スルガ銀行、不正融資問題で前期決算下方修正へ。金額や理由などの詳細内容とは?株価や今期業績への影響は?シェアハウスだけでなく他のアパート融資でも不正か?

スルガ銀行が公表済みの2018年3月期を下方修正するという異例の措置を検討している模様です。

ここではその金額や理由、今期決算や株価への影響をみていきたいと思います。

⇒【スルガ銀行不正融資問題、ガイアの夜明けで特集へ

⇒【レオパレス施工物件、建築基準法違法の疑い

スルガ銀行、不正融資問題で貸倒引当金積み増しへ。前期2018年3月期決算を100億円程度修正へ。不動産向け融資全般で不正か? 

スルガ銀行は2018年5月15日に、2018年3月期決算を公表済みですが、ここにきて決算を下方修正するという異例の措置を検討していることがわかりました。

理由はシェアハウス向け融資だけでなく、通常のアパートなどの不動産融資においても、書類の改ざんを知りながら融資を実行していた可能性が高く、返済不能に備えた貸倒損失を積み増す模様です。

金額は100億円程度と見られています。

スルガ銀行の2018年3月期決算の当期純利益は前期比▲50.5%の210億円でしたが、更に半減した100億円程度の着地となる見込みです。

⇒【スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題を解説

⇒【スルガ銀行決算発表を受けて株価大幅下落。シェアハウス不正融資の状況は

スルガ銀行、不正融資問題で前期決算下方修正。その理由とは?問題の実態が把握できていない可能性が高く、金融庁の行政処分は決定的か? 

スルガ銀行の不正融資問題は、シェアハウスのみならず、他の不動産融資にも波及してきています。

公表済みの決算を修正するのは極めて異例であり、スルガ銀行が実態を把握せずに融資を実行したことを表しており、スルガ銀行に対する市場の不信感は増すでしょう。

決算発表時の下方修正の際にも、書類は改ざんされており、何を根拠に金額を算出したのだという疑問は残っていました。

今回追加で100億円の下方修正とのことですが、この金額も何を根拠に算出しているのが、現時点では納得性に欠けます。

今後追加での下方修正が起こってもおかしくないと思われます。

⇒【損益計算書の見方を解説

⇒【貸借対照表の見方を解説

スルガ銀行、不正融資問題で決算下方修正。2019年3月期決算や株価への影響は? 

スルガ銀行は2019年3月期決算の当期純利益は、前回発表の240億円で据え置くと見られています。

しかしながら、今回の異例の下方修正を考えると、不動産融資の実態を掴めているとは到底思えず、追加での下方修正が出てきてもおかしくない状況です。

スルガ銀行からの発表を待ちたいと思います。

次に株価の動きを見ていきましょう。

以下はスルガ銀行の日足チャートです。

2018年5月30日には1,181円と前回安値である4月19日の1,200円を下抜けしています。

前期決算下方修正のニュースを受けた本日6月4日は、株価の反応は見られていませんが、引き続き下値を探る展開は継続しています。

今後追加での可能修正の可能性や、金融庁による行政処分を考えると、まだまだ株価が下落する余地はありそうです。

テクニカルには、上昇に向かうには25日移動平均線(緑色)が位置する1,380円近辺を上抜けする必要がありますが、現時点ではそこまで回復する材料もなく、材料が出尽くすまで時間を要しそうです。

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

⇒【移動平均線の詳細を解説

まとめ 

スルガ銀行の不正融資問題は、シェアハウスだけでなく、他の不動産融資にも派生してます。

まだ正式な発表があったわけではありませんので、スルガ銀行の発表を待ちたいと思いますが、内容次第では更なる下方修正を予想されるものとなるかもしれません。

<こんな記事も読まれています>

⇒【スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題を解説

⇒【スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題が株価や業績に与える影響を解説。

⇒【スルガ銀行不正融資認める。株価や業績への影響は

⇒【スルガ銀行決算発表を受けて株価大幅下落。シェアハウス不正融資の状況は

⇒【スルガ銀行を有印私文書偽造の疑いで刑事告発へ

⇒【スルガ銀行不正融資問題、ガイアの夜明けで特集へ

⇒【シダックス、カラオケ事業撤退へ

⇒【任天堂、スイッチにポケモンを投入

⇒【メルカリ上場へ、時価総額は4,000億円超えか?

関連記事

  1. 吉野家2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?決算赤字転落の影響は?

  2. 「ソフトバンク」初値予想とおすすめの売却タイミングは?IPO(新規公開株)上場初日。2018年12月…

  3. メルカリ2018年8月以降株価上昇の可能性は?黒字化のタイミングは?2018年6月期決算は赤字幅拡大…

  4. SUBARUリコールの影響で18年3月期22%減益。株価は下落反応で今後の見通しは?

  5. 丸井、つみたてNISA対象の投資信託を販売開始へ。販売開始時期などの詳細や証券事業参入の狙いとは?株…

  6. 三井住友銀行2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?不動産向け不正融資実行の疑い。

  7. メルカリ上場(IPO)時のオーバーアロットメント(売出)・グリーンシューオプションの意味とは?公開価…

  8. 日経平均株価2日連続大幅下落。その要因とは?ドル安円高やアメリカの車関税25%引き上げ検討など。今後…

  9. ZOZO(ゾゾタウン)株価上昇・下落の可能性は?決算下方修正で上場来初の減益へ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP