。

IPOを控えた直前に起こした通信障害によって、上場日当日に買いを控えて様子見する投資家が多く、売り先行となって初値は公開価格割れ、引けにかけて更に下落幅を拡大したと考えることもできます。

⇒【IPOの「仮条件」の詳細を解説

公開価格1,500円が高すぎる 

「ソフトバンク」初値割れの原因として、そもそも公開価格の1,500円が高すぎるという指摘もあります。今回のIPOの主幹事証券会社は野村證券ですが、仮条件の段階から1,500円で値幅制限を設けていませんでした。

機関投資家からヒヤリングをして仮価格を設定したと考えられますが、「ソフトバンク」の公開価格ベースの時価総額は約7.2兆円。競合他社である「KDDI」の時価総額は約6.3兆円でやや割高感があるようにも感じられます。「ソフトバンク」の終値ベースの時価総額は約6.1兆円です。

⇒【IPOの「ブックビルディング方式」を解説

野村証券が公開価格を高く設定した理由 

野村証券が公開価格を高く設定した理由に、手数料収入を多く得たかった可能性があります。IPO案件における証券会社の手数料は金額に対する%で決まっているため、公開価格が高ければ高いほど、証券会社としては収入が多くなります。

もちろん需給を確認した上で設定した仮条件・公開価格ではありますが、手数料収入を多くほしいという思惑が働いた可能性はありそうです。

⇒【IPOの「ロックアップ」を解説

「ソフトバンク」主幹事証券会社選定の条件 

「ソフトバンク」IPOの主幹事証券会社選定において、親会社の「ソフトバンクグループ」がやっているファンドへの巨額な融資が条件になっていたという話もあります。

証券会社にしてみればこれだけ大規模なIPOは主幹事証券会社になりたいと思うもので、融資だけではリスクや採算が見合わないため、IPOの手数料でカバーしようと考えていたのかもしれません。

⇒【IPO株売却のタイミング

まとめ 

注目の「ソフトバンク」の初値は公開価格を割れましたが、株式市場全体の地合いの悪さ、通信障害の影響、公開価格が高すぎたことが理由として考えられます。

今後の株価の動きに注目が集まりますが、終値は更に下落しており、公開価格まで戻すのは時間がかかるかもしれません。

<こんな記事も読まれています>

⇒【「ソフトバンク」株価上昇・下落の可能性
⇒【「ソフトバンク」初値予想と売却のタイミング
⇒【「ソフトバンク」IPOは買い?
⇒【「上場廃止基準」を解説
⇒【決算の提出期限・延長申請を解説
⇒【APAMAN、札幌爆発事故の株価への影響
⇒【サンリオ下請法違反の株価への影響
⇒【ホシザキ、決算提出遅延で上場廃止の可能性
⇒【ライザップ赤字転落でストップ安
⇒【中村雅俊が詐欺グループセナーと関与?

関連記事

  1. 吉野家2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?決算赤字転落の影響は?

  2. ビットフライヤー・ビットバンクなど仮想通貨取引所6社に業務改善命令。その詳細とは?日本は登録制をいち…

  3. SKIYAKI(スキヤキ)株価上昇・下落の可能性。日足・週足で逆三尊形成

  4. コンコルディアFG2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?東日本銀行、業務改善命令で顧客に数百万…

  5. ゼロックス、富士フイルムとの協力解消しアジアで製品販売へ。買収合意破棄後、初のコメント。賠償10億ド…

  6. マクドナルド2018年8月以降株価上昇の可能性は?期間限定ハンバーガー肉で景品表示法違反。消費者庁か…

  7. ラウンドワン、既存店売上高前年割れで株価大幅安。その詳細や業績への影響とは?日足チャートテクニカル分…

  8. スルガ銀行、横浜銀行(コンコルディアFG)が買収・統合・合併の可能性は?

  9. 富士フイルム2018年3月決算、富士ゼロックス苦戦により営業減益。その詳細と株価への影響は?ゼロック…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP