ヤマトホームコンビニエンス、約17億円の引越し代金水増し・過剰請求。株価や業績に与える影響とは?2018年6月高値を突破して年初来高値更新となるか?

ヤマトホールディングス(YHD)の子会社で引越し業を行うヤマトホームコンビニエンス(YHC)が過剰請求を行った問題で、社内調査の結果が2018年7月24日に発表されました。

ここではYHCの過剰請求に詳細とYHDの業績と株価に与える影響についてみていきたいと思います。

ヤマトホームコンビニエンスの水増し・過剰請求問題が明かになったのは、元社員である槙本氏の内部告発。 

YHCの過剰請求問題は、元社員で営業支店長も経験した槙本元氏の内部告発で明らかになりました。槙本氏によれば、営業支店長を務めていた2010年に社内で水増し請求を指摘し、顧客に対して約400万円の返金を行った経験があります。その後も水増し請求が行われている可能性が高いとして、内部告発を行いました。

YHDは過大請求があったことを認め、社内調査を進めてきました。そして2018年7月24日にYHDの山内社長とYHCの和田社長が会見を開き、過大請求の社内調査結果を発表しました。

ヤマトホームコンビニエンスの水増し・過剰請求についての社内調査の結果とは? 

社内調査の対象期間は2016年5月~2018年6月の約2年間。3,367法人から受注した約12万4,000件に引っ越しサービスの内、不適切な請求が2,640社に対して計約40,800件あり、総額は約17億円となることを記者会見で報告しました。

不適切請求が行われた要因としては、事前見積もりから実際の引越しで荷物量の増減があったにもかかわらず、実作業に即した料金を請求せずに見積もり通り請求していたことが原因です。今回対象となったのは法人に対する契約のみで、個人向けの引っ越しサービスでは、同様の事態が発生する可能性は極めて低いとしています。

対象となった法人には前日までに一報と謝罪を完了し、今後返金対応を含めて対応していく予定とのことです。

水増し・過剰請求がヤマトホールディングの株価や業績に与える影響とは? 

今回の水増し請求がYHDの業績に与える影響は現在精査中となっている。YHDの2019年3月決算見通しでは、当期純利益が360億円となっており、今回の17億円が与える影響は少なからずありそうです。

今回の水増し請求の発表は株式市場終了後であったため、YHDの株価に影響が出るのは2018年7月25日以降となります。YHDの株価は再度上昇を試している最中であり、どの程度の影響があるか注目です。

テクニカルには株価は25日移動平均線(緑色)を突破しており、上昇にむかいやすいチャートとなっています。今回のニュースで知アド下落に転じるとしても、75日移動平均線(水色)で反発できれば、再び上昇に向かう可能性は高いと考えています。

ヤマトホームコンビニエンス、約17億円の引越し代金水増し・過剰請求まとめ 

YHCの社内調査では約17億円と巨額の水増し・過大請求があったことが明かになりました。ただ、内部告発があったのは2011年頃の話であり、今回の調査対象期間以前には該当がないのか疑問が残ります。

YHDの業績に対する影響は精査中とはなっていますが、少なからず影響はありそうです。株価も再度上昇に向かっていた中、市場がどのような反応を見せるのか注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【ヤマトHD、異例の決算発表期限延期を申請。株価への影響は?
⇒【2018年7月31日ヤマトHD決算発表。過大請求約31億円を計上へ。
⇒【ヤマトホームコンビニエンス元支店槙本氏・不正請求は組織的と反論。刑事告発も検討
⇒【宅配・運送業者株で利益を上げるための方法やポイントとは?
⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?
⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説
⇒【ヤマトホームコンビニエンス引越し料金水増し請求。株価への影響は?
⇒【百貨店5社配送料値上げでカルテル、その詳細とは?
⇒【ファミマ、ドンキとのコラボ店好調。株価上昇の可能性は?
⇒【セブンアンドアイHD株価上昇の可能性は?

関連記事

  1. 積水ハウス2018年8月以降株価上昇の可能性は?男性社員1ヶ月以上の育休完全取得する制度を9月から導…

  2. 東海カーボン、決算上方修正で上場来高値更新へ。韓国関連会社の子会社化に伴う特別利益計上。株価はどこま…

  3. JR九州2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?40%の路線・区間が不採算、鉄道維持か廃止を自治…

  4. カッパ・クリエイト2018年8月以降株価上昇の可能性は?かっぱ寿司食べ放題サービス「食ベホーMAX!…

  5. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?

  6. ヤマトHD2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?子会社過大請求問題で2019年3月期第一四半…

  7. 宅配ボックス設置規制緩和が宅配業者(ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便)に与える影響やメリットは?人手不…

  8. メルカリ東証マザーズ上場。株価は一時ストップ高で時価総額は8,000億円超でマクドナルド超えへ。終値…

  9. 積水ハウス2018年7月以降株価上昇の可能性は?土地取引の詐欺被害で株主が阿部俊則会長を提訴。日足チ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP