スミダ株のインサイダー取引で元社外取締役を逮捕、金額や時期などの詳細とは?株価や業績への影響は?

スミダコーポレーションの未公開情報を利用して、株式取引で利益を上げたとして、同社の元社外取締役が逮捕されました。

ここではこの事件の概要と、スミダの業績や株価への影響をみていきたいと思います。

⇒【インサイダー取引の詳細を解説

スミダ株のインサイダー取引で元社外取締役を逮捕。容疑者、金額、時期などの詳細とは? 

スミダは2018年5月11日のプレスリリースにおいて、インサイダー取引の疑いから証券取引等監視委員会の調査に全面的に協力していることを公表しました。

そして本日5月29日に元社外取締役である内田荘一郎容疑者が、金融商品取引法違反で担保されました。

スミダは2017年2月6日に2017年3月末配当を6円から16円に増配することを公表しました。

内田容疑者は公表前の2017年1月に知人の名義でスミダ株約8万株を9,000万円弱で買付した疑いが持たれています。

増配発表前のスミダの株価は1,100円前後で推移していましたが、発表翌日の2月7日には前日比+130円の1,227円で取引を終了し、2017年3月21日には1,831円の高値を付けています。

⇒【インサイダー取引の具体的な手口を紹介

スミダ株のインサイダー取引で元社外取締役を逮捕された内田容疑者の経歴とは?他会社との兼任も?スミダ退社の理由や時期とは? 

内田容疑者は1953年生まれの64歳で、1981年にシールメーカーであるNOK株式会社に入社し、1993年にはNOKの取締役に就任しています。

2007年には事務機器の販売を行うシンジーテック株式会社の専務取締役に就任し、2010年には代表取締役に就任しました。

2013年からはNOK相談役、2014年からはスミダ社外取締役、2015年からは江守グループホールディングス監査役を兼任していました。

スミダ株のインサイダー取引を行った後、2017年12月9日に一身上の都合を理由にスミダ社外取締役を退任しています。

スミダ株のインサイダー取引で元社外取締役を逮捕。株価や業績への影響とは? 

スミダは5月11日のプレスリリースにおいて、インサイダー取引は内田容疑者個人による行為であるとしているため、業績への影響は無いと思われます。

内田容疑者逮捕の報道が出た5月29日のスミダの株価は前日比▲46円(▲3.5%)の1,251円で引けています。

全ての移動平均線は下向き、3月26日安値1,300円も下抜けていることから、下値を探る展開となりそうです。

⇒【移動平均線の詳細を解説

⇒【ゴールデンクロス、デッドクロスを解説

まとめ 

元社外取締役がスミダ株をインサイダー取引するというショッキングなニュースが入ってきました。

個人での犯罪のため業績への影響は少ないと思いますが、株価には影響を与えると思われます。

インサイダー取引は株式市場全体の信用を損なう行為ですので、巻き込まれないよう注意してください。

<こんな記事も読まれています>

⇒【インサイダー取引の詳細を解説

⇒【インサイダー取引の具体的な手口を紹介

⇒【日本ガイシ検査不正の詳細を解説

⇒【日経平均株価2日続落の詳細を解説

⇒【ソルガム粉飾決算の詳細を解説

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

関連記事

  1. 地方銀行株で利益を上げるための方法やポイントとは?3期以上連続赤字の銀行の割合とは?融資先がなく有価…

  2. コインベース日本で仮想通貨取引所開設へ。その詳細や日本進出の目的とは?株主には三菱UFJ。

  3. 三井不動産4期連続最高益で株価は上昇基調に。ミッドタウン日比谷開業の影響にも期待。

  4. ファミマに圧縮陳列でドンキ化が成功する理由!?業績アップの起爆剤とは言えないか?

  5. 吉野家2018年7月以降株価上昇の可能性は?2019年度第一四半期決算赤字転落で大幅下落へ。半期、通…

  6. マネックス、コインチェック買収による業績改善期待から株価は大幅上昇。仮想通貨交換業開始による株価への…

  7. 鳥取銀行2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?支店店舗の移転・統合・撤退に増原聡・日南町長が反…

  8. QBハウス(ネットホールディングス)2018年8月以降株価上昇・下落の可能性は?2019年2月からヘ…

  9. 川金HD2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?免震・耐震装置で検査データ改ざんの影響は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP