ゴールデンゲイン倒産。スルガ銀行が大半を融資か?その詳細や融資額は?株価や業績への影響は?シェアハウス運営スマートデイズに続き2社目の破産。

シェアハウス運営を行うゴールデンゲインが2018年5月22日に破産手続きの決定を受けました。

シェアハウス運営ではかぼちゃの馬車を運営するスマートデイズに続いて2社目です。

ゴールデンゲインにもスルガ銀行が大半を融資していたと見られ、その詳細やスルガ銀行の株価への影響をみていきたいと思います。

⇒【スルガ銀行を有印私文書偽造の疑いで刑事告発へ

シェアハウス運営ゴールデンゲイン倒産。その原因とは? 負債総額とは?

スマートデイズに続いてシェアハウスを運営するゴールデンゲインが倒産しました。

帝国データバンクによると、負債総額は2017年10月時点で約14億円ですが、その後負債総額は増加している可能性があります。

ゴールデンゲインは、スマートデイズと同じくオーナーから物件のオーナーから物件を一括して借り上げ、サブリースの形でオーナーに対する家賃収入を保証していました。

2017年12月頃にオーナーに対して、業界環境の変化などから当初の見通し通りにサブリース賃料に支払いが困難になり、今後は実際の入金額にあわせて支払いを行う旨を通知しました。

原因とされる業界環境の変化とは、シェアハウス向けに積極的に融資を行っていたスルガ銀行が融資姿勢を変更したことに起因します。

もともとはサブリース家賃設定が相場より高く無理があったスキームのため、新規物件の販売益から充当するという自転車操業を行っていたと思われます。

スルガ銀行の融資が引き締まったため、新規物件の販売が進まずに、既存物件のサブリーススキームが崩壊しました。

⇒【スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題を解説

⇒【スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題が株価や業績に与える影響を解説。

ゴールデンゲイン倒産。スルガ銀行の融資総額とは?他の同業他社への影響は?

ゴールデンゲインは約100棟のシェアハウスを、都内を中心に展開しています。

1棟当たりの金額が1億~1億5,000万円程度と見込まれるため、仮にスルガ銀行がすべての融資を行っていたとすると、融資総額は100億円~150億円となる見込みです。

スルガ銀行は2018年3月末時点でのシェアハウス向け融資は、1,258人に対して総額2,036億円と発表しています。

会社毎の内訳は公表していませんが、かぼちゃの馬車向けは700人、1,200億円程度と見積もられています。

今後サクセスインベストメントパートナーズなど、他のシェアハウス運営会社も倒産する可能性があり、スルガ銀行の不正融資問題は長期化する可能性が高いです。

⇒【スルガ銀行不正融資認める。株価や業績への影響は

⇒【スルガ銀行決算発表を受けて株価大幅下落。シェアハウス不正融資の状況は

ゴールデンゲイン倒産によるスルガ銀行の業績や株価への影響は? 

ゴールデンゲインの顧客も今後スルガ銀行に対して刑事告発等の処置を取る可能性が高いと見られています。

スルガ銀行は先日の決算発表において貸倒引当金の積み増しを行ったと説明していますが、どこまで想定されているのかは不透明で、今後どのようなインパクトがあるのかは現時点ではわかりません。

以下はスルガ銀行の日足チャートです。

引き続き下値を探る展開で、2018年4月19日安値1,200円を維持できるかに注目です。

反発したとしても25日移動平均線(緑色)が位置する1,430円近辺は強い抵抗になる可能性が高いです。

今後もネガティブな材料がでる可能性がありますので、株価は下落方向に動くと思われます。

⇒【移動平均線の詳細を解説

⇒【ゴールデンクロス、デッドクロスを解説

まとめ 

先日のかぼちゃの馬車オーナー団による刑事告発に続いて、また新たな問題が出てきました。

今後も他業者による同様の問題や、金融庁による行政処分など、まだまだ目が離せない状況が続きます。

<こんな記事も読まれています>

⇒【スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題を解説

⇒【任天堂、株価2営業日連続大幅安でトレンド転換か

⇒【神戸製鋼所、品質不正問題の詳細や株価への影響を解説

⇒【ソニー中期経営計画の詳細や株価への影響は

⇒【段ボール需要増加による関連企業への影響を解説

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

関連記事

  1. スルガ銀行、横浜銀行(コンコルディアFG)が買収・統合・合併の可能性は?

  2. 高島屋海外店舗黒字化へ。時期や詳細とは?業績や株価への影響は?

  3. 日経平均株価2日連続大幅下落。その要因とは?ドル安円高やアメリカの車関税25%引き上げ検討など。今後…

  4. 福島銀行、赤字転落で金融庁から業務改善命令。業績の詳細内容や株価への影響とは?

  5. 伊藤園2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?大幅安の理由は2019年4月期第一四半期決算の減益…

  6. イオン・フジ2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?四国のスーパーと資本業務提携の影響は?

  7. 株式相場とビットコイン(仮想通貨)価格は連動?関係性の理由や根拠とは?

  8. TATERU(タテル)レオスキャピタル全株売却で2日連続ストップ高。今後の値動きは?

  9. 富士フイルム2018年8月以降株価上昇の可能性は?ゼロックス買収破棄が要因となるか?ゼロックスは売却…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP