アサヒ、高アルコールビール「クリアアサヒ クリアセブン」発売へ。サントリー「頂」キリン「本麒麟」へ対抗。ストロング系缶チューハイのシェアを奪えるか?業績や株価への影響とは?

アルコール飲料の高アルコール化が進んでいます。缶チューハイではアルコールが9%前後の「氷結ストロング」や「マイナス196℃ストロングゼロ」が人気で、市場規模は2倍にまで膨らんでいます。

その流れが今、ビール系飲料にも広がりつつあります。ビール系飲料のアルコールは5%前後が主流でしたが、6%を超える商品が次々と発表され、競争は激しくなりそうです。

ここではアサヒビールが発表した高アルコールビール「クリアアサヒ クリアセブン」と競合の商品についてみていきたいと思います。

アサヒ、高アルコールビール「クリアアサヒ クリアセブン」発売へ。その概要とは? 

アサヒビールは2018年7月3日から高アルコールビールの新商品「クリアアサヒ クリアセブン」を発売します。アルコール度数は7%と従来のビール系飲料を上回り、高アルコール飲料需要の取り込みを狙います。

他メーカーも高アルコールビールに力を入れており、サッポロビールは6月5日に「LEVEL9贅沢ストロング」を発売し、アルコール度数は9%となっています。サントリーはアルコール度数8%のビール系飲料「頂」を、キリンはアルコール度数6%の「本麒麟」を発売済みです。

こうした動きの背景には、消費者の高アルコール飲料に対する需要の増加があります。高アルコールのため、従来より少ない本数で気軽に酔える点が人気となっています。

一方でメーカーとしてはアルコール飲料の販売量の減少に繋がる恐れがありますが、既に缶チューハイで実績があり、シャアを奪われる可能性があるため、高アルコールビール飲料の販売に動き出しました。

アサヒ、高アルコールビール「クリアアサヒ クリアセブン」発売へ。高アルコールビールの歴史や市場規模とは? 

サントリーは他のメーカーに先駆けて、2009年にアルコール度数8%の商品を投入しましたが、その当時は不評で売り上げは伸びませんでした。ところがここにきて味や飲みやすさが改善されて、一気に市場規模は拡大しつつあります。

高アルコールビール市場は、2018年は前年対比約30%増加すると予想するメーカーもあります。高アルコールビールの販売量は、第3のビール市場の約10%を占める見込みで、ビール系飲料の市場が縮小する中で、成長分野となっています。

今後メーカーが狙うのは、焼酎や缶チューハイからのシェアを奪うことです。今後もメーカーによる高アルコールビールの争いは激化していくことが予想されます。

アサヒ、高アルコールビール「クリアアサヒ クリアセブン」発売へ。業績や株価への影響は? 

アサヒグループホールディングスの2018年12月決算見通しは、売上高が前期比+2.6%の2兆1,400億円、当期純利益は前期比+0.7%の1,420億円を見込みます。

成長が鈍化してきている中、高アルコールビールの新商品で業績を伸ばせるか注目です。

株価は2018年に入ってから、5,000円~6,000円のレンジでの推移が続いています。徐々に下値を切り上げつつあるので、このまま上昇トレンドに向かえるのか注目です。

アサヒ、高アルコールビール「クリアアサヒ クリアセブン」発売まとめ 

高アルコール缶酎ハイは定着し、よく飲む人も多いのではないでしょうか?手軽に安く酔えるのが魅力的で、今後高アルコールビール飲料も定着していくのか注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【セリア5月既存店売上高減へ。その詳細とは

⇒【ラウンドワン、既存店売上高前年割れで株価大幅安

⇒【メルカリ上場へ、公開価格決定で時価総額はミクシィを抜くか

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

⇒【株で失敗しないコツ!過去検証の方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!取引履歴の重要性と方法を解説

関連記事

  1. 投資グループ「BLUE OCEANS(ブルーオーシャンズ)」金融商品取引法違反で逮捕、詐欺手口の詳細…

  2. スルガ銀行シェアハウス不正融資問題、「ガイアの夜明け」で特集。通帳改ざんの手口や、行員が改ざんを指示…

  3. 野村證券/ホールディングス株価上昇・下落の可能性。決算赤字転落の影響は?

  4. 「自律制御システム研究所(ACSL)」IPO上場初日は公開価格割れで一時はストップ安水準に。「ソフト…

  5. 槙本元(まきもとはじめ)氏、ヤマトホームコンビニエンス元支店長が引っ越し料金過大・水増し請求は組織的…

  6. スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題が株価や業績に与える影響を解説。チャートは下降トレンド形成中。純…

  7. ふくおかFG・十八銀行(長崎)2018年8月以降株価上昇の可能性は?経営統合に向けて公正取引委員会が…

  8. いきなりステーキ客数減少でペッパーフードサービス株価大幅安。5月既存店売上高前年割れ。業績への影響と…

  9. スルガ銀行倒産、静岡銀行が買収・統合の可能性は?不動産向け不適切融資1兆円規模との報道を受け、株価は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP