宇部興産、検査データ改ざんの不正出荷が業績や株価に与える影響は?処分などの詳細内容とは?日足チャートテクニカル分析から見る今後の値動き予想とは?

4208 宇部興産は2018年6月7日、検査データを改善して不正に集荷していた問題に関する調査報告書を公表しました。

ここではその詳細と業績や株価に与える影響をみていきたいと思います。

宇部興産、品質検査の不適切行為の詳細とは?対象商品数や改ざんが行われた時期とは? 

宇部興産はポリエチレン製品の強度に関するデータを改ざんしたり、生コンクリートに届け出と異なる山地の原料を使用するなどの不正が明らかになっていましたが、本日発表した調査報告書では、グループ内6社で合計24製品で不正出荷を行っていたことがわかりました。

検査データの改ざんなどの不正は1970年代から行われていた可能性があり、品質を軽視するような風土が過去からできていたことになります。

⇒【スミダ株インサイダー取引の詳細を解説

⇒【東亜道路工業、ニチレキなど8社がカルテルの疑い

宇部興産、品質データ改ざんによる社内の処分とは?業績への影響は? 

宇部興産は調査報告書の内容を発表するとともに、今回の問題に対する経営責任明確化のため、山本社長は6月の月額報酬を全額返上し、その他の役員についても30~60%減額することを6月6日の取締役会で決議したと発表しました。

今後不正があったグループ会社役員についても同様の処分を行う予定とのことです。

今回の不正行為による業績への影響は発表されておらず、現時点では軽微と見られていますが、会社の信頼を揺るがす問題のため、今後の取引や商売に影響が出る可能性は高いと思います。

宇部興産の2019年3月期の決算見通しでは、当期純利益は前期比▲3.7%の305億円を見込んでいます。

⇒【PERの詳細を解説

⇒【PBRの詳細を解説

宇部興産、検査データ改ざんによる株価の動きは?今後の影響や値動き予想は?日足チャートのテクニカル分析は? 

検査データ不正の調査報告を発表した本日の宇部興産の株価は、前日比+10円(+0.3%)の3,185円と小幅に上昇して引けていますが、不正のニュースが伝わった5月29日以降、株価は大きく下落しています。

以下は宇部興産の日足チャートです。

2017年夏以降、3,000円~3,500円レンジのボックス相場が継続しています。

現在の株価は75日移動平均線(水色)を下抜けしており、本日も75日移動平均線がレジスタンスとなって機能しています。

10日移動平均線(ピンク色)は25日移動平均線(緑色)、75日移動平均線それぞれとデッドクロスを完成しており、下値を探る展開が継続しそうです。

まずは6月1日安値3,060円を維持できるかがポイントで、そこを下抜けると3月26日安値2,977円が視野に入ってきます。

空売り推奨の状況ですが、75日移動平均線や大きく窓開けして下落した5月30日高値5,140円を上抜けるようですと、下落調整が終了する可能性が高くなります。

まとめ 

最近不正に関する問題がニュースになることが多いですが、宇部興産も1970年代から品質不正が行われており、市場に衝撃が走っています。

株価は長くボックス相場となっていますので、今回のニュースをきっかけにした方向にブレイクするのか注目です。

今後業績に影響を与える可能性がありますので、注視していきましょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【スルガ銀行不正融資問題、ガイアの夜明けで特集へ

⇒【スルガ銀行前期決算下方修正の詳細とは

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

⇒【株で失敗しないコツ!過去検証の方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!取引履歴の重要性と方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!逆指値注文で確実に損切りしよう

関連記事

  1. マネックス、コインチェック買収による業績改善期待から株価は大幅上昇。仮想通貨交換業開始による株価への…

  2. TATERU(タテル)レオスキャピタル全株売却で2日連続ストップ高。今後の値動きは?

  3. スルガ銀行不正融資認める。株価や決算への影響は?書類改ざん知りながらシェアハウス向け融資実行、金融庁…

  4. ユニー・ファミリーマート2018年8月以降株価上昇の可能性は?ドンキホーテ流圧出陳列コラボ店の売上好…

  5. gumi仮想通貨ファンドへ出資し、ブロックチェーン事業へ参入。株価や業績への影響は? ファンド総額は…

  6. スシロー、新業態「杉玉」「スシローコノミ」への期待感から株価は上場来高値更新。その詳細や業績への影響…

  7. レオパレス2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?決算赤字転落の影響は?

  8. パイオニア2018年11月以降株価上昇・下落の可能性。2019年3月期上半期は赤字拡大。

  9. トランプ大統領、決算発表を四半期から半期へ変更提案。株式相場への影響やメリット・デメリットとは?米証…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP