ペッパーフードサービス2018年8月以降株価上昇の可能性は?「いきなりステーキ」300店舗達成。国内既存店売上高減少もアメリカは好調で出店拡大へ。2017年テンバガー達成銘柄。

2017年にテンバガーを達成したペッパーフードサービス。その要因となったのが「いきなりステーキ」で、日本ではついに300店舗を達成しました。またアメリカでも店舗数を増やし、今後の拡大が期待されます。

ここではペッパーフードサービスの株価の動き、国内外の出店動向、決算についてみていきたいと思います。

⇒【テンバガーの詳細を解説。2018年の候補をランキング

ペッパーフードサービス株価上昇の可能性は?国内300店舗達成の影響は? 

2018年8月7日のペッパーフードサービスの株価は、前日比+180円(+4.6%)と大幅に上昇し、4,120円で取引を終了しています。以下はペッパーフードサービスの日足チャートです。

2018年のペッパーフードサービスの株価は、下降トレンドを形成しており、7月23日には年初来安値となる3,445円を付けました。現在は安値から上昇しています。

テクニカルには25日移動平均線(緑色)と75日移動平均線(水色)は下向きとなっており、下落に要注意なチャートとなっています。10日移動平均線(ピンク色)は上向きで、25日移動平均線とゴールデンクロスを完成していますので、ここから上昇に向かえるか注目です。

本日の大幅上昇で株価は25日移動平均線を突破。目先は25日移動平均線が下値のサポートとなれば、上昇トレンドに転換する可能性はありそうです。

⇒【年初来高値、年初来安値を解説

「いきなりステーキ」国内300店舗達成も、既存店売上高は前年割れ続く。アメリカでは好調で、新規出店拡大へ。 

「いきなりステーキ」は2018年8月9日にニトリ富士吉田店をオープンする予定で、記念すべき300店舗目の出店となります。4月の既存店売上・客数が前年割れとなり、そこから3ヶ月連続で前年割れと今後の成長に向けて不安材料となっています。

国内店舗数は毎月10店舗を超えるペースで出店し、300店舗を達成しましたが、新規出店に依存していくビジネスモデルでは、どこかで限界を迎えます。

国内では苦戦する「いきなりステーキ」ですが、ステーキの本場アメリカでは好調な状況が続いています。2017年2月にニューヨークに1号店をオープンし、2018年8月3日には9店舗目をオープンしました。今後も出店は加速していく予定で、最終的には全米で1,000店舗を目指すとのことです。

国内での成長が鈍化している中、海外展開でカバーできるのかに注目が集まります。

⇒【ぐるなび楽天との業務提携で株価ストップ高。今後上昇の可能性は?

ペッパーフードサービス2018年12月決算見通しは?通期見通し達成は厳しい状況も、配当は20円増配へ。 

「いきなりステーキ」を運営するペッパーフードサービスの2018年12月期決算見通しは、売上高が前年比+73.7%の629億円、当期純利益が前期比+88.5%の25億円を見込みます。

7月30日に発表した上半期決算では、純利益が7億円と通期見通しに対する進捗率は28.5%と苦しい状況となっています。既存店売上高減少が続いている中、通期見通し達成は簡単ではなく、今後の戦略に注目が集まります。

尚、年間の配当は従来の10円から30円に増額することを発表しました。

⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイントとは?

ペッパーフードサービス2018年8月以降株価上昇の可能性まとめ 

ペッパーフードサービスの株価は、「いきなりステーキ」の成長に陰りがみえはじめ、安値圏での推移となっています。通期業績達成も危ぶまれる中、2018年下半期で挽回できるのか、注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【自社株買いの詳細を解説
⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?
⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説
⇒【地方銀行株で利益を上げるための方法やポイントとは?
⇒【株で失敗しないコツ!株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?
⇒【株で失敗しないコツ!過去検証の方法を解説
⇒【株で失敗しないコツ!取引履歴の重要性と方法を解説
⇒【キャッシュフロー計算書の見方を解説
⇒【売上総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率を解説
⇒【自己資本比率、流動比率、当座比率の見方を解説

関連記事

  1. 串カツ田中2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?全面禁煙化、営業時間変更の影響は?8月の既存店…

  2. 神戸製鋼所株主総会、品質データ改ざん問題で批判続出。山口社長は再発防止策を説明。米国司法省の調査や海…

  3. シャープ、東芝のパソコン事業買収。鴻海のノウハウ活用へ。買収金額などの詳細は?株価や業績への影響は?…

  4. エムティジェネックスは仕手?2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?テンバガー達成銘柄。

  5. 「大東建託」株価上昇・下落の可能性。アパートオーナー・地主とトラブル報道の影響は?

  6. QBハウス(ネットホールディングス)2018年8月以降株価上昇・下落の可能性は?2019年2月からヘ…

  7. コインベース日本で仮想通貨取引所開設へ。その詳細や日本進出の目的とは?株主には三菱UFJ。

  8. HEROZ(ヒーローズ)2期連続最高益へ。藤井聡太プロの活躍が影響で人工知能(AI)を活用した将棋ア…

  9. コンコルディアFG2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?東日本銀行、業務改善命令で顧客に数百万…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP