ミクシィ2018年8月以降株価上昇の可能性は?2019年3月期第一四半期決算は大幅減益。「チケットキャンプ(チケキャン)」閉鎖の影響。PER・PBRは割安、配当利回りは高い。

ミクシィは2019年3月期第一四半期決算を発表しましたが、前年同期比大幅な減収減益となりました。大幅減益となった背景には、稼ぎ頭であった「チケットキャンプ」の閉鎖の影響がありました。

ここではミクシィの決算の詳細、株価の動きについてみていきたいと思います。

⇒【メルカリ上場へ、公開価格決定で時価総額はミクシィを抜くか

ミクシィ2019年3月期第一四半期決算の詳細は?「チケットキャンプ(チケキャン)」の閉鎖、「モンスト」不調で減収減益。 

ミクシィの2019年3月期第一四半期決算は、売上高は前年同期比▲28.3%の345億円、経常利益は前年同期比▲45.2%の110億円、四半期純利益は前年同期比▲46.8%の72億円と、大幅な減収減益となりました。

チケット売買サイトである「チケットキャンプ」が5月に閉鎖された影響や、ゲームアプリ「モンスターストライク」なども苦戦した影響で、苦しい状況が続いています。

通期見通しは前回発表を据え置き、売上高は前期比▲7.5%の1,750億円、経常利益は前期比▲34.0%の480億円、当期純利益は前期比▲25.8%の310億円となっている。

⇒【株で失敗しないコツ!逆指値注文で確実に損切りしよう

⇒【株で失敗しないコツ!株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?

ミクシィ2018年8月以降株価上昇の可能性は? 

2018年8月9日のミクシィの株価は、前日比▲68円(▲2.3%)の2,835円で取引を終了しました。決算発表は大引け後であったため、株価に影響が出るのは8月10日以降ですが、おおむね予想通りの結果であり、影響は少ないと思われます。以下はミクシィの日足チャートです。

2018年のミクシィの株価は、下降トレンドを形成しています。6月28日に年初来安値となる2,694円を付け、その後は安値圏での推移。テクニカルには10日移動平均線(ピンク色)と25日移動平均線(緑色)が横ばい、75日移動平均線(水色)が下向きとなっており、下降トレンドの中でも方向感が無くなってきています。

現在の株価は25日移動平均線近辺となっており、まずはどちらに動くのか注目です。10日移動平均線と25日移動平均線はゴールデンクロスを完成していますが、一気に上昇していく力強さはないでしょう。

⇒【時価総額を解説。日本・世界のランキングは?

ミクシィのPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、配当利回りは?株価は割安な水準? 

ミクシィの連結PERは7.1倍と、東証マザーズ上場銘柄であることを考えると、かなり低い水準となっています。PBRも1.3倍と同じく低い水準です。

PERとPBRだけを見れば割安な水準にありますが、「チケットキャンプ」の閉鎖によって将来の収益性に対する不安があり、買いが集まりにくい状況となっています。そのため、PER・PBRを見て割安だからと株を買うのは、リスクが高いでしょう。

2019年3月期の配当は124円を予定しており、配当利回りは4.4%と高い水準となっています。配当利回りの高さから個人投資家の買いが入って、下値は限定的となる可能性もあります。

⇒【PERの詳細を解説

ミクシィ2018年8月以降株価上昇の可能性まとめ 

ミクシィの株価は下降トレンドで安値圏での推移となっています。決算発表では予想通り苦しい内容となっており、今後どのように立て直していくのか注目が集まります。

PER・PBR・配当利回りから見る株価は割安ですが、株価が上昇に向かうには時間を要しそうです。

<こんな記事も読まれています>

⇒【ROEの詳細を解説
⇒【BPS(1株当たり純資産)の詳細を解説
⇒【EPS(1株当たり利益)の詳細を解説
⇒【東証マザーズ株価指数の詳細を解説
⇒【ジャスダックスタンダード・グロース・マザーズの違いをわかりやすく解説
⇒【ダウ平均株価、S&P 500、ナスダック総合指数の違いを解説
⇒【ユニバーサル元取締役岡田氏、香港で逮捕
⇒【ペッパーフードサービス2018年8月以降株価上昇の可能性は
⇒【株式投資の真実とは
⇒【初心者に伝えたい株式投資の心構えとは
⇒【株式投資のメリット・デメリットを解説
⇒【損切りの詳細について解説

関連記事

  1. 七十七銀行元行員・鈴木翔容疑者逮捕。顧客預金を不正出金・着服で懲戒解雇。金額などの詳細や被害総額は?…

  2. みちのく銀行不正融資で懲戒処分。時期、金額、件数などの詳細とは?業績や株価への影響は?

  3. LINE(ライン)株価大幅続伸へ。割安感・LINEペイへの期待感が要因。決算や株価への影響とは?日足…

  4. 京都銀行2018年8月以降株価上昇・下落の可能性は?行員が顧客口座から約5,600万円を着服し懲戒解…

  5. トヨタ「アルファード」「ベルファイア」リコールへ。原因などの詳細内容と株価への影響は?

  6. HIS(エイチアイエス)株価年初来安値更新の理由は?原油高・円高で旅行客減少か。JAL(日本航空)・…

  7. ツルハホールディングス2018年8月以降株価上昇の可能性は?ドラッグストア業界で初の2,000店出店…

  8. サイバーエージェント2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?日経平均銘柄に採用、古川機械金属を除…

  9. コメダ珈琲(コーヒー)2018年8月以降株価上昇の可能性は?沖縄に初出店で残すは青森のみ。今年度中に…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP