「SENER(セナー)」投資詐欺と中村雅俊との関係性。台湾旅行で熱唱?ビットコイン資金集め。

投資グループ「セナー」がビットコインを中心として無免許で投資家から資金を集めたとして、8人が金融商品取引法違反で逮捕されましたが、「セナー」が開催する台湾旅行で俳優で歌手の中村雅俊が登場していたことが明かになりました。

ここでは「セナー」と中村雅俊の関係性についてみていきたいと思います。

⇒【「セナー」ビットコイン投資詐欺で逮捕
⇒【日産ゴーン会長逮捕の株価への影響

中村雅俊が「セナー」の台湾旅行で熱唱 

「セナー」は2017年6月に出資した投資家を台湾旅行に招待していました。

台湾旅行では投資で成功したとされる外国人が登場したり、高級外車などが当たる抽選会が行われたようですが、その中の企画の一つとして俳優の中村雅俊が登場し、歌を披露したとされています。

中村雅俊が直接的に出資を勧誘したわけではなさそうですが、投資詐欺グループと関りがあったため、イメージの低下など影響は出てきそうです。

⇒【塩谷瞬が高利回り投資詐欺被害に

「セナー」の投資商品 

「セナー」の投資商品は元本保証であり、毎月最高で20%の配当金を支払うという、あり得ないようなスキームでした。また新規顧客を紹介すれば紹介料として出資金の10%を支払うシステムで出資者を集め、総額83億円を集めたと見られています。

中村雅俊が登場した台湾旅行のステージでも、今しか買えない商品として出資額1万ドル(約110万円)の金融商品を販売していたようです。

⇒【日産株価下落で絶好の買い場を提供?

「セナー」ビットコインで新スキームを演出 

「セナー」は出資金のほとんどを仮想通貨ビットコインで受入れしており、新しいスキームにように見せかけることで多くの出資者を集めることに成功しました。

金融商品取引法では仮想通貨での出資金集めは禁止しておらず、規制から逃れる目的もあったと見られていますが、「セナー」は一部で現金での出資も受け入れていたため、今回の逮捕につながりました。

⇒【ライザップ赤字転落でストップ安

まとめ 

投資詐欺グループ「セナー」が主催する台湾旅行のステージに俳優の中村雅俊が登場していたことが明かになりました。直接投資商品の販売を行っていたわけではありませんが、イメージ低下などの悪影響は避けられなさそうです。

<こんな記事も読まれています>

⇒【「セナー」ビットコイン投資詐欺で逮捕
⇒【塩谷瞬が高利回り投資詐欺被害に
⇒【日産ゴーン会長逮捕の株価への影響
⇒【日産株価下落で絶好の買い場を提供?
⇒【KYB検査データ改ざんの株価への影響は?
⇒【シノケン、週刊新潮不正報道の影響は?
⇒【レオパレス赤字転落、株価への影響は?
⇒【伊藤忠、中国関連投資で巨額の減損計上
⇒【Twitterでの情報収集はおすすめしない理由
⇒【株の狙い目銘柄は信用しても大丈夫?

関連記事

  1. 神戸製鋼所株主総会、品質データ改ざん問題で批判続出。山口社長は再発防止策を説明。米国司法省の調査や海…

  2. 清水建設2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?リニア新幹線談合・独占禁止法違反で罰金2億円を求…

  3. 「大東建託」株価上昇・下落の可能性。アパートオーナー・地主とトラブル報道の影響は?

  4. 韓国仮想通貨取引所大手「ビッサム」サイバー攻撃で約35億円の仮想通貨リップルなど流出へ。「コインレイ…

  5. ソルガム粉飾決算の疑いで強制調査。その内容詳細とは?株価や業績への影響は? JASDAQに上場。

  6. 日本サッカーワールドカップ1次(予選)リーグ突破・決勝リーグ進出の経済効果・金額試算は?日本勝利や本…

  7. LIXIL(リクシル)2018年11月以降株価上昇・下落の可能性。社長交代で創業家復帰。

  8. ワタミ2018年8月以降株価上昇の可能性は?「ミライザカ」「鳥メロ」など鶏料理をメインとした新業態が…

  9. そーせい2018年10月以降株価上昇・下落の可能性。2日連続のストップ安で年初来安値更新。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP