メルカリ上場(IPO)時のオーバーアロットメント(売出)・グリーンシューオプションの意味とは?公開価格は上限3,000円で決定、時価総額は4,000億円超えでミクシィを抜き東証マザーズ最大へ。公募・売出株数の詳細とは?

2018年6月19日に東証マザーズに上場するメルカリの公開価格が6月11日決定しました。公開価格ベースの時価総額はいくらになったのでしょうか?ここではその詳細をみていきたいと思います。

メルカリ、東証マザーズ上場(IPO)への公開価格とは?時価総額はミクシィ超えか?公募、売出株数の詳細とは?国内、海外の内訳は? 

メルカリの公開価格は3,000円と、仮条件2,700円~3,000円の上限で決定しました。公開価格3,000円をベースとした時価総額は約4,060億円(オーバーアロットメントによる売出を除く)と今年最大のIPO案件となります。

また東証マザーズ上場銘柄のうち、時価総額が約2,465億円と最大のミクシィを抜き、メルカリは上場と同時に東証マザーズ時価総額トップに躍り出る可能性が高いです。

メルカリは上場時に1,815万9,500株の公募(新規発行)を行い、うち428万8,700株を国内、1,387万800株を海外で発行します。公開価格をベースとした公募による資金調達額は約545億円で、借入金の返済やユーザー獲得のための広告費に使う予定となっています。

また上場時に既存株主から行う売出は2,255万4,800株で、うち国内が1,464万8,200株、海外が790万6,600株となっています。

メルカリ、東証マザーズ上場のオーバーアロットメント(売出)、グリーンシューオプションの意味・詳細とは?

オーバーアロットメントとは、株式上場時の募集・売出において、予定株数を上回る買い(需要)があった際に、追加での販売を行うことをいいます。この追加での販売可能株数は、募集・売出株数の15%以内と定められています。

追加販売を行う際には、主幹事証券会社が主要株主から株式を一時的に借りて、対応します。その後主幹事証券会社は主要株主へ株式の返還を行うために、公募・売出条件と同じ価格で株式を購入できる権利が付与されます。この権利のことをグリーンシューオプションといいます。

株式上場後に株価が公募・売出価格を上回った場合には、主幹事証券会社はグリーンシューオプションを行使して、新株発行を受けて主要株主への株式返還を行います。

株式上場後に株価が公募・売出価格を下回った場合には、主幹事証券会社はグリーンシューオプションを行使せず、マーケットから買付することにより、主要株主へ株式の返還を行います。このマーケットから買付することによって、新株発行による株価下落は防ぎ、株価が安定する効果があります。

主幹事証券会社はグリーンシューオプションにより、オーバーアロットメントの売出を対応しても、損失を被ることはありません。

メルカリ、東証マザーズ上場(IPO)時のオーバアロットメントによる追加売出株数の詳細とは? 

メルカリのオーバーアロットメントによる売出株数は284万500株が上限となっており、これは公募・売出株数の約7%に相当します。

オーバーアロットメントの売出株数を考慮した公募価格ベースでの時価総額は約4,145億円となります。

メルカリ上場(IPO)時のオーバーアロットメント(売出)・グリーンシューオプションの意味まとめ 

注目のメルカリの東証マザーズ上場日が近づいてきました。予想を上回る需要であることから、公開価格も仮価格の上限で決定し、上場後は更なる上昇が期待されます。

IPOに当選しなかった人も上場後は売買チャンスはありますので、オーバーアロットメントの意味を理解した上で、トレード機会を探ってみるとよいでしょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【メルカリ上場へ、時価総額は4,000億円超えか?

⇒【メルカリの東証マザーズ上場について解説

⇒【M&Aの詳細を解説

⇒【シックスパッド・リファのMTGがマザーズへ上場

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

⇒【日経平均株価2018年6月第1週のチャート解説

⇒【ダウ平均株価2018年6月第1週のチャート解説

関連記事

  1. トランプ大統領、決算発表を四半期から半期へ変更提案。株式相場への影響やメリット・デメリットとは?米証…

  2. 【DMM株】2019年2月1日からIPO取扱い開始。完全平等抽選、手数料無料でおすすめ。

  3. 株式投資での3つの儲け方を初心者に解説~値上がり益、配当利益、株主優待~

  4. 十八銀行・ふくおかFG経営統合承認で株価上昇。公正取引委員会が許可。地方銀行再編のモデルケースとなり…

  5. 丸紅2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?年初来高値更新で11年振りに1,000円突破。

  6. 資本余剰金を原資とした配当の詳細を解説。利益剰余金以外から行う理由とは?源泉徴収なく、税金の取扱いの…

  7. ビックカメラ2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?LINE(ライン)Pay還元キャンペーンの影…

  8. J-REIT(リート)は2018年8月以降も上昇トレンド継続か?東証J-REIT指数は日経平均株価の…

  9. 「決算短信」「有価証券報告書」「四半期報告書」の提出期限、延長申請についてわかりやすく解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP