伊藤忠2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?CITIC減損、ファミマ再評価益の影響。

伊藤忠の株価は10月2日に付けた年初来高値2,302.5円からの調整中で、ここから反発していけるか注目です。

11月2日に発表した2018年上半期決算では中国関連投資で減損を出したものの、ユニー・ファミリーマートホールディングス株の再評価益で相殺した形となり、通期業績への影響はありませんでした。

ここでは伊藤忠の株価の動き、中国関連投資の減損や決算発表についてみていきたいと思います。

⇒【丸紅株価11年振りの高値へ、今後の値動きは?
⇒【伊藤忠、決算上方修正で年初来高値更新

伊藤忠、中国関連投資減損の株価への影響は? 

11月2日の伊藤忠の株価は、前日比+36.5円(+1.8%)の2,099円で取引を終了しました。

取引中には2018年度上半期決算を発表し、中国関連投資で1,433億円という巨額の減損を計上したため、一時的には2,030円まで下落する場面があったものの、75日移動平均線(水色)がサポートとなり反発しました。

テクニカルには移動平均線からトレンドを読み取ることはできませんが、2,000円が強いサポートなり、75日移動平均線もサポートとして機能しています。

このまま10月2日の年初来高値を目指して上昇していく可能性はありますので、現在の水準で買うか、200日移動平均線(オレンジ色)や75日移動平均線まで下落したタイミングで押し目買いを狙うのは、面白いかもしれません。

2,000円を割り込むようだと明確に上昇トレンドを否定する形となりますので、そこが損切りの目安となります。

⇒【川金HD検査データ改ざん、株価への影響は?
⇒【マネックス2018年11月以降の株価は?

伊藤忠、中国CITIC向けで減損も、ファミマ再評価益で相殺 

伊藤忠が11月2日に発表した2018年度上半期決算では、中国CITICへの投資で1,433億円の減損を計上したものの、同時にユニー・ファミリーマートホールディングスの再評価益1,412億円を計上したため、通期見通しに与える影響はありませんでした。

上半期の当期純利益は2,580億円と通期見通し5,000億円に対する進捗率は51.6%となっています。

ドル円の為替も想定レート110円よりも円安の水準で推移していることから、利益を押し上げる要因となり、現時点で通期見通し達成の可能性は高いと言えるでしょう。

⇒【オリックス、大京をTOBで完全子会社化へ
⇒【レオパレス赤字転落、株価への影響は?

まとめ 

伊藤忠は中国CITIC向け投資で巨額の減損を計上したものの、ユニー・ファミリーマートホールディングスの再評価益でほぼ相殺した形となり、通期業績に与える影響はありません。

株価は安値からの上昇を試している最中で、75日移動平均線がサポートとなっていることから、10月2日の年初来高値更新を狙って現在の水準で買いエントリーしてみるのは面白いかもしれません。

株価は2,000円を割り込むようであれば、上昇トレンドを否定する形となりますので、損切りした方が良いでしょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【KYB検査データ改ざんの株価への影響は?
⇒【シノケン、週刊新潮不正報道の影響は?
⇒【塩谷瞬が高利回り投資詐欺被害に
⇒【川金HD検査データ改ざん、株価への影響は?
⇒【マネックス2018年11月以降の株価は?
⇒【アイロムグループは仕手株?
⇒【ADK、TOBでインサイダー取引の疑い
⇒【エムティジェネックスは仕手株?
⇒【燦キャピタルは仕手株?
⇒【テリロジーは仕手株?

関連記事

  1. ユニー・ファミリーマート2018年8月以降株価上昇の可能性は?ドンキホーテ流圧出陳列コラボ店の売上好…

  2. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

  3. ガイア粉飾・不正決算の疑い、パチンコ店社員が内部告発。マスコミに配布された怪文書では監査法人アバンテ…

  4. 東洋水産2018年12月以降株価上昇・下落の可能性は?マルちゃんシリーズ値上げの影響は?

  5. スルガ銀行2018年7月以降株価上昇・下落の可能性を日足チャートから分析。PER・PBRは低水準で割…

  6. 十八銀行・ふくおかFG経営統合承認で株価上昇。公正取引委員会が許可。地方銀行再編のモデルケースとなり…

  7. 大和ハウス工業株価上昇・下落の可能性。元所長所得隠し・ハンセンジャパンリベートの影響は?

  8. メルカリ上場(IPO)時のオーバーアロットメント(売出)・グリーンシューオプションの意味とは?公開価…

  9. KDDI(au)、ネットフリックスと提携へ。その内容詳細や開始時期は?業績や株価への影響は?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP