串カツ田中2018年7月株価上昇の可能性は?全面禁煙で来客数増加も既存店売上高は減少へ。家族連れ増で客単価は下落。業績・株価への影響や今後の予想は?

3547 串カツ田中ホールディングスは2018年7月5日に6月の月次報告を発表しました。全面禁煙を導入し、今後の客足増・売上増が期待されている中、どのような結果となったのでしょうか?

ここでは串カツ田中の月次報告の詳細と株価や業績への影響についてみていきたいと思います。

串カツ田中2018年6月既存店客数増・売上高減。全面禁煙化の効果は出ているのか?店舗数の増減は? 

串カツ田中の2018年6月の月次報告では、既存店客数は前年同月比+2.2%と2か月ぶりのプラスに転じました。

しかしながら、既存店売上高が前年同月比▲2.9%と5月の▲2.1%に続いて2ヶ月連続での減少。客数は伸びたものの、客単価は前年同月比▲5.0%となっています。

串カツ田中は店舗の全面禁煙を導入し、家族連れの取り込みを狙っていました。その取り組みもあって客数は伸びていますが、代わりにサラリーマンの来店が減少。家族連れはサラリーマンと比較してアルコールの注文が少なくなるため、客単価は減少しています。

串カツ田中は、全面禁煙導入による客単価減少は想定の範囲内で、客数増加を考えると良い結果と分析しています。

串カツ田中の店舗数は2018年6月末時点で197店舗(直営86+フランチャイズ111)となり、前月から3店舗増加。全店舗売上高は前年同月比+27.6%と店舗数増加が寄与している状況です。

串カツ田中の2018年度決算見通しは?全面禁煙化、既存店客数増、売上高減の影響は?通期見通しに対する進捗率は? 

串カツ田中の2018年11月決算は、売上高が75億円、当期純利益が3億9,000万円を見込んでいます。第一四半期決算では売上高が15億円と通期見通しに対する進捗率は20%、四半期純利益が7,059万円と通期見通しに対する進捗率は18.1%となっています。

第一四半期の決算を見ると通期見通し対比ややビハインドとなっています。今後の新規出店である程度の拡大は期待できますが、全面禁煙化によって既存店の客数・売上高をどこまで伸ばせるかがポイントとなってきます。

串カツ田中の株価2018年7月以降上昇の可能性は?日足チャートによるテクニカル分析、今後の値動き予想は? 

串カツ田中の株価の値動きをみていきましょう。以下は日足チャートです。

2018年の串カツ田中の株価は緩やかな下降トレンドを形成しています。既存店売上高がマイナスマイナスとなった2018年7月5日には2,640円の安値を付けています。

テクニカルには10日・25日・75日の3本の移動平均線が下向きとなっており、弱いチャートの形状です。7月6日には約3.3%と大きく上昇していますが、株価は10日移動平均線(ピンク色)と25日移動平均線(緑色)の下に位置しているため、上抜けできるか注目です。25日移動平均線が位置する2,890円近辺がレジスタンスとなると、下降トレンド継続となるでしょう。

現状のチャートでは、株価が上昇に向かう様子はなく、全面禁煙化が客数・売上に結び付くまでは横ばいから下落となる可能性が高そうです。

串カツ田中2018年7月株価上昇の可能性まとめ 

2018年6月の月次報告では客数増、売上単価減となりましたが、ひとまずは全面禁煙化はプラスに働きそうな形となっています。今後どのように結果として出てくるか注目です。

2020年には東京オリンピックを控え、世界的には禁煙化の流れが進んでいます。いち早く全面禁煙化を取り入れた串カツ田中の業績・株価の動きに注目していきましょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【GEがダウ平均株価から除外へ。構成銘柄一覧は

⇒【ワールドカップの経済効果、日経平均株価やビットコインに与える影響を解説

⇒【東証マザーズ指数年初来安値更新、その要因とは

⇒【三菱UFJモルガン証券、国債取引で相場操縦か

⇒【日立化成品質データ不正の詳細とは

⇒【大東建託長時間労働で是正勧告。株価への影響は?

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

関連記事

  1. 井筒屋2018年8月以降株価上昇の可能性は?JR小倉駅前百貨店「コレット」から2019年撤退へ。2期…

  2. MTGがIPO、7月にマザーズ上場へ。主力商品はシックスパッド、リファ、MDNA SKINなど。時価…

  3. 野村證券/ホールディングス株価上昇・下落の可能性。決算赤字転落の影響は?

  4. 日本郵船株価下落で年初来安値更新か?2018年7月25日に通期業績大幅下方修正。コンテナ事業統合費用…

  5. 日経平均株価3万円、2018/2019年に達成の可能性・シナリオは?2018年後半に25,000円突…

  6. J-REIT(リート)は2018年8月以降も上昇トレンド継続か?東証J-REIT指数は日経平均株価の…

  7. 丸紅2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?年初来高値更新で11年振りに1,000円突破。

  8. スバル(SUBARU)検査不正発覚後初の新型車、フォレスター発売へ。株価や決算への影響とは?業績や信…

  9. 日立製作所2018年8月以降株価上昇の可能性は?2019年3月期第一四半期決算は発表、純利益は過去最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP