ポーラ・オルビスホールディングス2018年8月以降株価上昇の可能性は?鈴木社長の株式持分・美術品の相続訴訟。2008年に和解済みも譲渡契約書ねつ造の内部告発で再燃。

ポーラ・オルビスホールディングス(HD)の株式持分と美術品に関する訴訟問題が再発しています。鈴木郷史社長に対して、2代目社長であった鈴木常司(鈴木社長の叔父、2000年に死亡)氏の妻が、鈴木社長の保有する株式の大部分は、妻が相続する遺産だったとして民事訴訟を起こしています。

ここではポーラ・オルビスHDの訴訟内容の詳細、株価の動きについてみていきたいと思います。

⇒【初心者・サラリーマンにおすすめの投資法を解説

ポーラ・オルビスホールディングス鈴木社長の株式持分の相続かかわる訴訟の詳細とは? 

鈴木常司氏の妻は、鈴木社長が保有するポーラ・オルビスHDの株式の内、約4,191万株の法定相続分3/4にあたる約3,143万株は自分のものであることの確認を求めています。ポーラ・オルビスHDの2018年8月3日終値4,230円で訴訟金額を算出すると、1,329億円に相当します。

鈴木常司氏の妻と鈴木社長は、2008年頃に当時486億円の遺産相続をめぐって、100件以上の訴訟を繰り広げた上、最終的には和解しました。しかしながら、ポーラ・オルビスHDの元幹部が、鈴木常司氏が無くなった後に、鈴木社長がポーラグループ会社の株式の譲渡契約書を生前に作ったようにねつ造し、それが現在のポーラ・オルビスHDの株式約4,191万株になったとの内部告発がありました。

この内部告発をうけて鈴木常司氏の妻は、遺産相続について新たな疑惑が発生したとして、鈴木社長を相手に訴訟を起こしています。

⇒【RSIとRCIの違いを解説

ポーラ・オルビスホールディングス鈴木社長の相続については和解済みも再度提訴。ポーラ美術館の美術品についての訴訟も。 

第一回の口頭弁論が8月3日に行われ、鈴木社長の代理人は、相続は既に解決・和解済みとしています。これに対して妻の代理人は、和解時にはしらなった新事実が発覚したとして、反論しています。

鈴木常司氏の遺産相続をめぐっては、これだけでなく、ポーラ美術館にある美術品839品についても、妻が本来相続すべきだったと主張しています。こちらの口頭弁論は8月27日に予定されています。

過去にも多数の訴訟を行い和解した両者が、再び裁判を行うという泥沼の展開となりつつあります。

⇒【ボラティリティの詳細を解説

ポーラ・オルビスホールディングスの株価上昇の可能性は?日足チャート的には下落に向かいやすいチャート。 

ポーラ・オルビスHDの2018年8月3日の株価は、前日比+15円(+0.4%)の4,230円で取引を終了しており、特に相続問題の訴訟の影響は出ていません。以下はポーラ・オルビスHDの日足チャートです。

2018年のポーラ・オルビスHDの株価は、年初上昇トレンドを形成しており、5月31日には5,410円の年初来高値を付けました。その後は大きな下落調整となり、年初来高値から約20%の下落となっています。

テクニカルには、3本の移動平均線が下向きとなっており、10日移動平均線(ピンク色)と25日移動平均線(緑色)がそれぞれ75日移動平均線(水色)とデッドクロスを完成しており、下落しやすいチャートとなっています。

ひとまずは3月26日に付けた安値4,140円を維持することができるのかがポイントです。それを下抜けると、次は4,000円前後の攻防となります。ここから株価が上昇に向かうためには、75日移動平均線を突破する必要がありますが、時間を要しそうです。

⇒【ツルハホールディングス業界初2,000店舗出店。株価への影響は?

ポーラ・オルビスホールディングス2018年8月以降株価上昇の可能性まとめ 

ポーラ・オルビスHDは10年前に和解済みの親族による相続問題が再燃しています。訴訟が長期化すれば、株価や業績に与える影響は大きそうです。

株価は年初来高値から大きな下落調整となっており、チャート的には下落に向かいやすい形となっています。

<こんな記事も読まれています>

⇒【大塚家具株価上昇の可能性は?身売り・スポンサー探しの影響は?
⇒【ガイア粉飾決算を内部告発する怪文書がマスコミへ
⇒【リンガーハット商品値上げ報道で株価上昇へ
⇒【ドルコスト平均法を解説
⇒【従業員持株会の詳細を解説
⇒【NISAの詳細を解説
⇒【カルテルの詳細をわかりやすく解説
⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイントとは?
⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイントを解説

関連記事

  1. 七十七銀行元行員・鈴木翔容疑者逮捕。顧客預金を不正出金・着服で懲戒解雇。金額などの詳細や被害総額は?…

  2. スルガ銀行2019年3月期上半期決算は900億円の赤字に転落。債務超過の可能性は?

  3. エムティジェネックスは仕手?2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?テンバガー達成銘柄。

  4. 神戸製鋼所株主総会、品質データ改ざん問題で批判続出。山口社長は再発防止策を説明。米国司法省の調査や海…

  5. 「回転売買」の詳細を株初心者にわかりやすく解説。読売新聞報道の準大手証券会社はどこ?

  6. 携帯電話会社(ドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天)株価大幅下落。菅官房長官、料金4割値下げ発言の影…

  7. 静岡銀行・スルガ銀行のビジネスモデル比較。金融庁主導で買収・合併の可能性も?貸出先別金額、個人向けロ…

  8. 大阪ガス2018年8月以降株価上昇の可能性は?大口顧客囲い込みによる独占禁止法違反の疑いで立ち入り検…

  9. カブドットコム証券、株価上昇・下落の可能性。KDDIが559円でTOBを発表、上場廃止へ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP