イオン2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?株主優待狙いで個人投資家の買い?決算最高益更新。

イオン株は株主優待を目当てとして、個人投資家から根強い人気があり、2018年は上昇トレンドを形成していましたが、ここ最近は株式市場全体の地合いが悪いことから、株価は急落しています。

ここではイオンの株価の値動き、業績についてみていきたいと思います。

⇒【イオン株急落でお買い得な水準に?
⇒【イオン、フジと業務提携。株価への影響は?

イオン年初来高値から株価急落 

イオンの2019年1月11日の株価は前日比▲98.5円(▲4.4%)の2,100.5円で取引を終了しました。2018年11月9日に付けた年初来高値2,792円からは大きく下落しています。

イオンの株主優待は保有株数に応じてイオングループでの買い物が3%~7%割引となる優待カードがもらえるため人気は高く、「権利付最終日」の2月25日に向けて株価は上昇していく可能性があります。

⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイント

イオン株のテクニカル分析は?下落時には押し目買いのチャンスも。 

イオンの2018年の株価は、上昇トレンドを形成しており、3月2日の年初来安値1,736円から大きく上昇し、11月9日には年初来高値となる2,792円を付けました。

しかしながら、その後は下落に転じ、現在は200日移動平均線(オレンジ色)も下回っており、今後も下落を警戒する時間帯となっています。12月25日に付けた2,078円を維持できるのかが注目で、ここを下抜けすると心理的節目となる2,000円がポイントとなります。

今後も日経平均株価の値動きに影響を受ける展開が続くと思われますが、トレードするのであればこれらの安値を維持できるかに注目です。2月25日の「権利付最終日」に向けては株価は上昇する可能性があるため、一旦はそこを目指して買いエントリーをしてみても面白いかもしれません。

⇒【初心者・サラリーマンにおすすめの投資法

イオン2019年2月決算見通しは過去最高益を2年連続で更新。配当もあり個人投資家から人気。 

イオンの2018年2月期決算は、売上高が前期比+3.7%の8兆3,900億円、経常利益が前期比+14.1%の2,137億円、当期純利益が前期比+117.9%の245億円と大幅な増益を達成し過去最高益となりました。

2019年2月期決算見通しは、売上高が前期比+3.7%の8兆7,000億円、経常利益が前期比+12.3%の2,400億円、当期純利益が前期比+42.7%の350億円を見込んでおり、過去最高益を大幅に更新する見込みとなっています。

株主優待に加えて、配当利回りも1.6%あり、個人投資家からは根強い人気となっています。

⇒【日経新聞を無料で読む方法

イオン2019年1月以降株価上昇・下落の可能性まとめ 

イオンの株価は年初来高値から大きく下落していますが、株主優待目当ての個人投資家にとっては絶好の買い場となる可能性があります。
まずは直近安値と2,000円を維持できるのかに注目しながら、買いエントリーを検討するのは面白いでしょう。

株式市場全体の地合いが良くなれば、業績の良いイオン株は上昇する可能性が高いでしょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【イオン株急落でお買い得な水準に?
⇒【イオン、フジと業務提携。株価への影響は?
⇒【株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?
⇒【取引履歴の重要性と方法を解説
⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?
⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説
⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?
⇒【静岡銀行・スルガ銀行のビジネスモデル比較
⇒【菅官房長官発言で携帯電話会社の株価下落
⇒【伊藤忠、西友買収検討か?株価への影響は?

関連記事

  1. SKIYAKI(スキヤキ)株価上昇・下落の可能性。日足・週足で逆三尊形成

  2. 携帯電話会社(ドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天)株価大幅下落。菅官房長官、料金4割値下げ発言の影…

  3. MTGがIPO、7月にマザーズ上場へ。主力商品はシックスパッド、リファ、MDNA SKINなど。時価…

  4. レオパレス施工物件、建築基準法違反の疑い。不備の内容、対象物件数、建築年数などの詳細と対応方法とは?…

  5. ニトリ2018年8月以降株価上昇・下落の可能性は?北海道小樽で高級温泉旅館「銀鱗荘」取得で宿泊業参入…

  6. ミクシィ2018年8月以降株価上昇の可能性は?2019年3月期第一四半期決算は大幅減益。「チケットキ…

  7. スルガ銀行、横浜銀行(コンコルディアFG)が買収・統合・合併の可能性は?

  8. 日産自動車株価上昇・下落の可能性は?カルロス・ゴーン会長、報酬過少申告で逮捕報道。

  9. オリエンタルランド2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?ディズニーファストパスのデジタル化を検…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP