清水建設2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?リニア新幹線談合・独占禁止法違反で罰金2億円を求刑。業績への影響は?鹿島、大林組、大成建設も関与

JR東海が発注するリニア新幹線の関連工事において、談合に関与していたとして起訴された清水建設の求刑公判が2018年8月24日に東京地裁で行われました。

ここでは清水建設の求刑内容と業績や株価に与える影響についてみていきたいと思います。

⇒【パチンコより株式投資をおすすめする3つの理由

清水建設、リニア新幹線談合・求刑の内容とは?鹿島、大林組、大成建設も関与。 

検察側は清水建設に罰金2億円を求刑し、判決は10月22日に下る予定となっています。

リニア新幹線の関連工事にあたっては、清水建設、鹿島、大林組、大成建設の4社が談合したうえで見積価格を提出した疑いがもたれており、起訴されています。

これらの法人4社に加えて、鹿島専任部長の大沢一郎容疑者、大成建設元常務執行役員の大川孝容疑者も起訴。

清水建設の元専務執行役員と大林組の元副社長らは自主的に違反を申告したため、不起訴処分となっています。

リニア新幹線は2027開業を目指す、総工費役9兆円の国家的プロジェクトで、国民の関心が高く、大手企業が談合を行っているという驚きの事件となりました。

⇒【スルガ銀行の年収・ボーナスの概要とは?

清水建設2019年3月期決算見通しは?リニア新幹線談合の業績への影響は? 

清水建設の2019年3月決算見通しは、売上高は1兆7,900億円、経常利益は1,260億円、当期純利益は910億円となっております。

今回の公判で求刑を受けた罰金2億円が業績に与えるインパクトはそれほど大きくありませんが、談合という社会的信頼を損なう行為を行ったため、今後の商売に影響を与える可能性は否定できません。

⇒【大塚家具株価上昇の可能性は?身売り・スポンサー探しの影響は?

清水建設、今後の株価の値動きは? 

清水建設の2018年8月24日の株価は前日比+13円(+1.3%)の992円で取引を終了しており、リニア新幹線談合による罰金求刑の影響は特にみられていません。以下は清水建設の日足チャートです。

2018年の清水建設の株価は方向感のない典型が続いています。3月26日には年初来安値895円を付けた後、株価は上昇に転じ、7月26日には1,200円まで上昇しました。

しかしながら、7月26日にジャカルタでの訴訟案件の賠償金額が確定すると、株価は下落に転じ、現在は安値圏での推移が続いています。

テクニカルには10日・25日・75日の移動平均線が下向きとなっており、株価は下落しやすいチャートとなっています。

25日移動平均線(緑色)と75日移動平均線(水色)はデッドクロスを完成していることも、株価下落の材料となりやすいです。

目先は8月16日安値960円を維持できるかがポイントとなります。

⇒【テンバガーの詳細を解説。2018年の候補をランキング

清水建設2018年9月以降株価上昇・下落の可能性まとめ 

清水建設の株価は安値圏での推移となっており、しばらくは下落を警戒する時間が続きそうで、年初来安値更新の可能性もあるかもしれません。

リニア新幹線談合による短期的な決算への影響はなさそうですが、失った信頼によるダメージは大きく、今後どのように影響がでてくるのか注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?
⇒【ガイア粉飾決算を内部告発する怪文書がマスコミへ
⇒【IHI株価上昇の可能性は?国税局から申告漏れの指摘
⇒【ヤマトHD、異例の決算発表期限延期を申請。株価への影響は?
⇒【京都銀行不祥事、株価への影響は?
⇒【菅官房長官発言で携帯電話会社の株価下落
⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?
⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説
⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイント
⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイント
⇒【サラリーマンがiDeCoを活用すべき理由

関連記事

  1. 日本製紙、工場停止で生産縮小へ。2019年3月期決算や株価への影響は?200億円の特別損失計上で赤字…

  2. JR九州2018年8月以降株価上昇の可能性は?アリババと提携、中国人観光客の増加目指す。アリペイの普…

  3. マクドナルド2018年8月以降株価上昇の可能性は?期間限定ハンバーガー肉で景品表示法違反。消費者庁か…

  4. 高島屋海外店舗黒字化へ。時期や詳細とは?業績や株価への影響は?

  5. あおぞら銀行2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?自前ATM廃止でゆうちょ銀行に置き換え。コス…

  6. 総合商社2018年3月期決算、4社が最高益更新。2019年3月期も5社増益で4社が最高益予想。株価へ…

  7. TATERU(タテル)、GA technologies株をSBI証券に売却、23億円の有価証券売却益…

  8. ヤマト過大・水増し請求の影響額31億400万円を計上し、2019年3月期決算修正へ。子会社ヤマトホー…

  9. 積水ハウス2018年8月以降株価上昇の可能性は?男性社員1ヶ月以上の育休完全取得する制度を9月から導…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP