タカラトミー2018年8月以降株価上昇の可能性は?2019年3月期決算発表でストップ高。上方修正の詳細内容とは?「リカちゃん」「プラレール」「デュエル・マスターズ」売上好調。

タカラトミーは2018年8月7日に2019年3月期第一四半期決算の発表を行いました。決算発表を受けて、株価はストップ高となり、今まで安値圏で推移していた株価に見直しの動きが入っています。

ここではタカラトミー決算発表の内容、株価の動きについてみていきたいと思います。

⇒【ストップ高・ストップ安、株価の値幅制限を解説

タカラトミー2019年3月期第一四半期決算発表。上半期は上方修正も通期は据え置き。 

タカラトミーの2019年3月期第一四半期決算は、売上高が前期比▲0.4%の383億円、四半期純利益が前期比+0.7%の12億円と、ほぼ前年同期から横ばいになっています。

しかしながら、2019年3月期上半期決算見通しは、「リカちゃん」「デュエル・マスターズ」「ベイブレードバースト」などの売上が好調であることから、上方修正。売上高は前回発表830億円から+4.8%の870億円、上半期純利益は前回発表25億円から+52.0%の38億円に上方修正しました。

通期業績予想については、今後の推移を踏まて変更するとし、据え置きとしています。売上高は前期比▲3.0%の1,720億円、当期純利益は前期比▲24.6%の60億円となっています。

⇒【年初来高値、年初来安値を解説

タカラトミー株価ストップ高。今後本格的に上昇する可能性は?決算発表の影響は? 

2018年8月8日のタカラトミーの株価は、前日比+150円(+16.7%)の1,048円と、決算発表を受けてストップ高で取引を終了しました。以下はタカラトミーの日足チャートです。

2018年のタカラトミーの株価は、年初に大きく暴落した後下降トレンドが続いており、6月26日には年初来安値となる854円を付けました。その後も安値圏での推移となっていましたが、2019年3月期第一四半期決算発表を受けて、割安な株価に見直しが入り、ストップ高と一気に上昇しています。

テクニカルには3本の移動平均線が横ばいとなっており方向感のない展開となっていましたが、ストップ高により75日移動平均線(水色)を突破してきています。このまま75日移動平均線より株価が上で推移していけば、さらに上昇に向かう可能性は高いでしょう。

⇒【株で失敗しないコツ!株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?

タカラトミーのPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、配当利回りからみた株価の水準は割安か? 

8月8月終値時点のタカラトミーの連結PER(株価収益率)は16.5倍と、ストップ高になったことで日経平均株価採用銘柄平均に近づいてきています。2019年3月期通期見通しは今回据え置きましたが、今後上方修正されるようだと、PERは再度割安な水準となって、買いが入る可能性はありそうです。

連結PBR(株価純資産倍率)は1.8倍で割安感はありません。配当利回りは1.3%と高い水準ではないものの、配当利回りがあることで投資家の買いが入りやすい状況となるかもしれません。

⇒【PERの詳細を解説

タカラトミー2018年8月以降株価上昇の可能性まとめ 

タカラトミーの株価は安値圏で推移していましたが、決算発表を受けて見直しの買いが入り、ストップ高で取引を終了しています。通期の決算予想は据え置きましたが、今後上方修正する可能性もあり、今後株価が上昇に向かうことが期待されます。

<こんな記事も読まれています>

⇒【地方銀行株で利益を上げるための方法やポイントとは?
⇒【宅配・運送業者株で利益を上げるための方法やポイントとは?
⇒【カルテルの詳細をわかりやすく解説
⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイントとは?
⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイントを解説
⇒【海運業界株で利益を上げるためのポイント。日本郵船と川崎汽船の統合の可能性は?
⇒【仕手株の詳細をわかりやすく解説
⇒【ワタミ2018年8月以降株価上昇の可能性は?
⇒【ユニバーサル元取締役岡田氏、香港で逮捕
⇒【いきなりステーキ客数減少で株価大幅安
⇒【ペッパーフードサービス2018年8月以降株価上昇の可能性は
⇒【森永製菓2018年8月以降株価上昇の可能性は?
⇒【IHI株価上昇の可能性は?国税局から申告漏れの指摘

関連記事

  1. 伊藤忠2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?決算見通し5,000億円に上方修正。

  2. イオン2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?株主優待狙いで個人投資家の買い?決算最高益更新。

  3. トヨタ過去最高益で株価は上昇トレンドへ。好調な決算続く見込みで史上最高値を更新できるか?

  4. 東芝、NYタイムズスクエアの看板撤去へ。その原因や理由は?業績や株価への影響は?

  5. ドンキホーテ、西友の不動産狙いで買収か?ウォルマートが日本撤退で売却する可能性。売上高や買収金額の予…

  6. パイオニア2018年11月以降株価上昇・下落の可能性。2019年3月期上半期は赤字拡大。

  7. メルカリ時価総額4,000億超えか?公開価格の仮条件決定。東証マザースへの上場日は6月19日。IPO…

  8. gumi仮想通貨ファンドへ出資し、ブロックチェーン事業へ参入。株価や業績への影響は? ファンド総額は…

  9. TATERU(タテル)が倒産(潰れる)する可能性を分析。預金残高改ざん・水増し、見せ金無利息融資など…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP