スルガ銀行、岡野会長家(創業家)の関連会社に500億円規模の融資を実行。焦げ付き・貸し倒れの可能性は?実態のない債務超過の会社もあり、私的流用の疑いも。

辞任の意向を表明しているスルガ銀行の岡野会長であるが、スルガ銀行は岡野会長を含めた創業家の関連会社に対して、500億円規模の融資を実行していたことが明かになりました。

関連企業の中には実態のない会社も含まれていると思われ、岡野会長がスルガ銀行の資金を私的に流用していた可能性が指摘されています。

ここではスルガ銀行の創業家に対する融資についてみていきたいと思います。

⇒【TATERU不正融資に関与、株価への影響は?

スルガ銀行、岡野会長家(創業家)に500億円の融資を実行。 

スルガ銀行は岡野光喜会長の先祖にあたる岡野喜太郎氏が1895年に創業し、現在まで100年以上の間、創業家である岡野家が同行のトップを務めていきました。

岡野家の関連企業は20社以上あるとみられており、このうちの10社程度に対してスルガ銀行が融資しているとみられています。

2018年3月末時点でのスルガ銀行の岡野家関連企業への融資残高は500億円規模にのぼるとみられており、スルガ銀行の総融資残高である約3.2兆円の1.5%に相当します。

2002年ころには創業家関連企業への融資残高は約1,200億円程度あったようで、金融庁は異常な金額を指摘、その後徐々に融資残高を減らしてきたようです。

⇒【スルガ銀行の年収・ボーナスの概要とは?

スルガ銀行、岡野会長家(創業家)への融資が焦げ付く可能性は? 

創業家関連企業の中には、取引の実態がない企業や、債務超過に陥っている企業もあるとみられており、借入金の使い道が不透明である点も問題となっています。

岡野会長含めて創業家一族が私的に流用していた可能性も否定できず、今後調査が進んでいくこととなります。

最悪のケースとして、スルガ銀行の融資が焦げ付くようなことがあれば、スルガ銀行の業績に大きな影響を与えることとなります。

スルガ銀行の自己資本は約3,400億円であり、500億円という融資金額は決して小さくありません。

またスルガ銀行が創業家関連会社に金利などの優遇を行っておらず、適正な金利で貸出を行っていたのかという点も焦点となります。

⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?

スルガ銀行、第三者委員会が調査結果を公表へ。株価は年初の1/4まで下落。 

スルガ銀行はシェアハウス「かぼちゃの馬車」を中心とした不動産投資向けに、不正融資を行っていたとして、外部弁護士によって構成される第三者委員会が調査を行い、2018年9月7日にその結果を公表する予定となっています。

不正融資は1兆円規模になるとみられており、どれだけの貸倒引当金を計上し、今期の業績に影響を与えるのか注目が集まります。

スルガ銀行の株価は不正融資問題を受けて、年初から1/4程度の水準まで下落しており、8月23日には年初来安値となる557円を付けました。

第三者委員会の発表内容次第では、株価はさらに下落する可能性があるかもしれません。

⇒【元FC東京・平山選手「かぼちゃの馬車」被害に

スルガ銀行、岡野会長家(創業家)の関連会社に500億円規模の融資を実行まとめ 

スルガ銀行は不正融資だけでなく、創業家にも多額の融資を行っており、企業統治がしっかりと行われていたのかに疑問が残ります。

まずは第三者委員会の調査結果がどのような内容になるのか、注目されていますので、9月7日の発表を待ちたいと思います。

<こんな記事も読まれています>

⇒【スルガ銀行不適切融資は1兆円では済まない!?
⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【スマートデイズ黒幕・佐藤太治とは
⇒【TATERU不正融資に関与、株価への影響は?
⇒【シノケン、TATERUの報道で株価大幅下落
⇒【ケフィアの干し柿オーナー制度は詐欺?
⇒【ケフィア破産手続き、未払金は返金されるのか?
⇒【西京銀行とTATERUの関係性とは?
⇒【配偶者控除改正、株式投資のすすめ
⇒【パチンコより株式投資をおすすめする3つの理由
⇒【サラリーマンがiDeCoを活用すべき理由
⇒【ドルコスト平均法を解説
⇒【従業員持株会の詳細を解説
⇒【NISAの詳細を解説

関連記事

  1. 東亜道路工業、ニチレキなど8社が改良アスファルトでカルテルの疑いで公正取引委員会が立ち入り検査。その…

  2. QBハウス(ネットホールディングス)2018年8月以降株価上昇・下落の可能性は?2019年2月からヘ…

  3. 伊藤園2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?大幅安の理由は2019年4月期第一四半期決算の減益…

  4. メルカリ2018年6月19日に東証マザーズ上場へ。時価総額は最大で3,700億円規模と想定される大型…

  5. 「セナー(SENER)」ビットコイン投資詐欺で投資グループ逮捕

  6. 伊藤忠2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?西友の買収の検討か?資本提携先のドドンキホーテ、傘…

  7. 宇部興産、検査データ改ざんの不正出荷が業績や株価に与える影響は?処分などの詳細内容とは?日足チャート…

  8. 「自律制御システム研究所(ACSL)」IPO上場初日は公開価格割れで一時はストップ安水準に。「ソフト…

  9. ユニー・ファミリーマート2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?伊藤忠のTOB(株式公開買付)…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP