アイロムグループは仕手株?2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?

東証一部に上場するアイロムグループの株価が、ここ2日間で大きく動いています。

出来高も急増しており注目が集まっているのは確かですが、今後も値動きの荒い展開が続く可能性が高く、トレードするには最新の注意を払う必要があります。

ここではアイロムグループの株価の値動きについてみていきたいと思います。

⇒【エムティジェネックスは仕手株?
⇒【燦キャピタルは仕手株?

アイロムグループ株価上昇・下落の可能性は? 

2018年10月26日のアイロムグループの株価は、前日比▲224(▲11.3%)の1,750円と大きく下落して取引を終了しました。

前日の10月25日は前日比+31円の1,974円で取引を終了しましたが、取引中には一時2,310円まで上昇しています。

2018年のアイロムグループの株価は、年初は2,000円近辺で推移していましたが、3月に入ると一気に急騰し、3月7日には年初来高値となる3,545円を付けました。

しかしながらその後は下落に転じ、8月13日には年初来安値となる1,585円を付け、現在はそこからの回復を試している段階です。

テクニカルには全ての移動平均線が横向きとなっており方向感のない展開となっていますが、株価はまだ200日移動平均線(オレンジ色)の下で推移しているため、下落が継続しやすい形となっています。

10月25日にはヒゲベースでは200日移動平均線を上抜けたものの、引けにかけては上げ幅を大きく縮小しており、また10月26日には10日(ピンク色)・25日(緑色)・75日(水色)の3本の移動平均線を下回っており、今後さらなる下落を警戒した方が良いでしょう。

⇒【テリロジーは仕手株?
⇒【KYB検査データ改ざんの株価への影響は?

アイロムグループは仕手株?2019年3月期決算見通しは? 

アイロムグループはTwitter上でフォロワーが多いインフルエンサーが注目銘柄として取り上げたことで一気に注目度が高くなっていますが、今後仕手株として多くに資金が投入され、値動きが荒い展開になる可能性があるため注意が必要です。

アイロムグループの2019年3月期決算見通しは、売上高が前期比+33.4%の115億円と大幅な増収となっていますが、当期純利益は前期比▲55.1%の7億円の大幅な減収となっています。

決算見通しから考えると株価が大きく上昇する要因は見当たりません。

時価総額は205億円と小さすぎるというわけではありませんが、仕手株として狙われない金額というわけではありません。

連結PERは29.2%、連結PBRは3.6倍と小型株としては高い水準ではないものの、ここから株価が大きく上昇していくような材料は見当たらず、注意が必要です。

⇒【「仕手株」をわかりやすく解説
⇒【株の狙い目銘柄は信用しても大丈夫?

まとめ 

アイロムグループはここ2日間で出来高が一気に上昇し、値動きの荒い展開となっています。

Twitter上で大きな注目を集めていますが、決算的には株価が上昇する要因は見当たらず、仕手株として今後上昇していく可能性があるかもしれません。

しかしながら、短期的には株価が上昇したとしても、その後一気に下落する可能性が高く、リスクが高いので安易に手を出さない方が良いでしょう。

今後の値動きに注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【エムティジェネックスは仕手株?
⇒【HISハワイ結婚式ツアードタキャンの影響
⇒【燦キャピタルは仕手株?
⇒【テリロジーは仕手株?
⇒【シノケン、週刊新潮不正報道の影響は?
⇒【塩谷瞬が高利回り投資詐欺被害に
⇒【KYB検査データ改ざんの株価への影響は?
⇒【川金HD検査データ改ざん、株価への影響は?
⇒【マネックス2018年11月以降の株価は?

関連記事

  1. 東証マザーズ指数年初来安値更新、バイオ関連銘柄軟調が要因。メルカリなどIPO(新規上場)が組み込まれ…

  2. オリックス2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?大京をTOBで完全子会社化。

  3. コンビニ大手3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)株で利益を上げるためのポイントや注目点…

  4. トヨタ過去最高益で株価は上昇トレンドへ。好調な決算続く見込みで史上最高値を更新できるか?

  5. ユニー・ファミリーマート2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?伊藤忠のTOB(株式公開買付)…

  6. JT(日本たばこ産業)2018年8月以降株価上昇の可能性は?加熱式たばこ「プルーム・テック」販売40…

  7. ミクシィ2018年8月以降株価上昇の可能性は?2019年3月期第一四半期決算は大幅減益。「チケットキ…

  8. サントリー、ウイスキー2銘柄「響17年」「白州12年」販売休止へ。その原因とは?株価への影響は?

  9. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が長期国債先物取引で相場操縦(価格操作)の不正行為、課徴金支払いへ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP