【株式投資で億り人(おくりびと)】は達成可能か?テンバガーと呼ばれる株価が10倍以上になる銘柄も。探し方や見つけ方のコツとは?2018年はオウケイウェイブ、2017年はペッパーフードサービス。

2017年は仮想通貨がブームとなり、億り人と呼ばれる1億円以上の資産を築いた人が話題となりました。株式投資を行っている人でも、1億円以上稼ぐことを夢見ている人も多いと思います。

確かに仮想通貨は昨年バブルとなり、多くの通貨の価格は高騰しましたが、2018年に入るとピークの半値以下となっているものがほとんどです。株式投資ではそこまでの値動きの荒さはないものの、実際には億り人となっている人も存在はします。

ここでは株式投資で億り人になるための方法を紹介していきたいと思います。

株式投資で億り人(おくりびと)を目指すならテンバガー銘柄を見つけよう。2017年にはいきなりステーキのペッパーフードサービスなど。 

株式投資では仮想通貨のように1年間で数百倍から数千倍となる銘柄はありませんが、10倍以上となる銘柄は存在します。1年間で株価が10倍以上になる銘柄のことをテンバガーと言い、株式投資家の中でも注目を集めています。

2017年にテンバガーを達成した銘柄は9つあり、有名なところではいきなりステーキを運営するペッパーフードサービスがそのうちの1つです。いきなりステーキは今やだれもが知るお店となっており、利用したことがある人も多いと思います。このように自分が利用したことがあるお店の株を購入してみると、その後株価が大きく上昇するということがあるのも、株式投資の醍醐味だと思います。

そのように消費者ではなく、投資家としての目線を持つことで、テンバガー銘柄を見つけるチャンスは意外と簡単にあるかもしれません。

⇒【2017年テンバガー達成銘柄ランキング。身近なあの銘柄も!?

2018年テンバガー銘柄オウケイウェイブで億り人(おくりびと)達成可能だった?仮想通貨WOWBITが大注目で株価高騰。 

2018年の既にテンバガーを達成した銘柄があります。Q&Aサイトを運営し、仮想通貨WOWBITにも関係しているオウケイウェイブが2018年早々にテンバガーを達成しました。

その後は期待の高かった仮想通貨WOWBITがあまり盛り上がらなかったことから、ピークから比べると株価は大きく下落していますが、まだ年初から4倍以上の株価水準となっています。

仮想通貨は2017年末には相当な盛り上がりを見せており、日本の上場企業であるオウケイウェイブがWOWBITに関わることは昨年末時点では明らかになっていました。この点に注目していれば、2018年にテンバガー銘柄を掴めていた可能性は十分にあったと思います。

⇒【2018年テンバガー候補銘柄は?これを見れば株価10倍も夢ではない!?

株式投資で1年間で億り人(おくりびと)を目指すのは現実的か?リスクを取り過ぎず、長期スパンでの実現を目指そう。 

仮想通貨に比べると株式投資ではせいぜい1年間で10倍と物足りなさを感じる人もいると思いますが、その分大きく下落して損をするリスクも低いと言えます。仮想通貨はまだ運用開始されていないものも多く、今後プロジェクトが実現せずに終了する可能性もありますが、株式投資であれば厳しい審査を通過して上場しているので、価値が0になる可能性は限りなく低いと言えます。

リターンばかりに目が行ってしまい、仮想通貨に興味を持つ人が多いですが、リスク管理や銘柄の見つけやすさを考えると、株式投資の方が良いのではないかと思います。ただもし株式投資で億り人を目指すのであれば、テンバガー銘柄を見つけられたとしても1,000万円、信用取引を利用したとしても300万円の資金が必要になります。

なかなかハードルが高いように思えますが、普通は1年で資産を数倍にすると言うのは無理があり、実現しようとするとリスクを過剰に取り過ぎています。株式投資では時間をかけて資産を増やしていくのが現実的だと思いますので、10年単位とかで1億円を目指していくのがよいと思います。

⇒【日経平均株価3万円到達の可能性は

【株式投資で億り人(おくりびと)】は達成可能かまとめ 

株式投資で億り人は達成可能だと思いますが、1年などの短い期間で目指すのは現実的ではありません。そもそも投資において、1年間で数倍のリターンが得られるようなものは、リスクが高く、初心者などにはおすすめできるものではないです。

株式投資では自分の大切な資金を守りながら、安定的に資金を増やしていく方法を目指していくべきでしょう。10年単位で見れば、株式投資で億り人を目指すことは可能ですので、欲望に惑わされずに堅実に投資していくことをおすすめします。

<こんな記事も読まれています>

⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説

⇒【株式投資の真実とは

⇒【初心者に伝えたい株式投資の心構えとは

⇒【株式投資のメリット・デメリットを解説

⇒【株で失敗しないコツ!過去検証の方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!取引履歴の重要性と方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!逆指値注文で確実に損切りしよう

⇒【テンバガーの詳細を解説。2018年の候補をランキング

⇒【2017年テンバガー達成銘柄ランキング

関連記事

  1. 岡野光喜スルガ銀行会長、融資の私的流用の金額は数十億円規模?株価は大幅安、今後の値動きへの影響は?第…

  2. ヤマト過大・水増し請求の影響額31億400万円を計上し、2019年3月期決算修正へ。子会社ヤマトホー…

  3. TATERU(タテル)が倒産(潰れる)する可能性を分析。預金残高改ざん・水増し、見せ金無利息融資など…

  4. TATERU(タテル)3日連続ストップ安で制限値幅の拡大へ。詳細や東京証券取引所が定めるルールとは?…

  5. コンコルディアFG2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?東日本銀行、業務改善命令で顧客に数百万…

  6. メルカリ2018年8月以降株価上昇の可能性は?黒字化のタイミングは?2018年6月期決算は赤字幅拡大…

  7. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

  8. スシロー2019年2月以降株価上昇・下落の可能性。働き方改革で店舗一斉休業の影響は?

  9. スズキ2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?測定結果不正書き換え・改ざん発覚。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP