ガイア粉飾・不正決算の疑い、パチンコ店社員が内部告発。マスコミに配布された怪文書では監査法人アバンティアの関与も指摘、その内容とは?警視庁に被害届を提出。

全国に168のパチンコ店を展開するガイアが不正会計を行ったという怪文書がマスコミに出回っており、話題となっています。これに対してガイアは怪文書の内容を否定しました。

ここではガイアに関する怪文書の内容についてみていきたいと思います。

⇒【スルガ銀行不適切融資は1兆円では済まない!?

ガイア社員がマスコミに配布した怪文書の内容とは?不正・粉飾決算の詳細は?東芝やはれのひとの比較も。 

ガイアの怪文書がマスコミに配布されたのは2017年7月上旬で、文書の作成はガイア及びガイアの関連会社・関係会社の有志一同で、内部告発となっています。

文書では2016年5月期決算の経常利益18億円の内、約90%の16.8億円が水増しされており、粉飾決算であることを指摘しています。

粉飾決算という意味では「東芝」と同じであり、割合から考えると悪質性は上回ります。また、先日話題となった「はれのひ」の社長が売上高を粉飾した決算で、銀行から融資を受けた事件も引き合いに出し、粉飾決算で金融機関をだまして融資を受けたという事実は同じであり、その規模は「はれのひ」を大きく上回っているとも指摘しています。

⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイントとは?

ガイア社員が内部告発で不正・粉飾決算を指摘した理由や背景は?会計監査法人アバンティアに対する不信感も。 

内部告発の文書では、ガイアの隠ぺい体質とガイアの会計監査法人であるアバンティアに対する不信感についても述べられています。

ガイアはアバンティア代表社員に対して過剰な接待を行ったり、アバンティア子会社に対して内容が不透明なコンサル料の支払いがあったり、ガイア社員全員に対して著作物の配布を行ったり、公認会計士・監査審査会から金融庁に行政処分勧告も出されていることも指摘しています。

アバンティアに対する情報提供のみでは、もみ消される可能性が高いと判断し、内部告発の文書をマスコミに配布するに至ったと説明しています。

文書ではガイアの経営陣を一掃して、新たな経営陣によって会社の再生を望んでいます。

しかしながら、ガイア社内では、グループ全体で有利子負債が1,500億円を超えたとの噂が出回っており、返済をする見込みもなく、粉飾決算を繰り返して、金融機関を騙してまで生き残るべきとは思わない、とのことです。

上司からの命令で粉飾決算に関わり、罪の意識を感じている社員もいて、会社が破綻してもやむを得ないという覚悟が記されています。

⇒【パチンコより株式投資をおすすめする3つの理由

ガイアの不正・粉飾決算怪文書に対する対応は?警視庁に被害届も提出。 

これに対してガイアは、2018年7月24日に、粉飾決算を否定する文書を出しました。7月17日にはアバンティアに対して、文書で指摘された決算について確認を求めたところ、会計処理は適切であるとの意見を得たとのことでした。

今回の怪文書は放置することはできず、7月20日には警視庁に被害届を提出。今後の捜査に全面的に協力をし、文書作成に関わった者には厳正な処分をする方針です。

⇒【ジャストプランニング社長の不正行為で株価大幅下落。その詳細とは?

ガイア粉飾・不正決算の疑い、社員が内部告発まとめ 

ガイアの不正・粉飾決算の内部告発が話題となっていますが、信ぴょう性は今のところわかりません。警視庁の捜査も始まるとのことで、今後の動きに注目が集まります。

<こんな記事も読まれています>

⇒【パチンコより株式投資をおすすめする3つの理由
⇒【パチンコ業界「東京オリンピック」で倒産急増?
⇒【スルガ銀行不適切融資は1兆円では済まない!?
⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?
⇒【日経新聞を無料で読む方法
⇒【株式投資の真実とは
⇒【初心者に伝えたい株式投資の心構えとは
⇒【株式投資のメリット・デメリットを解説
⇒【サラリーマンだと株式投資は難しいのか?
⇒【株式投資での3つの儲け方を解説
⇒【不動産投資セミナーに参加する際注意すべき3つのポイントとは?
⇒【サラリーマンが不動産投資で利益を上げる仕組み・方法を解説
⇒【株で失敗しないコツ!株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?
⇒【株で失敗しないコツ!過去検証の方法を解説
⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?

関連記事

  1. J-REIT(リート)は2018年8月以降も上昇トレンド継続か?東証J-REIT指数は日経平均株価の…

  2. ソルガム粉飾決算の疑いで強制調査。その内容詳細とは?株価や業績への影響は? JASDAQに上場。

  3. 伊藤忠2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?CITIC減損、ファミマ再評価益の影響。

  4. 東海カーボン業績上方修正で株価は大幅上昇。上場来高値2,016円更新に向けての上昇となるか。

  5. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?

  6. 韓国仮想通貨取引所大手「ビッサム」サイバー攻撃で約35億円の仮想通貨リップルなど流出へ。「コインレイ…

  7. 「司法取引制度」の詳細をわかりやすく解説。日産カルロス・ゴーン会長逮捕で適用。

  8. タカラトミー2018年8月以降株価上昇の可能性は?2019年3月期決算発表でストップ高。上方修正の詳…

  9. メルカリ上場(IPO)時のオーバーアロットメント(売出)・グリーンシューオプションの意味とは?公開価…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP