初心者にもおすすめの投資の新制度、つみたてNISAの制度を詳細解説。

つみたてNISAは2018年1月にスタートした、少額での長期的な積立・分散投資を対象とした非課税制度です。

安定性が高く、特に投資を全くやったことがない初心者にもおすすめの制度です。

それではつみたてNISAの詳細を見ていきましょう。

初心者に解説、つみたてNISA(小額投資非課税制度)とは?

つみたてNISAは2018年1月にスタートした最新の制度です。

通常のNISAかつみたてNISAいずれかしか利用はできませんが、日本に在住で1月1日時点で20歳以上の人であれば、毎年最大40万円の新規投資が最長20年間非課税なります。

累計の非課税投資枠は最大800万円であり、2037年まで利用することが可能となっています(2037年に利用した分は2056年まで非課税)。

初心者に解説 つみたてNISAのメリット・デメリット 

つみたてNISAの最大のメリットは、通常のNISAと同じく20.315%の税金が非課税となる点です。

さらに通常のNISAと比較して、つみたてNISAは累計の金額が大きく、期間も長くなっているので、より長期投資に適した制度となっています。

デメリットとしてはつみたてNISAで損失が出た場合でも、他の口座(一般口座や特定口座)との損益通算はできません。

また、つみたてNISAでは個別の株式の取扱いはできず、投資信託等のより安定性の高い商品のみ購入可能となっています。

初心者に解説 つみたてNISAでのおすすめの投資方法 

つみたてNISAは投資の経験がない初心者に特におすすめの制度です。

銀行預金ではお金は増えないから何か投資を始めたいけれど、投資をする時間が取れないという人も、利用する価値のある制度です。

非課税枠が多く、利用できる期間も長いという特徴を最大限に活かして、長期目線で積立を行っていくというのは、成功が実証済みの安定的な投資モデルです。

初心者に解説 つみたてNISAの口座開設方法や注意点。NISAとの併用は可能か?

つみたてNISAの口座開設は、通常の証券会社の口座開設手続き時に選択することが可能です。

既に口座をお持ちの証券会社でつみたてNISAの口座開設を希望であれば、ホームページから手続きが可能です。

つみたてNISAの口座は1つしか保有できず、複数の証券会社に口座開設はできませんので、注意してください。

また、つみたてNISAとNISAの併用はできず、どちらか一方を選択する必要があります。

まとめ 

通常20.315%の税金が非課税となり、最長20年と長期間で利用できるつみたてNISAのメリットは大きいです。

投資銘柄や投資スタイル、資金量などからつみたてNISAとNISAのどちらが適しているのかを考えて、積極的に活用していくとよいでしょう。

関連記事

  1. 逆張りについて初心者に説明!株式投資のトレードの基本戦略を知る。

  2. 株式投資初心者の主婦でも儲けることができる?おすすめのトレード方法。

  3. 未成年におすすめの株式投資、ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)の詳細を解説。

  4. 株式投資の複利運用の重要性・威力・効果を解説。ウォーレン・バフェットが成功した手法。

  5. 株式投資の4つのトレードタイプ・スタイルをわかりやすく解説。特徴やメリット・デメリット。

  6. ロボアドバイザー「ウェルスナビ」「テオ」「楽ラップ」「MSV LIFE」違いや特徴を比較

  7. スイングトレードをわかりやすく解説。株初心者やサラリーマンにおすすめのトレード手法。

  8. 「ポートフォリオ」の意味や重要性を株式投資初心者にわかりやすく解説

  9. 景気後退・下落相場の時に株式投資で利益を上げる(儲ける)方法。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP