鳥取銀行2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?支店店舗の移転・統合・撤退に増原聡・日南町長が反発し、預金を全額解約。給与振込口座の変更も呼びかけ。

長引く低金利や人口減少によって経営難が続く地方銀行。生き残りのためにはコスト削減への着手が急務となっています。

そんな中、鳥取銀行は支店の再整備を行うことを発表しましたが、利便性低下を懸念した鳥取県日南町が預金を全額解約するという行動に出ました。

ここでは鳥取銀行の株価への影響や値動き、日南町の預金解約、鳥取銀行の業績についてみていきたいと思います。

⇒【きらぼし銀行、現金横領と殺人事件の不祥事。その詳細とは?

鳥取銀行2018年9月以降の株価の値動きは?年初来安値更新で下降トレンドを形成。 

2018年8月31日の鳥取銀行の株価は、前日比▲16円(▲1.0%)の1,661円で取引を終了しています。以下は鳥取銀行の日足チャートです。

2018年の鳥取銀行の株価は、2月2日に年初来高値となる1,885円を付けた後は下降トレンドを形成し、7月17日には年初来安値となる1,624円を付けました。

その後も引き続き安値圏での推移となっています。

テクニカルには、一時的に株価が上昇する局面でも75日移動平均線(水色)が上値の抵抗となり、なかなか突破できない状況が続いています。

現在は25日移動平均線(緑色)近辺での値動きとなっていますが、ここを維持できなければ更に下落していく可能性は高く、年初来安値更新の可能性もありそうです。

株価が上昇に向かうためには終値ベースで明確に75日移動平均線を突破する必要がありますが、それには何らかの材料が必要で時間を要しそうです。

しばらくは安値を警戒した値動きが続くでしょう。

⇒【初心者・サラリーマンにおすすめの投資法

鳥取銀行6店舗を整備。日南町の増原聡町長は預金を全額解約、給与振込口座の変更も呼びかけへ。 

鳥取銀行は2018年8月29日、5店舗の移転と1店舗の統合を発表しました。

移転する5店舗のうち、鳥取県日南町にあった生山支店は2019年1月21日付けで鳥取県日野町にある根雨支店内に移転する予定となっており、これに日南町が反発した形となっています。

日南町の増原聡町長は鳥取銀行に預けていた約5億6,000万円の預金を全額解約し、他の2行に送金。

また日南町の町職員に向けて給与の振込口座を鳥取銀行から他の銀行に変更するように呼びかけています。

地方銀行の経営が厳しい中、いかに地方密着で収益をあげていくかが重要となってきます。

本来であれば協力していくべき役所と地方銀行が対立し、注目を集めています。

⇒【十八銀行・ふくおかFG経営統合承認で株価上昇

鳥取銀行2018年3月期決算は減収減益。2019年3月期見通しも大幅減益で、当期純利益は10億円を割り込む予定。 

鳥取銀行の2018年3月期決算は、売上高が前期比▲4.8%の154億円、経常利益が前期比▲5.2%の18億円、当期純利益が前期比▲15.5%の11億円と、減収減益となっています。

2019年3月期決算見通しは、売上高は公表していないものの、経常利益が前期比▲18.8%の15億円、当期純利益が前期比▲18.6%の9億円と、大幅な減益を見込んでおり、当期純利益は6年ぶりに10億円を割り込む見通しとなっています。

このような状況の中、コスト削減のために店舗再編に取り掛かりましたが、日南町から理解が得られず、預金の解約や今後、給与口座を変更される可能性があり、厳しい状況が続きそうです。

⇒【菅官房長官発言で携帯電話会社の株価下落

鳥取銀行2018年9月以降株価上昇・下落の可能性まとめ 

鳥取銀行は株価も業績も厳しい状況にあり、2019年3月期決算見通しの当期純利益は10億円を割り込む予定となっています。

コスト削減のために店舗再編を行いましたが、日南町からの理解は得られず、対立する構図となっています。

地方銀行が経営を立て直すためには地元の協力は不可欠であり、今後の対応に注目が集まります。

株価は安値圏での推移となっており、日南町の動きもネガティブに働く可能性が高く、安値を警戒した値動きが続きそうです。

<こんな記事も読まれています>

⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?
⇒【静岡銀行・スルガ銀行のビジネスモデル比較
⇒【スルガ銀行岡野会長、融資を私的流用の疑い
⇒【あおぞら銀行、自前ATM廃止へ
⇒【吉野家、定期券販売の影響は?
⇒【伊藤忠、西友買収検討か?株価への影響は?
⇒【株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?
⇒【過去検証の方法を解説
⇒【値ごろ感でトレードせずテクニカル分析を活用
⇒【株式投資の真実とは
⇒【初心者に伝えたい株式投資の心構えとは
⇒【株式投資のメリット・デメリットを解説
⇒【損切りの詳細について解説

関連記事

  1. 積水ハウス2018年8月以降株価上昇の可能性は?男性社員1ヶ月以上の育休完全取得する制度を9月から導…

  2. マクドナルド株価上場来高値更新。新メニュー好調、5月既存店売上高は30ヶ月連続で前年上回り、業績上振…

  3. ペッパーフードサービス2018年8月以降株価上昇の可能性は?「いきなりステーキ」300店舗達成。国内…

  4. 神戸製鋼所、品質不正問題で家宅捜索へ。その理由や詳細とは?株価や業績への影響とは?

  5. メルカリ上場(IPO)時のオーバーアロットメント(売出)・グリーンシューオプションの意味とは?公開価…

  6. ゼロックス、富士フイルムとの協力解消しアジアで製品販売へ。買収合意破棄後、初のコメント。賠償10億ド…

  7. 日産自動車株価上昇・下落の可能性は?カルロス・ゴーン会長、報酬過少申告で逮捕報道。

  8. 宇部興産、検査データ改ざんの不正出荷が業績や株価に与える影響は?処分などの詳細内容とは?日足チャート…

  9. SKIYAKI(スキヤキ)株価上昇・下落の可能性。日足・週足で逆三尊形成

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP