JR九州2018年8月以降株価上昇の可能性は?アリババと提携、中国人観光客の増加目指す。アリペイの普及で2023年に100万人へ。業績や株価への影響は?

JR九州と中国のアリババが戦略提携したことが、2018年7月23日明らかとなりました。2社の提携の狙いは何なのでしょうか?

ここでは提携の内容やJR九州の株価の動きについてみていきたいと思います。

JR九州とアリババの戦略提携の詳細とは?2023年度に中国人観光客100万人を目指す。「Fliggy(フリギー)」で旅行プラン販売へ。 

JR九州はアリババの提携で、2023年度に中国からの観光客100万人を目指します。アリババは1日1,000万人以上が訪問する旅行サイト「Fliggy(フリギー)」を運営しており、そのサイトに九州の観光地の旅行プランを掲載することで、中国人観光客の増加を狙います。

中国人観光客は年間1億3,000万人と、世界最大となっています。そのうち日本への観光客は6%程度と、増加の余地は多いです。九州を訪問する中国人観光客は、クルーズ船利用者が大半を占め、一時的に訪問するのが一般的となっています。今回の提携では一時的な訪問とならないよう、九州の魅力的な観光地への誘致を行います。

アリババは他の国でも同様の提携によって、観光客を増やした実績があり、今回の提携でも効果が出る可能性は高そうです。中国では電子マネー「アリペイ」での支払いが一般的となっており、「アリペイ」を普及させることができるかも大きなポイントです。

⇒【ヤマトホームコンビニエンス引越し料金水増し請求。株価への影響は?

⇒【百貨店5社配送料値上げでカルテル、その詳細とは?

JR九州の2018年8月以降株価上昇の可能性は?日足チャートによるテクニカル分析は? 

JR九州の2018年7月23日の株価は、前日比+15円(+0.4%)の3,425円で取引を終了しましたが、アリババとの提携が発表された直後には株価は大きく上昇し、一時3,520円の高値を付けています。

JR九州の株価は6月13日に3,630円の高値を付けた後、調整局面を迎えていましたが、今回の提携発表で上昇に向かえるか注目です。

テクニカルには株価は25日移動平均線(緑色)を上回っており、一時的には75日移動平均線(水色)も上回っています。3月5日につけた3,180円からの安値切り上げを完成しており、今後上昇に向かうためには安値を維持したまま、75日移動平均線を終値ベースで上抜けする必要があります。

アリババとの提携による効果は大きく、今後6月13日高値3,630円を突破していく可能性は十分になると思います。

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

JR九州の2019年3月期決算見通しは?アリババとの提携で上方修正あるか?PER(株価収益率)・配当利回りは? 

JR九州の2019年3月の決算見通しは、売上高が前期比+6.4%の4,397億円、当期純利益が前期比▲5.8%の475億円となっています。減益見通しで苦しい状況の中、今回のアリババとの提携による、長期的な決算へのプラスの影響が期待されます。

JR九州のPERは11.5倍と全体の平均と比較すると低いですが、成熟している産業のため、ここからの大きな上昇は見込めないかもしれません。配当利回りは2.4%と比較的高い水準にあるため、下値の余地も少なく、アリババとの提携がうまくいけば、上昇に向かう可能性は高そうです。

⇒【PERの詳細を解説

⇒【PBRの詳細を解説

JR九州2018年8月以降株価上昇の可能性まとめ 

中国で影響力の高いアリババとJR九州の提携は、今後中国人観光客を増やすのに大きな効果が期待できそうです。JR九州の株価や業績にどのような影響を与えるのか、注目が集まります。

<こんな記事も読まれています>

⇒【株式投資で億り人達成のコツや方法とは?

⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説

⇒【地方銀行株で利益を上げるための方法やポイントとは?

⇒【宅配・運送業者株で利益を上げるための方法やポイントとは?

⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイントとは?

⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイントを解説

⇒【株で失敗しないコツ!資生堂で過去検証その結果は

⇒【株で失敗しないコツ!株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?

関連記事

  1. ファミリーマート、民泊Airbnb(エアビーアンドビー)と業務提携へ。その内容や狙いとは。株価は年初…

  2. ダウ平均株価のチャート解説(2018年5月第3週/5月14日週)。25,000ドルを目前に下落。

  3. TATERU(タテル)2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?預金残高の改ざん・水増しを行い、西…

  4. 串カツ田中2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?キャッシュレス化の流れの中、クレジットカード決…

  5. 【ケフィア】干し柿・ヨーグルトのオーナー制度で出資金集めるも債務不履行へ。未払い金は340億円規模?…

  6. オウケイウェイブ、仮想通貨Wowbit(WWB)上場も株価急落。Bit-Zに上場もICO価格割れで期…

  7. 「ハウステンボス」東証上場の時期や目的は?親会社HIS、中国企業の出資受け入れは中止。

  8. トランプ大統領、決算発表を四半期から半期へ変更提案。株式相場への影響やメリット・デメリットとは?米証…

  9. イオン株価堅調で年初来高値更新で11年ぶり高値へ。その要因とは?決算内容や株価の値動きとは?株主優待…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP