シノケン2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?TATERUの預金残高改ざん・水増し、見せ金報道を受けて株価は大幅下落。不正融資に関与した可能性は?

不動産投資アパートの販売を行うシノケンの株価が2018年9月3日、大幅に下落しました。

材料となったのは同じ不動産業者のTATERUが顧客の預金残高を改ざん・水増しをしたり、見せ金報道を受けて、同業者のシノケンの株価も影響が出た形となっています。

ここではシノケンの株価の動き、不正融資関与の可能性についてみていきたいと思います。

⇒【シノケン、週刊新潮不正報道の影響は?
⇒【TATERU不正融資に関与、株価への影響は?

シノケン、TATERUの不正融資関与報道を受けて株価大幅下落。 

シノケンの2018年9月3日の株価は、前日比▲275円(▲15.8%)の1,470円と大幅に下落して取引を終了しました。

取引中には一時ストップ安となる1,350円まで下落しています。以下はシノケンの日足チャートです。

2018年のシノケンの株価は緩やかな上昇トレンドを形成しており、8月1日には年初来高値となる1,997円を付けました。

その後は調整をしていましたが、今回の急落を受けてトレンド転換となるか注目が集まります。

テクニカルには200日移動平均線(オレンジ色)を大幅に割り込んでおり、明日以降回復できるかがポイントとなります。

200日移動平均線を回復できないと、年初来安値となる1,185.5円を目指す可能性もあるかもしれません。

株価急落によってボラティリティが上昇し、明日以降も値動きが荒い展開となるため、株価の方向感がわかるまでは、取引を見合わせたほうが良いでしょう。

窓埋めが完了するまでは株価の上昇は期待できなさそうです。

⇒【サラリーマンがiDeCoを活用すべき理由

シノケンが不正融資に関与していた可能性は? 

シノケンはTATERUの影響を受けて株価が大幅に下落していますが、シノケンも同様な手口をやっていた可能性はあるのでしょうか?

シノケンのアパート経営は「土地がなくても頭金ゼロで不動産投資ができる」ことを特徴としています。

現在の不動産市況では、通常の融資審査でオーバーローンを組める銀行はほぼないと思われ、TATERUと同様に預金残高の水増し・改ざんや、見せ金の融資を行っている可能性はあるかもしれません。

今後TATERU問題の調査が進んでいくと明かになっていくと思いますが、ここ数年の不動産市場では、上場企業や大手企業なども含めて、不正行為を行って売り上げを伸ばしていた可能性は高そうです。

シノケンでも同様の報道が出るのか注目が集まります。

⇒【上場企業のTATERUが不正融資に関与

シノケン2018年9月以降株価上昇・下落の可能性まとめ 

シノケンの株価はTATERUの不正融資関与報道を受けて大きく下落しており、今後も大きく影響を受ける可能性があります。

またシノケン自体も不正行為をやっていた可能性は否定できず、今後調査が進んでいくことでしょう。

現時点ではシノケンの株を購入することはおすすめできず、しばらくは様子見した方が良いでしょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【シノケン、週刊新潮不正報道の影響は?
⇒【TATERU不正融資に関与、株価への影響は?
⇒【TATERU、顧客に見せ金を無利息融資
⇒【上場企業のTATERUが不正融資に関与
⇒【TATERUから不動産を購入した投資家は失敗か?
⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【元FC東京・平山選手「かぼちゃの馬車」被害に
⇒【スルガ銀行の年収・ボーナスの概要とは?
⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?
⇒【静岡銀行・スルガ銀行のビジネスモデル比較

関連記事

  1. ソーシャルレンディングのリスク・危険性。最大手「maneo(マネオ)」に損害賠償請求。

  2. TATERU(タテル)2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?預金残高データ改ざんの影響は?

  3. きらぼし銀行、現金横領と殺人事件の不祥事。事件や犯人の詳細とは?懲戒解雇の処分が発表。顧客への返金対…

  4. 東芝2018年7月以降の株価上昇の可能性は?日足チャートからテクニカル分析。株主総会開催で7,000…

  5. 「ソフトバンク」初値予想とおすすめの売却タイミングは?IPO(新規公開株)上場初日。2018年12月…

  6. マネックス、コインチェック買収による業績改善期待から株価は大幅上昇。仮想通貨交換業開始による株価への…

  7. マルハニチロ2018年8月以降株価上昇の可能性は?さば缶詰の価格を9月1日から約10%値上げへ。需要…

  8. 野村證券/ホールディングス株価上昇・下落の可能性。決算赤字転落の影響は?

  9. パチンコ業界2020年「東京オリンピック」前後に倒産急増か?ギャンブル依存症対策の「出玉規制」の影響…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP