「中長期投資」をわかりやすく解説。株式投資初心者やサラリーマンにおすすめ。

株式投資にはさまざまなトレードスタイルがあるが、短期ので売買したり株価の値動きを気にするのに疲れてしまっている人も多いでしょう。

そんな人におすすめなのが「中長期投資」です。

割安な株を保有して時間をかけて上昇を狙っていく方法で、日々の値動きはあまり気にしなくても良いので、株式投資初心者やサラリーマンにもおすすめの投資方法。

ここでは「中長期投資」についてみていきたいと思います。

⇒【株の短期トレードは難しくて儲からない?
⇒【株式投資は楽しい?楽しむコツや方法は?

「中長期投資」の特徴やメリット 

「中長期投資」の特徴は、半年~数年といった長い時間をかけての値上がりを狙っていくことです。

保有期間が長くなりますので、その間の配当や株主優待を受け取ることができるというメリットがあります。

「中長期投資」ではチャートを使うテクニカル分析も、決算情報を分析するファンダメンタル分析もどちらでも好きな方を使うことができます。

またその両方を組み合わせてみるのも良いでしょう。

それではそれぞれどのように使っていくのかを見ていきたいと思います。

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説
⇒【株の4つのトレードタイプを解説

テクニカル分析で「中長期投資」をする方法 

テクニカル分析を使って「中長期投資」を行う場合には、週足や月足といった長い時間軸のチャートを使うのが一般的です。

株には長期間で一定の値動きのサイクルがあることが多いので、それに注目してみると良いでしょう。

長期的にみて株価が割安な水準にあるのであれば、その銘柄を保有して寝かせておけば、数年後には数倍になっているという可能性もあります。

株価が10倍になるテンバガーを狙うのであれば、「中長期投資」が基本になりますので、うまくいったときの爆発力は大きいです。

買いのエントリーの際には日足チャートでタイミングを計っていくというのも良いでしょう。

日足チャートで売買しながら、月足のような大きな値動きを取ることができるのは「中長期投資」の大きな醍醐味の一つです。

⇒【ローソク足の見方を解説
⇒【ローソク足チャートの種類と使い分けを解説

ファンダメンタル分析で「中長期投資」をする方法 

ファンダメンタル分析で「中長期投資」をする場合には、PER(株価収益率)がPBR(株価純資産倍率)に注目するという人が多いです。

ともに株価の割安さをはかる指標ですが、PER・PBRともに市場全体や業界での平均を意識しながら、注目されずに割安になっている銘柄を探していくと良いでしょう。

さらに配当利回りが高い銘柄ですと、個人投資家からの人気が高く、株価が下落するリスクは少ないです。

このあたりの指標を使いながら銘柄を探して、長期的に買いが集まるまで放置していきます。

⇒【PERの詳細を解説
⇒【PBRの詳細を解説

まとめ 

「中長期投資」についてまとめると、そのまま時の通り半年から数年といった長い時間保有して株の値上がり益と配当・株主優待の両方を狙っていく手法。

頻繁にトレードすることもなく、日々の値動きも気にする必要がないので、ゆったりと株式投資を行うことができ、初心者やサラリーマンにもおすすめの手法。

チャートを使ったテクニカル分析も決算情報を使ったファンダメンタル分析も使うことができる。

うまくいったときには株価が数倍になることも珍しくない。

<こんな記事も読まれています>

⇒【株式投資の成功率とは?
⇒【専門用語を知らなければ儲からない?
⇒【株式トレードソフト購入はおすすめ?
⇒【株式投資の無料相談は危険な理由
⇒【株式投資はタイミングが重要!?
⇒【株式投資で早期退職は可能?
⇒【株の短期トレードは難しくて儲からない?
⇒【株式投資は楽しい?楽しむコツや方法は?
⇒【サラリーマンがiDeCoを活用すべき理由
⇒【初心者にはスイングトレードがおすすめ

関連記事

  1. 戻り売りの詳細を初心者に解説。株式投資で使える、下降トレンドで儲けるためのトレード手法。

  2. 初心者にもおすすめの投資の新制度、つみたてNISAの制度を詳細解説。

  3. メリマンサイクル理論の詳細をわかりやすく解説。平均22週のプライマリーサイクルが日経平均株価で再現可…

  4. ダウの犬戦略の詳細を初心者にわかりやすく説明。ダウ平均株価のパフォーマンスを上回ることが多いという投…

  5. 押し目買いの詳細を初心者に解説。上昇トレンドで高値掴みをしない株式投資のトレード手法。

  6. ダウの犬戦略を日本の株式市場で実践!大型株100銘柄から配当利回り10銘柄を選択して2017年度のシ…

  7. 逆張りについて初心者に説明!株式投資のトレードの基本戦略を知る。

  8. ブレイクアウトの詳細を初心者にわかりやすく解説。エントリーポイントや損切りの設定など具体的なトレード…

  9. 【下落相場で稼ぐ方法】信用取引で空売りはリスクが高くて危険?2019年株式相場は下降トレンド?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP