あおぞら銀行2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?自前ATM廃止でゆうちょ銀行に置き換え。コスト削減による業績への影響は?

あおぞら銀行は2018年8月27日から自前のATM廃止の作業を開始しました。

低金利の長期化や人口減少による融資先の減少から、銀行業界の経営状況は厳しく、多くの銀行にとって、コスト削減は急務となっています。

あおぞら銀行はコストの高いATMを廃止し、経営状況の改善に取り組むことを決定しました。

ここではあおぞら銀行自前ATM廃止、株価や業績に与える影響についてみていきたいと思います。

⇒【ドルコスト平均法を解説

あおぞら銀行ATM廃止でコスト削減へ。ゆうちょ銀行ATMへ切り替え。 

あおぞら銀行は1957年4月設立で、東京都千代田区麹町に本社を構える銀行です。

日本全国19店舗に設置されている自前のATMを廃止し、ゆうちょ銀行のATMに切り替えを行っていきます。

ゆうちょ銀行のATMでは8時から20時までは利用手数料を無料とし、既存の顧客にコスト増とならないように配慮。

大手メガバンクもコスト削減のためにATM削減を検討している中、あおぞら銀行はいち早く動き出し、多くの注目を集めています。

今後他の銀行も追随し、銀行業界全体としてATM削減に向けて動き出すのか、注目です。

⇒【NISAの詳細を解説

あおぞら銀行の決算推移は? 

あおぞら銀行の2018年3月期決算は、売上高が前期比+10.5%の1,488億円、経常利益が前期比+12.0%の579億円、当期純利益が前期比▲1.8%の430億円となっています。

2019年3月期決算見通しは、経常利益が前期比+0.9%の585億円、当期純利益が前期比▲0.1%の430億円を見込んでいます。売上高見通しは発表していません。

あおぞら銀行の当期純利益はここ7年間430億円前後となっており、2019年3月期が見通し通りとなれば8年間ほぼ横ばいとなっています。

低金利や人口減少で銀行全体の業績が厳しい中、横ばいを維持できているという見方もできますが、成長もできていない状況です。

あおぞら銀行はまず自前ATMを切り替えてコストを削減、業績改善に寄与するのか注目が集まります。

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

あおぞら銀行株価上昇・下落の可能性は?年初来安値更新で軟調な展開。 

あおぞら銀行の2018年8月27日14時過ぎの株価は、前日比+35円(+0.9%)の3,990円で推移しています。以下はあおぞら銀行の日足チャートです。

2018年のあおぞら銀行の株価は7月までほぼ横ばいでの推移でしたが、2019年3月期第一四半期決算が減益であることが発表されると8月に入って下落しています。

8月16日には年初来安値となる3,835円を付け、現在も安値圏での推移となっています。高値も1月15日4,660円、2月2日4,585円、5月15日4,495円、7月30日4,350円と切り下げている状況で、下降トレンドを形成しています。

テクニカルには10日(ピンク色)・25日(緑色)・75日(水色)の3本の移動平均線が下向きとなっており、下落に向かいやすいチャートとなっています。

現在の株価は10日移動平均線を上回ってはいますが、25日移動平均線より下に位置している限りは、下落に警戒する時間帯となります。目先は年初来安値の3,835円を維持できるかがポイントです。

株価が上昇に向かうためには、25日移動平均線を回復する必要がありますが、やや離れているため時間を要しそうです。

⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイント

あおぞら銀行2018年9月以降株価上昇・下落の可能性まとめ 

あおぞら銀行の株価は年初来安値を更新したばかりであり、軟調な展開となっています。しばらくは下値を模索する展開が続きそうです。

コスト削減のためのATM切り替えが今後業績にどのような影響を与えるのか注目です。

銀行業界全体として経営状況が厳しい中、あおぞら銀行の動きをきっかけとしてATM削減が進んでいくのか、注目が集まります。

<こんな記事も読まれています>

⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?
⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説
⇒【地方銀行株で利益を上げるための方法やポイントとは?
⇒【宅配ボックス設置規制緩和、宅配業者への影響は?
⇒【日経新聞を無料で読む方法
⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?
⇒【静岡銀行・スルガ銀行のビジネスモデル比較
⇒【菅官房長官発言で携帯電話会社の株価下落
⇒【吉野家、定期券販売の影響は?
⇒【伊藤忠、西友買収検討か?株価への影響は?
⇒【十八銀行・ふくおかFG経営統合承認で株価上昇

関連記事

  1. 東芝2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?赤字転落でリストラ自社株買いを発表。

  2. エンゼルス大谷翔平関連銘柄とは?活躍で株価は上昇!?日経平均株価の上昇率との比較は?森永製菓、セイコ…

  3. コインベース日本で仮想通貨取引所開設へ。その詳細や日本進出の目的とは?株主には三菱UFJ。

  4. 富士フイルム2018年8月以降株価上昇の可能性は?ゼロックス買収破棄が要因となるか?ゼロックスは売却…

  5. スミダ株のインサイダー取引で元社外取締役を逮捕、金額や時期などの詳細とは?株価や業績への影響は?

  6. トヨタ「アルファード」「ベルファイア」リコールへ。原因などの詳細内容と株価への影響は?

  7. ミクシィ2018年8月以降株価上昇の可能性は?2019年3月期第一四半期決算は大幅減益。「チケットキ…

  8. 「司法取引制度」の詳細をわかりやすく解説。日産カルロス・ゴーン会長逮捕で適用。

  9. 日清食品2018年12月以降株価上昇・下落の可能性。チルドの冷蔵麺製品値上げの影響。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP