レオパレス2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?決算赤字転落の影響は?

レオパレス21の2019年3月期決算は従来予想の黒字から一転して赤字に転落することを発表し、株価は大幅に下落しています。

ここではレオパレスの株価の動き、決算下方修正の詳細についてみていきたいと思います。

⇒【レオパレス施工物件、建築基準法違法の疑い
⇒【スルガ銀行不正融資、ガイアの夜明けで特集

レオパレス、決算下方修正の株価への影響は? 

2018年10月30日のレオパレスの株価は前日比▲94円(▲18.0%)の428円で取引を終了しました。

取引中には一時ストップ安となる422円まで下落し、前日に発表した決算下方修正の影響で株は大きく売れられる展開となっています。

2018年のレオパレスの株価は年初から上昇傾向で5月11日には年初来高値となる1,023円を付けました。

しかしながら、その後はテレビにおいて違法建築の報道がされると株価は下降トレンドに転換し、2018年7月以降は600円前後での推移が続いていましたが、2019年3月期決算が赤字転落を発表すると、株価は更に下落しています。

テクニカルには移動平均線から見ると株価は更に下落しやすい状況にあり、今後も安値更新を警戒する時間帯が続きそうです。

ストップ安で引けとはならなかったものの、10月31日以降も値動きの荒い展開が続くことが予想され、明確に反発してくるまでは新規の買いは見送った方が良いでしょう。

⇒【トレンドラインの詳細を解説
⇒【ゴールデンクロス、デッドクロスを解説

レオパレス2019年3月期決算下方修正、赤字転落へ。 

レオパレスが発表した2019年3月期決算見通しは、売上高が前回発表対比▲7.2%の5,130億円、当期純利益は前回発表の115億円の黒字から▲60億円と赤字に転落。

違法建築物件の改修費用を追加計上したことと、120棟1,607戸のアパートを販売したことにより▲75億円の損失が発生したことが、赤字転落の主要因となっています。

レオパレスは土地を保有している地主に対して30年などの長期間の空室保証(サブリース)を行っていましたが、そちらも一方的に解除に動き、アパートオーナーからの訴訟案件も多く抱えています。

今後も業績が下方修正される可能性はあるかもしれません。

⇒【株式投資でお小遣い稼ぎをする方法
⇒【株式投資はいくらから始められる?

まとめ 

レオパレスは違法建築の改修費用やアパートの売却損によって2019年3月期の決算は赤字に転落する見通しとなりました。

その影響もあり株価は大幅に下落し、今後も安値を模索する展開が続きそうです。

レオパレスはアパートオーナーとのサブリース契約についての訴訟案件など、まだまだ決算に影響を与えそうな案件も多いため、株価が上昇するにはかなりの時間を要しそうです。

<こんな記事も読まれています>

⇒【レオパレス施工物件、建築基準法違法の疑い
⇒【大東建託2018年10月以降の株価は?
⇒【TATERU倒産の可能性を分析
⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行と合併?
⇒【静岡銀行・スルガ銀行のビジネスモデル比較
⇒【横浜銀行がスルガ銀行を買収する可能性
⇒【シノケン、週刊新潮不正報道の影響は?
⇒【塩谷瞬が高利回り投資詐欺被害に
⇒【川金HD検査データ改ざん、株価への影響は?
⇒【マネックス2018年11月以降の株価は?

関連記事

  1. マネックス証券2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?コインチェック取引再開?

  2. 「ソフトバンク」2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?IPO初値が公開価格割れした影響。

  3. 「グレゴリー・ケリー」「カルロス・ゴーン」逮捕の日産株価への影響。割安で絶好の買い場?

  4. トヨタ「アルファード」「ベルファイア」リコールへ。原因などの詳細内容と株価への影響は?

  5. ゆうちょ銀行2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?貯金限度額引き上げの影響。

  6. スルガ銀行2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?預金流出の影響で倒産?日経新聞が報道。

  7. 積水ハウス2018年7月以降株価上昇の可能性は?土地取引の詐欺被害で株主が阿部俊則会長を提訴。日足チ…

  8. パチンコ業界2020年「東京オリンピック」前後に倒産急増か?ギャンブル依存症対策の「出玉規制」の影響…

  9. スルガ銀行2018年8月以降株価上昇の可能性は?不正融資は営業部門統括の元専務執行役員が主導し、審査…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP