日経平均株価3万円、2018/2019年に達成の可能性・シナリオは?2018年後半に25,000円突破となるか?企業業績、米中貿易摩擦、ドル円相場の影響は?

2018年も早いもので約半分が経過しました。日経平均株価は1月23日に24,129円を付けるものの、その後は下落して調整の時間が続いています。

年初には日経平均株価は2018年中に3万円到達を予想する人もいましたが、今ではあまり聞かなくなりました。本当に3万円到達の可能性は無くなってしまったのでしょうか?ここでは2018年日経平均株価3万円到達の可能性についてみていきたいと思います。

日経平均株価2018年前半の値動き。米国長期金利上昇によるリスク回避から急落する場面も。 

2018年の日経平均株価は大発会から大幅上昇となり、1月23日には24,129円の高値を付けました。その当時はどこまで上昇が続くのか、25,000円到達は時間の問題という話が良くありました。

ところが2月に入ると米国の長期金利上昇からリスク回避の動きが株式市場に波及し、日経平均株価は急落、3月26日には20,347円の安値を付けました。高値からの下落率は約15.7%となります。

その後日経平均株価は持ち直していますが、直近では23,000円近辺で2度失速し、6月27日時点では22,271円と2017年末終値対比約▲2.2%の下落となっています。約2ヶ月間にわたって、22,000円台でもみ合っていることから、現時点ではさすがに年内に30,000円到達を予想する声は無くなりました。

日経平均株価2018年前半の日足・週足・月足チャートの分析。2018年後半の値動き予想は? 

日経平均株価の日足チャートでは、10日(ピンク色)・25日(緑色)・75日(水色)の移動平均線がほぼ横ばいとなっており、方向感が無くなっています。22,000円台は2017年11月から約2ヶ月間もみ合った価格帯でもあり、突破するのは容易ではなさそうです。とりあえず当面の目標としては、75日移動平均線を維持したまま、5月21日高値23,050円の更新を期待したいところです。

日経平均株価の週足チャートでは、2016年6月24日安値14,864円からの上昇は続いていますが、赤線で示した通り3段上げは終了。ここから更に上値を目指すには時間を要しそうなチャートとなっています。

日足・週足チャートでみると上昇には時間を要しそうで、2018年中に30,000円台到達はかなり厳しい状況になってきていると言えそうです。

次に日経平均株価の月足チャートをみていきましょう。月足レベルでは2018年前半の下落は大した下落ではなく、上昇トレンドは崩れていないと判断することができます。

日経平均株価3万円達成の可能性は?米中貿易摩擦、ドル円為替相場の動きは?北朝鮮リスクは後退。 

日本企業の決算自体は好調であるものの、足元ではアメリカと中国の貿易摩擦が懸念されて、世界的に株価は調整局面に入っています。その問題が解決するまでは、大きな上昇は見込めなそうな展開です。

年初に懸念されていた北朝鮮問題は、米朝首脳会談が実現し、非核化に向けて動き出すこととなりました。そのため北朝鮮リスクについては今のところは考えなくて良さそうです。

そして日経平均株価にとって大きな要素となるのがドル円相場の行方。現在は110円前後での推移となっているが、今後円高に進むようだと株価上昇の重しとなるでしょう。反対に円安に進行すれば、株価は大きく上昇するきっかけとなりやすいです。

日経平均株価3万円、2018/2019年に達成の可能性まとめ 

現時点の状況を考えると、2018年中に日経平均株価が3万円に到達する可能性は低そうです。ただ、年初来高値を更新して25,000円を突破する可能性は十分にあります。今後2018年度第一四半期決算が順次発表され、引き続き企業業績の好調さが確認されれば、買われるきっかけになるかもしれません。

もちろん米中貿易摩擦の行方やドル円相場の動きは無視することはできず、日経平均株価に与える影響は大きいので、注意が必要となります。これらの不確定要素を考慮すると、現実的には日経平均株価は2018年後半に25,000円台を突破、2019年に30,000円をトライするというシナリオが現実的でしょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

⇒【⇒【日経平均株価6月第3週のチャート解説】】

⇒【ダウ平均株価2018年6月第3週のチャート解説

⇒【株式投資の真実とは

⇒【初心者に伝えたい株式投資の心構えとは

⇒【株式投資のメリット・デメリットを解説

⇒【株で失敗しないコツ!過去検証の方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!取引履歴の重要性と方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!逆指値注文で確実に損切りしよう

関連記事

  1. 【ケフィア】干し柿・ヨーグルトのオーナー制度で出資金集めるも債務不履行へ。未払い金は340億円規模?…

  2. レオパレス2018年8月以降株価上昇・下落の可能性。建築基準法違反の影響で2019年3月期第一四半期…

  3. アパマン(APAMAN)2018年12月以降株価上昇・下落の可能性は?札幌爆発事故の影響は?

  4. 「回転売買」の詳細を株初心者にわかりやすく解説。読売新聞報道の準大手証券会社はどこ?

  5. セリア5月既存店売上高減少で株価は大幅下落。客数・客単価・店舗数などの詳細や業績への影響とは?

  6. 神戸製鋼所株主総会、品質データ改ざん問題で批判続出。山口社長は再発防止策を説明。米国司法省の調査や海…

  7. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

  8. ぐるなび2018年8月以降株価上昇の可能性は?楽天との資本業務提携、2019年3月期決算発表でストッ…

  9. コインベース日本で仮想通貨取引所開設へ。その詳細や日本進出の目的とは?株主には三菱UFJ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP