パチンコ業界2020年「東京オリンピック」前後に倒産急増か?ギャンブル依存症対策の「出玉規制」の影響も。

東京商工リサーチの発表によると、2017年のパチンコホールの倒産件数は29件と2016年の12件から大きく増えました。

倒産の主な原因は販売不振による売上減少で、パチンコ業界が厳しい状況にあることがわかります。

2018年2月からはギャンブル依存症対策として「出玉規制」が適用され、今後はますます厳しい状況が予想されています。

ここではパチンコ業界の今後についてみていきたいと思います。

⇒【大塚家具株価上昇の可能性は?身売り・スポンサー探しの影響は?

パチンコ「出玉規制」の詳細とは?経過期間中の影響は軽微? 

2018年2月から適用される「出玉規制」では、パチンコ大当たりの出玉上限が2,400個から1,500個に引き下げられる形となりました。

「出玉規制」はギャンブル依存症対策として取り入れられ、もうけの期待値を下げることで、負けている時に挽回しよういう気持ちを抑えることを目的としています。

ギャンブル依存症の人に対してどこまでの効果を発揮するかはわからないが、「出玉規制」によってパチンコへの客足は遠のく可能性は高いと考えられています。

ただ一気に全ての機種に対して「出玉規制」を適用してしまうと、パチンコ業界に与える影響が大きいため、3年間の経過期間が設けられています。

この経過期間中は、「出玉規制」が適用されていない機種の稼働が可能であるため、影響が出るとすれば経過期間終了の2021年頃になるでしょう。

⇒【株式投資の真実とは

パチンコ業界が「東京オリンピック」の影響を受ける理由とは? 

実際にパチンコホールの現場の話では、客足事態は減少傾向にあるものの、それはここ数年の流れと変わらないため想定内で、「出玉規制」による影響は特に見られていないとのことでした。

やはり影響が大きく出るのは「出玉規制」の経過措置が終了する2021年。

そして2020年に開催される「東京オリンピック」も大きく影響するとも考えられています。

「東京オリンピック」のような大型の国際イベントが開催されると、警備対応などで警察は忙しくなります。

そうなるとパチンコやパチスロの新台の検査には人員が割けなくなり、パチンコホールは新台の導入が実質的にできなくなってしまう可能性が高くなります。

新台の入荷状況は、既存客を飽きさせないためには重要な要素となっており、新台がなければパチンコに行かないという人が増えてしまうかもしれません。

また「東京オリンピック」では多くの外国人観光客が来日するため、イメージの悪いパチンコや風俗などの業界は規制がある可能性も指摘されています。

パチンコ業界は「東京オリンピック」を境に大きな転換点を迎えるかもしれません。

⇒【株式投資のメリット・デメリットを解説

パチンコ業界2020年「東京オリンピック」前後に倒産急増まとめ 

パチンコホールの倒産件数も増え、客足が右肩下がりのパチンコ業界。

2018年2月に導入された「出玉規制」は3年間の経過措置があるため、現時点での影響は軽微ですが、経過措置終了時には大きな影響が出る可能性が高いです。

そして2020年「東京オリンピック」の際には、新台導入ができなかったり、訪日外国人対策としてパチンコ自体が規制される可能性もあり、大きな転換点を迎える可能性があります。

<こんな記事も読まれています>

⇒【株で失敗しないコツ!株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?
⇒【株で失敗しないコツ!逆指値注文で確実に損切りしよう
⇒【株式投資での3つの儲け方を解説
⇒【トレンドの詳細を解説
⇒【株価変動の要因を解説
⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?
⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説
⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイントとは?
⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイントを解説

関連記事

  1. 積水ハウス2018年7月以降株価上昇の可能性は?土地取引の詐欺被害で株主が阿部俊則会長を提訴。日足チ…

  2. 「セナー(SENER)」ビットコイン投資詐欺で投資グループ逮捕

  3. 百貨店5社配送料値上げでカルテル、独占禁止法違反で課徴金命令へ。高島屋、近鉄百貨店、阪急阪神百貨店、…

  4. 丸井、つみたてNISA対象の投資信託を販売開始へ。販売開始時期などの詳細や証券事業参入の狙いとは?株…

  5. 日本製紙、工場停止で生産縮小へ。2019年3月期決算や株価への影響は?200億円の特別損失計上で赤字…

  6. ミクシィ2018年8月以降株価上昇の可能性は?2019年3月期第一四半期決算は大幅減益。「チケットキ…

  7. メルカリ2018年6月19日に東証マザーズ上場へ。時価総額は最大で3,700億円規模と想定される大型…

  8. 「東洋証券」株価上昇・下落の可能性は?「回転売買」による行政処分の影響は?

  9. TATERU(タテル)が倒産(潰れる)する可能性を分析。預金残高改ざん・水増し、見せ金無利息融資など…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP