NETFLIX(ネットフリックス)料金値上げへ。KDDI(au)プランや株価への影響は?菅官房長官の携帯料金値下げ発言で株価は大幅下落。

ネットフリックスは2018年8月23日、国内の料金値上げを発表しました。

独自コンテンツ充実のために値上げを行いますが、契約者数に影響は出ないという強気の姿勢です。

日本ではKDDI(au)との提携をし、au携帯ユーザーに対してサービスの提供も行っています。

ここではネットフリックスの値上げについてみていきたいと思います。

⇒【猛暑でエアコン売上好調。家電量販店株価への影響は?

ネットフリックス、日本では初の値上げへ。コンテンツの充実を狙う。 

ネットフリックスは日本で提供している3つの料金プランを150円~350円の値上げを行うことを発表しました。

ベーシックが650円から800円、スタンダードが950円から1,200円、プレミアムが1,450円から1,800円に値上げを行います。

新規ユーザーは即時適用(1ヶ月の無料あり)、既存ユーザーは9月以降の値上げとなる予定です。

海外市場では継続的に料金の値上げを行っているネットフリックスであるが、日本では2015年秋に参入して以来、はじめての値上げとなります。

値上げは独自コンテンツの投資に回す予定で、今後もコンテンツを充実させ、ユーザーの獲得を狙っていく戦略です。

⇒【串カツ田中キャッシュレス化を進めない理由

KDDI(au)ネットフリックスプラン値上げへ。 

KDDIは2018年8月28日から「auフラットプラン25 Netflixパック」の提供を開始する予定でしたが、ネットフリックスの値上げにより、2019年1月以降は150円の値上げを発表しました。

ベーシックから高画質プランの切り替えについては、8月28日から追加料金の値上げを行います。

スタンダードは従来の300円から400円、4K対応のプレミアムは従来の800円から1,000円。

ネットフリックス自体の値上げには大きな影響はないとは思いますが、auのプランでの値上げに対してはどのような影響がでるか注目です。

⇒【レオパレス施工物件、建築基準法違法の疑い

KDDI、ネットフリックス値上げの株価への影響は? 

KDDIの株価は、菅官房長官が8月21日の携帯料金は4割値下げ余地があると発言したことを受けて、大きく下落しています。

ここ2日間は大幅下落の反動から多少戻してはいますが、株価は75日移動平均線(水色)より下に位置しており、引き続き下落には注意した方が良いでしょう。

菅官房長官の発言の意図は明かになっていませんが、今後携帯料金の値下げを政府主導で行っていくことになれば、KDDIのみならず大手携帯電話会社に業績や株価に与える影響は大きいです。

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

NETFLIX(ネットフリックス)料金値上げまとめ 

KDDIはネットフリックスプランを提供する直前での値上げとなり、影響がどの程度出るのか注目です。

最終的にはネットフリックスが値上げ分をコンテンツ投資に回し、充実させていけるかがポイントとなる可能性はあります。

KDDIの株価は菅官房長官の発言で大きく下落しており、今後の動向を見守る必要があります。

<こんな記事も読まれています>

⇒【菅官房長官発言で携帯電話会社の株価下落
⇒【KDDI、ネットフリックスと提携
⇒【サラリーマンがiDeCoを活用すべき理由
⇒【ドルコスト平均法を解説
⇒【従業員持株会の詳細を解説
⇒【スルガ銀行の年収・ボーナスの概要とは?
⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?
⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイントとは?
⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイントを解説
⇒【「のれん代」の詳細を解説。会計基準による償却の違いは?
⇒【配偶者控除改正、株式投資のすすめ
⇒【パチンコより株式投資をおすすめする3つの理由

関連記事

  1. 東日本銀行、金融庁から業務改善命令、その詳細とは?親会社コンコルディアFGの株価への影響は?年初来安…

  2. 【スルガ銀行】第三者委員会調査報告書発表による業績・決算に与える影響を分析。

  3. 三菱マテリアル品質不正・改ざん問題で社長交代、役員報酬返上へ。株価や業績への影響とは?日足チャートテ…

  4. 東芝、債務超過解消で上場維持へ。2018年3月期決算は8,040億円で4期ぶり黒字。

  5. みちのく銀行不正融資で懲戒処分。時期、金額、件数などの詳細とは?業績や株価への影響は?

  6. 富士フイルム、ゼロックスの経営統合撤回により法的手段も検討。買収合意も金額やスキームでゼロックス株主…

  7. 味の素株価上昇・下落の可能性は?塩とコンソメ値上げの影響は?

  8. 福山通運2018年10月以降株価上昇・下落の可能性。日曜日の集荷・配達中止の影響。

  9. ブランデス・インベストメント、大塚家具株式を全て売却へ。財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP